2010年10月11日

絵本の選び方

 よく幼児の絵本には、対象年齢が書いてありますよね。

 でも実際は子供によって理解力がまちまちなので、参考程度にするのが良いと思います。

 たとえば同じ3歳でも、上にきょうだいがいて、ふだんから大きい子供の読む本を見聞きしている子供と、ふだん全然本を読まない子供だったら、理解力に大きな差ができて当然。

 一般に赤ちゃんの時から絵本の読み聞かせをしている子供は、対象年齢以上の本を楽しむことができます。

 むしろこのような子供は、実際に本人が理解できる内容よりも、ちょっと難しいくらいの絵本を読ませる方が脳の訓練になるそうです。

 そうすると難しい言葉が出て来ても、前後の内容から想像できるようになるのです。

 簡単な内容ばかり読んでいるのでは、脳にとって良い刺激にはなりません。
 
 私はオーストラリアに住んでいるので、日本の絵本を買う時は、インターネットで注文することが多いのですね。

 でもインターネットだと、実際手に取って読んだわけではないので、手元に届いた時に、時々「あ、ちょっと難し過ぎた・・・!」ということがあるんです。

 でも買った時はそう思っても、半年後くらいに、ちょうどよく読めるようになることが
ほとんど。

 小学校に上がると、それまでの絵本ばかりの読書から、少しずつ字の多い本へと
移行します。

 だから5歳くらいから、少しずつ字の多い本にも慣らすと良いそうです。

 今までに絵本だと思って注文したら、小学校低学年向けの字の多い本だったことが何度もありました。

 それで最初は仕方なしに、難しいながらも読んでいたのですが、意外と子供は集中して聞いていて、気付けばいつの間にかその本が理解できるレベルに。。。

 ルーカスも、リリアンに絵本を読む時に一緒に座って聞いているので、少しくらい難しい絵本もどんどん持ってきます。

 つまり子供は大人が思っているよりも、理解力がある、ということ。

 だから絵本を選ぶ時は、対象年齢よりもちょっと難しい絵本を選ぶことがポイント。
 
 それから読む時の注意は、ちょっと早めに読むこと。

 難しい言葉が出て来ても、解説しないでどんどん読み進めること。

 (聞かれたら答えてあげましょう)

 そうすると早い話を理解する訓練になり、わからない言葉も推測しながら聞けるようになります。

 そしていつの間にか、難しい言葉も自然に覚えてしまう。。。

 脳にとって1番良いのが、やさし過ぎず、難し過ぎない刺激。

 簡単な内容や同じ絵本ばかりだと退屈しますね。

 また難し過ぎても嫌になってしまいます。

 その中間が最適・・・!

 これは大人にも当てはまります。

 読む本は、ちょっと難し目がおすすめ。

 子供にたくさん良い絵本を読むことは、子供の興味や視野を広げ、脳を鍛えることにつながります。(^0^)/

 
☆いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
 


すっく しまじろう
こどもちゃれんじ公式ショップ 「すっくストア」
posted by ヒカリ at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜〜、
やさしすぎず、むずかしすぎず・・って、4歳次男や1歳長女をみていたら納得!!です。
毎晩三人読み聞かせしてるのですが、どうしても、7歳長男のが一番ながくて字が多いモノを読んでいるのですが、次男は退屈かと思いきや、じっと聞いていて、また長男のいない昼間でも読んでほしいとリクエストします。長女も、長男の本はさすがにあきてどっかへ行きますが、次男用の本は同じくリクエストするほど好きです。おさるのジョージとかは大好きなんです。
やさしすぎず、難しすぎない刺激が脳にいいんですか〜〜、長男のももうちょっとレベルアップしようかな。。(^^)今はむずかしくて「エルマーと竜」シリーズくらいかな〜〜。。。
Posted by ururu at 2010年10月12日 06:02

先日 図書館へ久々に行って
可愛らしい親子さんを見ましたッ♪
お母さんは一生懸命お嬢さんに
絵本を選んでたけど。。。
そういう時もあったなぁ〜って
見入ってしまったけど^^;

絵本選びはホント難しいですよね!
>>脳にとって1番良いのが、やさし過ぎず、難し過ぎない刺激。
これって大人にも効くのかな^^;

Posted by Boo at 2010年10月12日 16:31
ururuさんへ

こんにちは〜。やっぱり上にきょうだいがいると、下の子供は難しい本も理解するのが早いと思います。

英語でもやっぱりエルマーシリーズはちょっと難しいけれど、ルーカスは時々リクエストするんですよね。難しいけどおもしろい、という感じなのでしょう。
少しレベルが高いかなと思う本でも、数回読むとかなり理解していますよ。
Posted by ヒカリ at 2010年10月12日 19:54
Booさんへ

こんにちは。図書館は良いですよね。
先日脳科学者の茂木健一郎さんの本を読んだのですが、大人にも読書はおすすめだそうです。なので成長期の子供に、読書は欠かせないですね。(^-^)
Posted by ヒカリ at 2010年10月12日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165389271
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック