2012年01月29日

ちょっと早い豆まき

008.JPG

 今年から、2人の子供は日本語学校に行くことにしました。
 
 この学校では、両親、またはどちらかが日本人の親の子供が、毎週土曜日、日本語の読み書きと、日本文化を学びます。

 現地校と同じく、リリアンは2年生、ルーカスは就学準備クラス。

 昨日は今年最初の始業式〜。

 子供たちは、去年から楽しみにしていましたが、やっぱり
最初はドキドキ。((´∀`))

 何しろ日本人ばかりの日本語学校は、初めてなんです。。。


 昨日は2人とも、節分について習いました。

 日本に住んでいると、節分は行事として定着していますが、
こっちの子は知らない子がほとんど。

 うちの子供たちも、聞いたことはあったけど、実は
よくわかっていません。

 先生から節分について習った後、生徒のお父さん3人が鬼の
お面をかぶって登場〜。

 赤鬼2人と青鬼が、新聞紙の棒を持って教室に入ってくると、
子供たちは、新聞紙を細かくして作った豆を持って、

「鬼は〜外、福は〜内!」と鬼に投げつけます。

 勢い余って、先生にも当たる、当たる。。。(;´∀`)

 後でルーカスに

「鬼、怖くなかった?」と聞くと

「怖くなかった!鬼は『ごめんなさい、ごめんなさい』と言って
帰って行った〜」 

 と喜んでいました。

 オーストラリア人のお父さん3人組、ナイス演出。。。

 家で多少の読み書きは教えられるけど、さすがに家で
豆まきまではやってあげられないので、こういう文化のクラスは
貴重です。

 リリアンもルーカスも、初めての豆まきを楽しんでいました!

 やっぱりこういうのは、絵本を読んでいるだけでは
わかりませんね。

 そのあとルーカスは鬼のお面作りと、「ももたろう」の紙芝居を
読んでもらっていました。

 リリアンは、漢字の読み書きの練習。

 漢字は、音読み訓読みがあるので、たとえば「一」はいちと
読めても、一つ(ひとつ)と読んだり、一日(ついたち、いちにち)と
読み方が2通りあったりします。

 こういうのも、やっぱり家で教えるのは大変なんです。

 なので、学校で先生にきちんと習ってくれると、本当に
ありがたいんですよね。

 そんなわけで、2人とも日本語学校の1日目、
楽しかったようです。

 実は見ている親が楽しかった・・・?((´∀`*))

 これから毎週土曜日はちょっと忙しくなりますが、日本人の
友達と先生と、楽しく学んでくれると良いな〜。

 ブリスベン日本学園JLCSB
http://jlcsb.web.fc2.com/
posted by ヒカリ at 11:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本の文化や習慣にも興味を持ってもらえると嬉しいですね。
漢字は難しいですよ。私のブログのネタになるんですから・・・。
漢字には意味がありますから、その意味を覚えて欲しいですね^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年01月29日 14:05
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
そうですね。
日本語を覚えるだけでなく、やっぱり文化や行事なども体験した方が楽しいですよね。

漢字の読みは、日本人でも難しい字が多いので、教えるのも難しいです。
学校だと1人で勉強するのではなく、友達と一緒に学べるので良いなと思います。
Posted by ヒカリ at 2012年01月30日 10:03
こんにちは!
初めてコメントです。

うちの長女も幼稚園で豆まきします。
長女の幼稚園は、年長さん(3年保育の一番上)が鬼役になり、年少、年中さんには内緒で鬼を作って準備をします。ダンボールで作る鬼に、年長さんが順番に入って鬼になるのです。年少さんは、本当に怖がる子もいるのです笑

海外でも日本の文化に触れる機会があるのはいいですね♪
Posted by hello-pon at 2012年01月30日 22:49
hello-ponさんへ

こんにちは〜。(o'∀')ノ
コメント&ご訪問ありがとうございます。

娘さんの幼稚園でも、豆まきをしますか〜?
年長さんが鬼役というのは、良いですね!
小さい子供だと、鬼は怖いですよね〜。
ここの就学準備クラスの女の子も、1人、鬼が怖くて泣いていましたよ〜。
こういう行事は、やっぱり楽しいですね!
Posted by ヒカリ at 2012年01月31日 10:09
文化は家庭だけじゃ限界がありますよね〜〜。こうやって、学校で伝統文化を催してくれるっていいですね(^^)
新聞の豆ってナイスアイディア♪
本物だと、片付けるの大変で、とり残した時、、知らずに踏んづけてこなごなになってた。。ということもありますから(^^;)
おふたりとも土曜日がたのしみになるといいですね(*^^*)
Posted by ururu at 2012年01月31日 13:19
こちらにも、日本人学校あります!
友達のお子さんも毎週土曜日に通ってます!日本の文化が学べるのは楽しそうで良いですね〜!
Posted by まり at 2012年01月31日 15:30
家では中々ここまでできませんし、二人とも貴重な体験ができてよかったですね☆
文化を体験することは言葉を習得する上でも重要ですし。
オーストラリア人のお父様方も協力的ですね〜^^。
土曜日が忙しくなってしまいそうですが、これからも楽しみですね!

話は変わりますが、
また今日の日記にヒカリさんのブログをリンクさせていただいてしまいました。
「わらいばなし」と「一休さん」のことなのですが…。
うちも見事にはまりました〜。
いつもいい本の紹介をありがとうございます!
Posted by ざまき at 2012年02月01日 06:49
ururuさんへ

コメントありがとうございます。

豆まき、できれば本当の豆が1番ですよね。
準備の関係なのか、新聞紙の豆でしたが、
片付けも楽かもしれませんね。
確かに本当の豆だと、踏んづけて、
粉々になって、片づけが面倒かも。。。
子供たち、日本語だけじゃなく、文化も楽しんでほしいと思います〜。
ありがとうございます。(o´∀`o)ノ

Posted by ヒカリ at 2012年02月01日 08:53
まりさんへ

コメントありがとうございます。
そちらの方が、日本人学校も多いでしょうね。
リリアンは、今まで、同学年の日本人の女の子友達がいなかったんです。
ルーカスはいるんですが。
これから日本人の友達がたくさんできると良いな〜と思います。
Posted by ヒカリ at 2012年02月01日 09:02
ざまきさんへ

コメントありがとうございます。
他のお母さんとも話していたんですが、
家庭ではなかなか季節の行事までやってあげられないので、こういう機会は親も嬉しいです。
オーストラリア人のお父さん、協力的でした〜。見ていておもしろかったです♪

「一休さん」と「わらいばなし」、
ざまきさんのお子さんも好きで、良かったです。こちらこそありがとうございます。
Posted by ヒカリ at 2012年02月01日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249150172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック