2010年09月09日

オーストラリアの小学校 PREP Year

 オーストラリアでは、州によって学校制度が違います。

 だから小学校入学と言っても、州によってまちまち。

 私の住んでいるクィーンズランドでは、小学校は1年生(YEAR1)から7年生(YEAR7)まで。

 そして1年生の下にPREP YEARという学年があります。

 これは小学校に併設されている、小学校準備学年。

 PREPは州によってプリスクールとか、キンディーとか、呼び方も変わります。

 オーストラリアでは、7月1日生まれ〜翌年6月30日生まれが同学年。

 PREP入学は、4歳半〜5歳半が対象となります。

 だからクィーンズランドの小学校は、PREPからYEAR7まで、8学年あります。

 PREPは小学校準備学年なので、勉強はしませんが、アルファベットやフォニックスなどの基本的な英語、数、音楽、体育、コンピューター、図書館、図画工作、お菓子作りなどに加え、毎週の全校朝会やスポーツイベント、遠足、学校行事など、ふつうの小学生なみのカリキュラムで、幼稚園以上にしっかりとした教育内容。

 日本のように、午前授業というものはなく、PREPも全学年同様に、朝8時45分くらいから(学校によって違います)3時まで、週5日びっしりあります。

 またオーストラリアの小学校では、必ずといって良いほど制服です。

 逆に幼稚園は、私服が多いです。 

 授業では、まだ読み書きはしませんが、できる子は助手の先生が個別に見てくれたり、できる子を伸ばすように考慮しているようです。

 PREPでは教科書類はなく、指定のノートやスクラップブックを買い、学校で保管。

 PREPの同じクラスのお母さんと話す機会があると、私はよく「子供は楽しく学校に通っている?」と聞くのですが、聞いた人みんな「楽しく通っている」と言いますね。

 実際うちの子も、楽しく通っています。(^0^)

 最初に学校は楽しい所、というイメージを焚きつける(?)意味でも、難しい勉強のないPREP制度はとても良いと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162045839
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック