2011年06月11日

良い褒め方、悪い褒め方〜子供の話にどんな返事をしてますか?〜




 みなさんはふだん、子供を褒めていますか?

 よく育児書とかで「子供を褒めましょう」とか書いてありますよね?

 でも、良い褒め方と、悪い褒め方があるんです・・・! 
(。・Д・。)エッ

 
 心理療法では、子供に向かって「きみは良い子だ」とか
「すばらしい」と言わないんだそう。

 どうしてかと言うと・・・

 子供の助けにならないから。
 
 子どもの話にどんな返事をしてますか? という本の中で、
良い褒め方と、悪い褒め方について書いてあります。

 褒める対象は、子供の努力や、成果であって、性格や人格ではないんです。

 これ、間違っている人多いと思います〜。

 どういうことかと言うと・・・

 子供が上手に部屋の整理を手伝ってくれたとします。

 終わった後
「一生懸命やってくれたから、部屋が片付いて気持ちが良いわ。
ありがとう」

 と言うのは自然。

 それに対して

 「あなたは良い子ね」

 「すばらしい子供」

 というのは不適切。

 実際子供がやった努力や成果を褒めるのではなく、人格、性格だけを褒めるのは子供にプレッシャーを与え、不安にさせる可能性があるんです。

 いつも「良い子」と言われていると、子供は、「良い子でいよう」
「良い子でいなくちゃ」というプレッシャーがかかります。

 また「もし良い子じゃなかったら、お母さんに嫌われるかな?」と不安になるんです。

 大人だっていつも誰かに「あなたは良い人ですね」「あなたはすばらしい」と言われていたら、ちょっとプレッシャーになりませんか?

 「はい、私は良い人なんです!」と言いますか?

 ふつうは「いや〜、そんなことないですよ〜」と言いたくなるもの。

 子供だってそう。

 子供だって、時には弟や妹に意地悪してみたり、ダメと言われていることをしてみたり、わがままを言ってみたり、言うことを聞かなかったり、良い子じゃないこともあります。

 それなのに親がいつも「良い子」と言っていると、違和感を覚え、本当は良い子じゃないこともしているのにそれを知られたらどうしようと言う気持ちになります。

 犯罪を犯す子供にありがちな、「おとなしくて良い子」は、そういうプレッシャーや不安、混乱、緊張から来る破壊的な行動と見ることができます。

 
 子供を褒めれば、良い子になると信じている人が多いけれど、現実には的外れな褒め方をしていることもあります。

 「良い子ね!」は英語でも「Good boy!」とか「Good girl!」で、よく親が言っているのを聞きます。

 けっこうオーストラリア人は言うんですが、私は最初「良い子?」と違和感を覚えたんです。
  
 でもそのうち聞き慣れて、そんなものか〜と思って私も時々使っていましたが、やっぱり褒め方として間違っているんですね。

 子供だって、自分がやった仕事などを具体的に認めてもらった方が嬉しいし、理解してもらっているという信頼感も湧きます。

 何でも「良い子ね!」じゃ〜、ダメなんです。。。(*´∀`*)

 子供は親に言われた言葉を、後で何度も心の中で繰り返します。

 親は、より具体的な褒め方を心がけましょう♪


子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる
posted by ヒカリ at 10:14| Comment(12) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。
子どものやった結果だけお見て、簡単に褒めようとすると「よい子ね」になってしまうかも・・・。
たとえばきちんと片付けができていたら。どうしてキレイに片づけができたのか聞いて、その過程を褒めてあげる。褒める方だって努力しなくちゃ。
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2011年06月11日 13:11
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
できるだけ子供を褒めよう、と思うことは良いことですが、褒め言葉がプレッシャーになることもあるんですよね。
私も「良い子だね〜」と言うのはやめようと思います。(^^)
Posted by ヒカリ at 2011年06月11日 14:06
こんばんは☆

たしかに「いい子だね!」と言いすぎるのはプレッシャーになると思います!
私も子供のころ、なんだかそんな思いをした覚えがあります。
子供のことを認めてあげるというのは大事なことですよね!
なるほどです!
Posted by ももんぺ at 2011年06月11日 20:32
ももんぺさんへ

コメントありがとうございます。
もしかしたら、親に良く思われたいために、知らずに良い子を演じてしまう子供は多いかもしれませんね〜。
私の兄は小さい時、周りからよく「頭が良い」と言われ、プレッシャーだったそうです。中学まで成績が良かったのに、高校生になるとプレッシャーに疲れて、勉強をしなくなってしまいました〜。
褒め言葉も、気をつけないといけませんね。。。

Posted by ヒカリ at 2011年06月11日 20:58
本当にそうですね。
うっかり「良い子だね」なんて言ってしまいそうだけど、子供にとって母親の言葉って絶大な影響力ですものね。
気を付けないとなって思いました。
大人なら、今自分がプレッシャーを感じているなとか分かるけど・・・
子供の場合は大きなプレッシャーや不安も無意識ですし。
それにそういう具体的な褒め方の方が大人でも嬉しいですものね(*^^*)
Posted by momo at 2011年06月11日 21:05
こんばんは^^
うちの子達は大きくなりましたが小さい頃は多分こういう誉め方をしていたと思います。
この事を知っていた訳ではないのですが、「良い子」と言う言葉に違和感があったのは自分も同じで意識して使わなかったと言うわけでもないのですが!!
まあ、普通には育っていると思います(笑)
みんな優しいし、それで満足かな^^
Posted by はやちゃん at 2011年06月11日 21:31
がーーーん。。。
微妙に難しいけれど、確かにそうかもしれません。
そこまで考えず
もう口癖のように Good girl !! 使ってます。
努力や成果に対して 、えーとじゃあ なんて褒めたら良いのでしょう。ありがとう?

月の本、良さそうですね。少しづつ読んでいます。
Posted by samandra at 2011年06月12日 15:36
momoさんへ

コメントありがとうございます。
時々は良いのかもしれませんが、何でも言い過ぎは良くないですね〜。
大人に対しても、何でも「良い人!」と言わない方が良いのかも。
学生時代、男友達で「良い人、と言われるの嫌い」と言う人がいたんです。その人は本当に良い人だったので、こっちは褒め言葉でよく言っていたんですが、確かにいつも「良い人」より、具体的な褒め言葉の方が嬉しいですね。(笑)

Posted by ヒカリ at 2011年06月12日 20:26
はやちゃんさんへ

こんばんは〜。
コメントありがとうございます。
子供に対して、きちんとやったことに対して褒める、というのは大事なんですよね。
お子さん、やさしく育ってくれているそうで、「良い子」と言わなかったのが良かったかもしれませんね!
Posted by ヒカリ at 2011年06月12日 20:43
Samandraさんへ

コメントありがとうございます。
こっちの人、けっこうよく「good girl!」言いますよね〜?
小学校の先生とか、よく言っていますよ〜。
学校の友達のお母さんもよく言っていて、私もうつりました〜。さっきもルーカスに「good boy!」と言いそうになって、「good!」で止めました。(笑)
Samandraさんだけじゃなく、みんな深く考えず、口癖のように使っていると思います〜。

「良い子」が定着すると、怒られた時とか「良い子」と言われない時は「お母さんは自分のこと嫌いになっちゃったのかな?」と不安になりやすいそうです。

仕事をしてくれたら、「これをしてくれて助かったよ、ありがとう」とか?
できなかったことができるようになると、そこを褒めるのが1番ですね。
Posted by ヒカリ at 2011年06月12日 21:07

褒める褒めないもそうですけど
親子関係だけでなく人間関係として
「言葉」って難しいですね!
アメリカでも良く「Good boy! Good girl!」を使いますね^^;
そう言われると確かに「良い子でいたら親が喜ぶ」って思っちゃいますね^^;
Posted by Boo at 2011年06月13日 06:31
Booさんへ

コメントありがとうございます。
そうですよね。
これは人間関係でも同じだと思います。
悪気はなくて言ったことでも、相手はいやな思いをすることもありますよね。
言葉には気をつけたいですね。。。
Posted by ヒカリ at 2011年06月13日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック