2011年02月17日

オーストラリアの小学校 1年生の読みの練習

 リリアンの小学校の1年生は、「ホーム・リーディング」という取り組みをしています。

 これは名前の通り、家で本を読む練習をすること。

 月曜〜金曜まで、毎日生徒は学校から自分のレベルに合った本を家に持ち帰ります。

 親は子供が読むのを見ていてあげて、ホーム・リーディング用ダイアリーに、コメントを記入。

 翌日学校で1人ずつ読み、また別の本を持ち帰って家で読む。

 という、本読みの宿題。


 担任の先生1人じゃぁ、とっても手が回らないので、家で読んで来た本を、もう1度学校で読むのを見てくれるのは、ボランティアのお母さん。 

 先日ボランティアができるかどうかの手紙が来たので、軽〜い気持ちで「できる」と提出したら、毎週木曜日にホーム・リーディングのボランティアをすることに。。。

 決まってから、「母国語でもないのに簡単に引き受けちゃった〜」 ( ゚∀゚;)

と、思いましたが、後の祭り。


 でも、相手は1年生。

 ちょっとドキドキしましたが、今日は初の本読みボランティア・・・!


 1年生と言っても、クラスには読める子、ちょっと読める子、
あまり読めない子とレベルがまちまち。

 去年最後の学期で、PREP(小学校準備学年)でも、少し
ホーム・リーディングをしているし、みんな基本的なアルファベットは習っているので、全く字が読めない、と言う子はいません。

 そうは言っても、まだ1年生は始まったばかりだし、あまり読めない子がいるかな?と思ったら・・・。

 何と、みんなちゃ〜んと読めていました〜!

 ちょっとビックリ。(笑)

 レベルA〜Fまであって、レベルAは1〜2行で、短く、
繰り返しの多い文章。

 レベルBくらいまでは、絵を見るとわかるような内容です。

1ページ目「Here is a red box

2ページ目 Here is a blue box

3ページ目 Here is a green box・・・」のような。

 だんだん難しくなりますが、ほとんどの子は、レベルB〜E。

 けっこうみなさんスラスラ読めるんですよね。。。

 
 もう1人のお母さんと、時間にして朝の1時間くらいでしたが、
ホーム・リーディングのボランティア、楽しいです。(o^―^o)

 やっぱり1年生の本読みは、簡単♪


 リリアンは学校は楽しいと言うけれど、全然クラスの話をしないし、聞いても答えが曖昧。

 (もしかして聞き方が悪い!?)

 友達の名前もあまり覚えていないので、私はクラスのことが全然わからないのです。(´д`;)


 でもこうやって生徒と読む練習をしていると、1人1人名前も覚えるし、どの子ができるとか、フレンドリーとかいろいろなことがわかります。 

 いろいろなお母さんと話すと、
「ボランティアをすると、クラスや生徒のことがよくわかるようになるので良い」と言いますが。

 やってみると確かに、そう思いました。 
 
 やっぱり親がボランティアで学校に行くと、子供は喜びます。。。 

 子供たちの本読みが、どんどん上達してほしいですね〜。
 

この記事へのコメント
こんにちは〜〜、
毎週のボランティア、お子さんの様子もわかるし、お母さん同士の交流もできるし、素敵なかかわり方ですね(^^)
私も、
去年4月から今年3月までは長男の小学校と次男の幼稚園の役員をしていて、行事のたびにお手伝いをしに行ってます。
2歳の子連れでお手伝いするのは、正直大変だけど、子供が嬉しそうにしている顔をみると、やってよかったな・・・って思います〜〜(^^)
Posted by ururu at 2011年02月18日 13:07
娘の小学校も毎日3冊くらい本をバックパックに入れてます。「本のタイトルと本を読んだ時間」を記入する紙があり、読んだら記入してます。

最初の集計の時「クラスでたくさん本を読んだで賞〜!」のような紙をもらってきました。おまけは。。。ハンバーガーショップでハンバーガーが1つただで食べれる券!(アメリカらしい!)

でも1度きり。。。他の子も必死で読んでるのでしょう。。。!

ボランティアに参加されてるんですね!凄いですね!
Posted by まり at 2011年02月18日 13:43
ヒカリさんへ

お久しぶりです!

娘の幼稚園でも毎週金曜日に読み聞かせのボランティア活動があります 
なかなか勇気がなく参加出ず、気がつけば園生活が終わろうとしています 
”母国語でもない”とコメントされていたヒカリさんのボランティア活動に感動しました!!

そういえば、最近、絵本大好きな娘が、絵本に疎遠になってます どうして〜????




Posted by アンズママ at 2011年02月18日 20:17
ururuさんへ

こんにちは〜。
コメントありがとうございます。
ururuさんは、小学校と幼稚園、2つも役員をなさっているんですね?すごいです〜!

親が学校(や幼稚園)と頻繁に関わってお手伝いすると、親と子供と先生との良い関係が作りやすいと聞いたことがあります。
ururuさんも学校と幼稚園の行事を通して、いろいろなこともわかるし、お子さんも嬉しいでしょうね。。。

私はururuさんの子育て、いつもコメントを頂いて学ぶことがすごく多いです。いつもありがとうございます。(*´ー`)ノ
Posted by ヒカリ at 2011年02月18日 22:00
まりさんへ

コメントありがとうございます。
娘さんも毎日本を借りて読んでいるんですね〜?しかもちゃんとたくさん読んだ人には、ごほうびがあるのって、励みになりますよね。ハンバーガーのタダ券がもらえるって、おもしろいです!(・∀・)

でも読む人は頑張ってたくさん読むんですね〜。感心です。学校で積極的に本を読ませる取り組み、すごく良いなと思います♪

娘さん、今度またプライズもらえると良いですね!
Posted by ヒカリ at 2011年02月18日 22:08
アンズママさんへ

コメントありがとうございます。
幼稚園でも読み聞かせのボランティアがあるんですね〜?
もしかしたら、アンズママさんが読み聞かせボランティアをすると、お子さんはまた絵本を読みたくなるかもしれませんね。。。

私の場合、ボランティアは友達の影響が大きいです。もし友達がやっていなければ、やっていないと思うんですが、実際やっている友達が「ボランティアをやった方が良いよ!」と言っていたので、「じゃ〜やってみようかな?」という感じで始めたんですよ。。。

友達いわく、特に子供が内気とか恥ずかしがり屋な場合、お母さんがボランティアをやることで改善できることも多いそう。
お母さんが学校でお手伝いをしていると、子供としては心強いし、お母さんがいるから学校に行きたいと思ったり。。。

きっかけは同じ恥ずかしがり屋の子を持つお母さんが学校でボランティアをしていたから。リリアンも学校では内気で声も小さいし、けっこう消極的なので、私が学校ででお手伝いすることで、自信を持ってくれたら良いな。。。と思ってやっていますよ〜。
((´∀`*))

Posted by ヒカリ at 2011年02月18日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186354990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック