2010年02月27日

2・3歳児のしかり方

 みなさんは、お子さんを叱る時、どのように叱りますか?

 私は意識してビシッと厳しく叱ります。

 ポイントは声色!(#゚Д゚)

 普通の時と、怒った時の声と言い方をはっきりと変える。

 そうすると子どもは、「あ、今お母さんは怒っているな」と
すぐにわかるから。

 私のオージーの友達はみんな、人前で子どもにビシッと注意しているので、見ていて気持ちが良いです。

「お〜お見事〜」パチパチパチと心の中で拍手。( ´∀`)b

 子どもを叱る時は、人前だから優しく控えめに、は効きません。

 私の周りの人は、人前でも、悪い時はいたずらの手を軽くピシっと叩くとか、お尻を軽く叩きます。

やめない時は親がきっぱりとやめさせなければなりません。

 また叱る内容は、首尾一貫すること。

 たとえば昨日は「おもちゃを片付けなさい」と言って、今日はお母さんが片づけるのではダメ。

 遊んだ後はおもちゃを片付ける!という鉄則を作るのです。

ただ2歳児だと、一人で全部片付けるのは無理。

 片付ける時はお母さんも一緒に手伝いますが、できることはやらせ、徐々に手伝うことを減らして行きましょう。

 もしルーカスが「片付けない!」と大騒ぎをしたら、「もうそのおもちゃはしまうね」とさっさとしまいます。

 良い子にしていたら出してあげます。

 また今度出す時は、「遊んだ後はどうするの?」と確認。

 うちでは、片付けない人は遊べません。

 あとこっちの人はたとえば「10まで数えるまでに片付けなかったら、自分の部屋!」というやり方をします。

 これもけっこう効果ありますよ。
 
 心がけて欲しいのは叱る時は毅然と、短く

 いつまでもだらだら小言は禁物です。

 それ以外の時は明るく楽しく!を心がけましょう。(*´∀`*)

posted by ヒカリ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2・3歳児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142281772
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック