2010年08月14日

prepのコアラ

005.JPG

 昨日リリアンが学校からコアラを連れて来ました。

 名前はKim。

 Kimは、毎日順番に生徒の家に連れて帰る、クラスのコアラ。

 Kimを連れて帰った人は、Kim's Bookも一緒に持ち帰り、
その日Kimと一緒に何をして過ごしたかをノートに書き、次の日また学校へ連れて行く、というもの。

 もちろんまだ5歳の子供は、字や文章が正しく書けないので、
最初は子供が各自好きなように絵や文字を書いて、親が実際子供が書きたいことを書いてあげます。

 たとえば「一緒に買い物に行きました」「Kimと外でトランポリンをして遊びました」「アフタヌーンティーの後、Kimと映画『Karate Kid (邦題ベストキッド)』を観ました」「外でサッカーをして遊びました」「友達とみんなで誕生日ケーキを食べました」など、それぞれの過ごし方が書かれています。

 もちろんprepではまだ字を書く練習はしていません。

 今はアルファベットを習ってはいるけれど、
書く練習は1年生から。

 このKimコアラの目的は、Kimと家で過ごすことで、
字が書けても書けなくても、自分の書きたいことを自由に書く練習なのだそう。

 ただ単に書く練習、ではなく、こういう方法を取るのが
オーストラリアっぽいですね。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック