2012年04月03日

1学期の日本語の勉強

 子供たちの通う日本語学校では、教科書を使わず、子供の
レベルに合わせて授業をします。

 生徒たちは自分の学年のクラスと、書きのクラスがあります。

 リリアンは2年生クラスと、漢字クラス。

 漢字クラスでは、1学期1年生で習う漢字16字を習いました。
(注:リリアンは、2年生から日本語学校に入学。)


 どの漢字を習ったのかと言うと、

 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、

 百、千、上、下、右、左

 以上。

 たった16字・・・?(  ゚  ω  ゚  ) ! !

 
 でもね。。。

 オーストラリアで日本語学校に行く生徒は、ふだん月〜金まで
現地校で、英語で勉強しています。

 そして土曜日に日本語の勉強。

 日本の生徒と同じレベルにするのは、かなりハードなのです。

 で、この学校では、あえてゆっくり。

 最初私は、漢字の一〜十なんて、超簡単〜と思っていました。

 ところがどうして。

 オーストラリアに住んでいる子供には、それすら簡単じゃないんです。

 まず宿題のプリントを見てみます。

 いち、に、さん、し、だけ読めてもダメ。 ガ━(゚Д゚;)━ン 

 一は、いちの他、いっ(匹)、ひと(つ)、一日(ついたち)と
読みます。

 一日は、文章によって「いちにち」と読んだり「ついたち」と読んだりします。

 二、三、四、・・・・全部、文章によって読み方が変わるんですよね。

 六月六日だと、六月はろくと読み、六日はむいかと読むとか、
九月九日は、きゅうがつじゃなくてくがつ、くにちじゃなくてここのかとか。

 四かく(かく)、四人(にん)、四十(よんじゅう)、四日(よっか)とか。

 たかが一〜十。

 でも日本に住んでいないと、これすら難しい現実。。。

 で、リリアンはどうにか、1学期の16字の漢字を覚えました。
((・´∀`・))
 

 それから見落としがちなのは、点や丸などの句読点、
かぎかっこ。

 英語では、ふだんます目で書く練習をしないので、ます目の右上に。を書くのがわからず、ます目のまん中とか好きな所に。を書いたりします。

 文の最初にだったり、文の最後にだったり。
 

 でも実際はます目で書類などを書くことはないけど、こういうのも、学校だとちゃんと基本が学べて良いなと思いました。
 

 ただ、リリアンは4歳の時から家でくもんの漢字カードで遊んで
いたので、漢字に対する抵抗が全然ありません。

 
 うちに漢字カード 1集から漢字カード 3集ありますが、
遊んでいるうちに、このカードの漢字はゲーム感覚で読めるようになりました。

 もし初めて日本語学校で漢字を習っていたら、あっと言う間に
つまづいたかもしれません。 

 外国で日本語を習得するのは、けっこう大変なんですね〜。
(o´ェ`o)


漢字カード 1集 第2版―0歳から

漢字カード 2集 第2版―0歳から

漢字カード 3集 第2版―0歳から


posted by ヒカリ at 08:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。生まれたときから耳になじんでいる言葉だと抵抗なく覚えられますが・・・。
漢字は表音文字ではなく表意文字ですからね。難しいと思いますよ。
日本人でさえ難読漢字がクイズになるのですから・・・。
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年04月03日 13:10
普段何気なく使っているけれど、いざ覚えようと思ったら日本語は難しいですよね!
同じ言葉でもアクセントを変えるだけで別の意味の意味の言葉になったりもしますしね!

最近では子供の名前に当て字を使う方が増えてきて、読めない子供の名前が急増していますし! 騎士とかいて 名前がナイト
英語じゃんみたいな・・・・こんな名前が普通に有るんですよ!
Posted by はやちゃん at 2012年04月03日 21:09
漢字は難しいですよね〜、、大人になっても小学校で習った漢字のみで構成された読みのクイズがあって、わからないですもの(^^;)
うちも漢字カードありますよ〜♪これいいですよね。フラッシュカードのようにして見せてたら読むようになりました。いきなり学校で習うよりこういったクイズや遊びの中でとっかかりをつけるのは、いざ勉強していく時期になっても抵抗なく頭にはいりますよね(^^)
Posted by ururu at 2012年04月03日 22:53
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
ふだん親子で日本語で会話をしていても、
できるだけ絵本を読んでいても、やっぱり
漢字のドリルのプリントをすると、できない
ものなんですね〜。(・ω・*)

子供には、基本的な漢字の読み書きができる
ようになってほしいけど、本人の努力プラス、
親の助けがないとなかなか難しいです。
Posted by ヒカリ at 2012年04月04日 10:51
はやちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
本当にふだん何気なく使っている漢字を
1から覚えようとすると、けっこう
大変なんですね〜。(´∀`*)

子供の名前の漢字も、難しいのが多いです。
騎士と書いてナイト、クイズみたいですね。
漢字は、使っている日本人でも読めない漢字が
たくさんあるなんて、おもしろいと思います〜。

Posted by ヒカリ at 2012年04月04日 21:34
ururuさんへ

コメントありがとうございます。
大人でも、小学生で習った漢字のみのクイズ、
難しそうです〜。

ururuさんも、漢字カードありましたか?
このお陰で、リリアンは漢字が好きなんですよ。
>いきなり学校で習うよりこういったクイズや遊びの中でとっかかりをつけるのは、いざ勉強していく時期になっても抵抗なく頭にはいりますよね
本当に同感です。!!“((o(・Д・o*)
とっかかりは、遊びの方が興味を持って
伸ばして行けそうですね!
Posted by ヒカリ at 2012年04月04日 21:44
こんばんわ^^

これは貴重な情報ですね☆
有難う御座います^^

いや〜そうだったのか
Posted by マクシフ at 2012年04月04日 21:45
マクシフさんへ

こんにちは〜。( 。・▽・ 。)ノ
コメントありがとうございます。

単純に1年生の漢字、と言っても、実は
ふだんあまり意識しない、細かい読みが
いろいろあるんですよね。
やっぱり学校で習ってくれるのは、
ありがたいな〜と思います。
Posted by ヒカリ at 2012年04月05日 05:42
こんにちは〜。
これは私が悪かったんですが、
すぬたに小さい頃から
「ひとつ、ふたつ、」という数え方を
教えたり、私が使ってなかったのですね。
混乱するかと思い。。
そうしたら、ひとつ、にっつ、さんつ、
よんつ、ごっつ!
とか言う始末(−−)

すぬたは今1年生の漢字80文字は終えましたが、
漢字の形と、ある読み方を覚えることは
できても、別の読み方や応用を覚えるのは
大変だと実感しています。

Posted by すぬこ at 2012年04月06日 05:57
すぬこさんへ

こんにちは。(○´∀`)ノ゙
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
漢字の読み、意外と覚えるのは難しい
ですよね。
リリアンは、今年2年生から日本語学校に行き
始めたので、まだ1年生の漢字です。

>すぬたは今1年生の漢字80文字は終えましたが
すぬたくん優秀ですね〜。

これからもどんどん覚える漢字が増えますが、
親がサポートしながら、子供の漢字能力を
伸ばしてあげたいですね〜。
Posted by ヒカリ at 2012年04月06日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック