2011年04月10日

あふれるまで愛をそそぐ


 
 みなさんは、子供の小さな要求に応えてあげていますか?

 小さい子供が望むことって、小さなことがほとんど。

 「抱っこ」とか、「絵本読んで」、「これ一緒に遊んで」、「これ、見て見て」・・・etc

 子供は親ができないことは、要求して来ません。

 でも親は、「忙しいから」とか親の都合で、今できることをやって
あげないこと多いもの。

 あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育てという本の中で、

「落ち着きがない、ぐず、乱暴、おねしょ、夜泣き、指しゃぶり・・・
 みんな寂しい子供です。」

 と書いてありました。

 親は愛しているつもりなのに、それが子供に伝わっていない。。。

 
 わかっているようで、親は子供のことがわかっていないものなんですよね〜。( ´△`)=3

 小さい子供の小さな望みにすぐ応えてあげると、子供は心が満たされてその子本来の良さを十分発揮できるようになるんだそう。

 でもその簡単なことをしないで、子供を「困った子供」にしてしまうことが多いんです。。。

 親が忙しい時に限って、子供は「一緒に絵を描いて〜」とか、
「これやって〜」と言って来ますよね。

 でもそこで手を休めて、すぐやってあげる。

 子供が欲している時に、欲していることをしてあげる。。。

 
 子供はちょっとしたことが嬉しいんです。

 絵を描いた時に「これ見て見て〜!」と言うと親がすぐ見てくれて、何か言ってくれる、そんなことが。

 暗くなって、トイレに行くのが心細くなった時に、一緒に来てそばで待っていてくれる、そんなことが。

 子供が「抱っこ〜!」と言ったら、料理していても、手を休めて、
抱っこしてあげる。。。 

 子供はそこに親の愛を感じます。

 何かしてほしい時にいつも「今忙しいから無理!」と言う親に、
子供は愛を感じるでしょうか???

 そういう少しの欲求不満が積み重なって、問題行動になってしまうんですね。。。


 この本、できればもっと早く出会いたかったと思いました。。。

 6歳までの子供を持つすべての親におすすめ。


 愛をそそぐって、ブランドの服を着せることじゃなくて、もっともっと簡単ですぐできること。

 もしかしたら、子供はたくさん我慢しているかもしれません。。。 
 
あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て―子どもの心にひびく愛ひびかない愛
posted by ヒカリ at 20:28| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
私も出来る限りは欲求に応えているつもりではいましたけど、思い返してみると「今忙しいから!」って言っていることも多いかもしれません…

自分でも、今子供を傷つけたかもしれない…と思う時があります…

これは、はっとした記事でした!
気を付けなければと再確認させられました!
ありがとうございます^^
Posted by ももんぺ at 2011年04月10日 23:10
ももんぺさんへ

こんにちは!((´∀`))
コメントありがとうございます。

私も「今忙しいから後で」とか言っています〜!でも結局できなかったりして。。。
子供は振り向いてくれないことが悲しいけど、その不満を口に出さないんですよね。
そして不満や寂しさがたまって行く。。。
この本、愛を伝えるってどういうことか、わかりやすく書いていて、ためになりました。
Posted by ヒカリ at 2011年04月11日 06:33
わたしも、2歳の子には待ったなしだからけっこう要求を受け入れてますが、次男や長男は、忙しいから後でと言ってますね。。。
忘れるから、子供には、「あと●●したら話聞けるけど、ママは忘れやすいからもう一度言って〜〜!」と声かけてます。(^^;)
Posted by ururu at 2011年04月11日 11:57
ururuさんへ

コメントありがとうございます。
子供が少しずつ大きくなって、聞き分け良く待ってくれると、ついつい「後で」と言って後回しにしてしまいますよね。
子供は「後で」を信じて待っていても、親はすっかり忘れていることが多いかもしれません。
私は子供が待っていた時「遅くなってごめんね」とか「「待っていてくれてありがとう」と言うのを忘れないようにしています。

すぐにできない時は「忘れやすいからもう1回言って」と言った方が良いですね!
Posted by ヒカリ at 2011年04月11日 15:09
そうだよね。子どもにとって、親は一番身近な理解者でなければならない。
どうしてもできないことは、説明して納得させないとね。
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2011年04月11日 16:39
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
親は子供にもっとしっかり向き合ってあげないといけないなと思いますね〜。どうしてもできない時は、理由を説明してあげることもやさしさですよね。
Posted by ヒカリ at 2011年04月12日 13:08
こんばんは。
この記事読ませてもらって、もっと子供に愛情注いであげなくちゃ、と反省しました。
そして、ご紹介されている本、絶対買います!
子供に対してイライラしてしまうときに読んで落ち着けるように。
いいお話、ありがとうございました。
Posted by titi at 2011年04月18日 22:26
titiさんへ

コメントありがとうございます。
私もこの本を読んで、子供にもっと愛情を注いであげなくちゃと反省しました〜。
誕生日とか、特別な時だけじゃなく、毎日ちょっとのことをちょっとやってあげるのって大事なんですね。。。
この本、イライラした時に良いですよ!
Posted by ヒカリ at 2011年04月19日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック