2011年08月20日

WHERE THE WILD THINGS ARE (かいじゅうたちのいるところ)



 かいじゅうたちのいるところという本を読んだことがありますか?

 英語版はWhere the Wild Things Are

 アメリカでの初版が、1963年。

 コールデコット賞(Caldecott Medal)受賞作品です。

 これは何かと言うと、アメリカの児童図書館協会が、アメリカでその年に出版された最も優れた子供向け絵本に毎年授与している賞。

 アメリカでは最も権威ある児童書の賞なんだそう。

 良い絵本かどうかを見分けるポイントは、長く読み継がれていること。

 この絵本の日本語版は、初版が1975年。

 日本でも30年以上読み継がれています。

 かいじゅうたちのいるところは、映画にもなっていますよね?

 この絵本はオーストラリアでも人気があり、図書館や本屋さんでもよく見かけます。

 引っ越す前にリリアンが通っていた小学校では、1年生が、このお話の劇をしていました。

 また先日、学校へ行くと、先生がこの絵本の読み聞かせをしていましたよ。

 うちにもこの英語版の絵本がありますが、オーストラリアでは小さい頃に、誰もが1度はどこかで読んだり聞いたりする人気のある絵本です。

 日本語では「かいじゅう」ですが、英語では「wild things」

 「wild things」は、日本語にするのが難しいんですよね。

 訳者の神宮輝夫さんは、子供が読みやすくて言いやすく、絵のイメージにも合う「かいじゅう」にしたんだそう。 
 
 うちの子供は怖がりなので、この絵本を買った時、wild thingsを怖がるかな〜と思ったら、全然怖がりませんでした〜。(´∀`)

 怖そうで怖くない、というのもこの本の魅力です。

 子供はちょっと怖い冒険が大好き。

 主人公のMAX(マックス)は、船を漕ぎだし、かいじゅうたちのいるところへたどり着きました。

 そこで王様となり、かいじゅうたちと一緒に大騒ぎをして遊びます。

 子供なら誰もが、こんなことをして遊んでみたいのかもしれません。。。

 私はこの絵を見て「読みたい!」と思わないんですが(笑)、不思議と子供は好きなんですよね。

 日本語版を知っている子供なら、英語版も楽しめると思います。 


 Where the Wild Things Are

 かいじゅうたちのいるところ
posted by ヒカリ at 19:20| Comment(6) | TrackBack(0) | おすすめ英語絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

今回ご紹介された本、うちも少し前に図書館で借りました!
図書館のおすすめの本として表紙が見えるように置いてあって、娘が気になって借りました^^
借りてみるとおもしろかったのか、いつもなら図書館で借りた本も1度か2度しか読まないのに何度も読み返していました!
息子も怖い絵は苦手なのに、何度も読んで!と言っていましたよ^^
初版がすごく前なんですね!
ずっと読み続けられている本というのは、時代を越えても読み続けられていくんですね^^
Posted by ももんぺ at 2011年08月21日 10:53
ウチでは読んだことがありませんね。
子どもって、怪獣や怪物、お化けが意外と好きですよね。
子どもには、思いっきり嘘の本がいいんですよ。本当っぽい嘘は、本当だと思う危険がありますから・・・。
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2011年08月21日 13:54
ももんぺさんへ

コメントありがとうございます。
この絵本、少し前にももんぺさんも図書館で借りたなんて、奇遇でしたね〜!
日本でも、よくおすすめの本として紹介されているのを見ます。
 
初版が古いのに、古さを感じないし、時代を超え、いろいろな国の子供たちに親しまれるベストセラーです。
Posted by ヒカリ at 2011年08月21日 22:40
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
そうですね。子供って怖いのに、怪獣やお化けが好きですよね〜。
怖いもの見たさなんでしょうか?
この絵本は、そういう怖いもの好きな子供の冒険心を、満足させてくれるのかもしれません。
Posted by ヒカリ at 2011年08月21日 22:44
この本うちにもありますよー。
でもまさかそんなに歴史の長い本だったとは。
日本語版もそんな昔からあったんですね。
読まずにおとなになってしまいました。。。

ブログお引っ越しのお知らせしたつもりになっていました。
引き続きリンクさせていただいたので
これからもよろしくお願い致します♪
Posted by samandra at 2011年08月22日 12:55
Samandraさんへ

コメントありがとうございます。
Samandraさんの家にもこの絵本ありましたか〜?(^-^)ノ
私も小さい時、読まずに大人になってしまいましたよ〜。
今からだと、お子さんが小学生になるまで、長く読めそうですね。
引き続きリンク、ありがとうございます。
こちらも応援しています〜♪
Posted by ヒカリ at 2011年08月22日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221371494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック