2011年05月04日

日本の小学1年生の教科書

 今日、日本の小学1年生の教科書を受け取りました♪ 

 去年偶然、ブリスベン日本領事館のサイトを見ると「教科書無料配布のお知らせ」を
発見!

 オーストラリアに住んでいる子供(小1〜中3)に、日本の教科書を無料で配布して
くれるんです!

 これはオーストラリア各州の領事館で申し込みできるようです。

 (※いくつかの条件があるので注意。申し込んだ人は、領事館に取りに行きます。)
 

 これは嬉しい〜〜ヽ(´∀`)ノ

 
 オーストラリアでは、なんと

 小学1年生の教科書はありません〜。

 先生が生徒のレベルに合ったワークシートを用意するので、全員用の教科書はないんです。。。

 でもノートはアルファベット練習用、作文用、算数用、音楽用、宿題用とかいろいろあります。


 ついでに言うと、時間割もありません〜。  (。・Д・。)

 ノート類や筆記用具は全部学校に置いておくので、勉強道具を毎日持ち帰りしなくて良いんです。

 でも1年生から毎日宿題があるので、宿題用ノートとリーディング練習用の本だけは毎日持ち帰り。

 
 なので日本の教科書をもらうって、なんか特別。。。

 今日受け取ったのは全部で6冊。

@こくご 上

Aしょしゃ(書写)

Bあたらしいさんすう

Cあたらしいせいかつ 上

Dずがこうさく

E小学生のおんがく


 私の時代は、しょしゃは「かきかた」、あたらしいせいかつは、「しゃかい」でしたが、名前が変わったんですね?

 あたらしいせいかつは、理科と社会と家庭科が一緒になったような内容。

 何だか全体に、たのしい構成になっています。 
 
 何より教科書に写真が多くて驚きました!

 さんすうも、カラフルで絵や写真が多く、数字などが書き込めるようになっています。

 私の時代は絵や色も少なく、もっと「勉強の本」という感じでしたね。。。

 
 
 この日本語の教科書は、前期と後期、年に2回配布されます。

 次回は9月。

 これから親子で、日本の教科書を読みながら学習します〜。(o^―^o)

 
この記事へのコメント
教科書がないっていうのはすごいな。
教科書にあわせて勉強するのではなく、子どもに合わせて勉強するんだ。
発想の違いって面白いですね(^^/
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2011年05月05日 14:18
こんばんは。
オーストラリアと日本では
こんなに違うんだな〜を実感しました。
小1から宿題が毎日あるのは一緒ですね♪
(上の子は小2です。)
Posted by ちあんじゅ。 at 2011年05月05日 19:39
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
そうなんです、考えたら、子供ってみんな能力が違うから、子供に合ったプリントを用意してあげるやり方は、落ちこぼれを出さないやり方だと思います。
教科書があると、それについていけない子供は落ちこぼれになりやすいですよね。
そして先生は、1学期はここまで教える、と決まっているので、子供がわかってもわからなくても進めないといけません。
その意味で、教科書を使わないで、子供に合わせて勉強をするのは良いですね。
(^-^)
Posted by ヒカリ at 2011年05月06日 11:58
ちあんじゅ。さんへ

こんにちは♪
コメントありがとうございます。
教科書を使わない分、こっちではできる子は、どんどん多く学ばせ、できない子はその子のペースでゆっくり進めてくれるのは良いと思います。
あとグループ学習も多く、できるグループ、中くらい、できないグループと5~6人くらいずつに分かれて、それぞれのグループで、子供は楽しく勉強できます。
Posted by ヒカリ at 2011年05月06日 12:14
自分のときも、かき方にしゃかいでした^^
我が家の子供たちの教科書もカラフルでしたよ! 音楽なんかはビートルズやカーペンターズの曲があり ビックリしたのを覚えています。
教科書がないって考えようですごい大変な事ですよね!
Posted by はやちゃん at 2011年05月06日 18:18
はやちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
教科書って、親にとっても興味ありますよね。
はやちゃんさんの時も「かき方」と「しゃかい」でしたか?
おんがくも、童謡だけじゃなく新しい歌も加わっていますよね。
最近は日本の歌だけじゃなく、ビートルズやカーペンターズも習うなんて驚きです!
Posted by ヒカリ at 2011年05月06日 22:13
教科書無料配布とはステキじゃないですかー。
ということはやっぱり読み書きもできるようにしておいた方がいいんですね。。。
話せれば充分かな、なんて思っていたけれど。
あれ?読み書きってそれとも小学校から習うんでしたっけ?
Posted by Samandra at 2011年05月07日 18:56
Samandraさんへ

コメントありがとうございます。
うちでは日本語の絵本を読んでいるので、子供は自然に日本語の読み書きに興味を持ちました。
私の周りの日本人の子供は、5〜6歳でみんなひらがなカタカナの読み書きができます。やっぱり親が積極的に教えている人がほとんど。
日本では小学1年生で読み書きを習います。

読み書きを教えるかどうかは、親の考え方次第ですね〜。。。
子供は小さいから、自分で今日本語を覚えた方が良いとかわからないけど、将来大人になったら、読み書きのできる日本人の子供の方が得かもって思います。

たまたま私の周りに、オーストラリアの日本人補習校に通わせている子供が多いんですよ。うちの子供もこっちの日本語学校に行く予定です。(今ウェイティングリスト。)

もし読み書きができなくても、教科書を注文できるので、興味があればまだ先のことですが、(3年後くらい?)領事館のサイトをチェックしてみてくださいね!
Posted by ヒカリ at 2011年05月07日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199225863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック