2012年04月22日

英語の読みの練習 2

043.JPG

 小学校の読みの練習で、フォニックスと併せて、もう1つ欠かせないのが、サイトワード(sight words)。

 サイトワードとはsight(視覚)、words(単語)。

 これはよく目にする、英語理解に不可欠な重要単語。

 英語圏の小学校では、読みの練習の前に、これをやります。

 上の写真は、リリアンが1年生の時、学校で習ったサイトワードをもとに、家で作ったもの。

 この子、何でも自分で作りたい人。。。(o´▽`)

 1年生の時、リリアンは細長い色画用紙で作った、サイトワード
カードをもらい、フラッシュカードのように使いました。

 この他、カルタのように並べて取るゲームもします。

 カードにはthe, she, he, is, you, are, I, amなどの
基本単語が書いてあり、毎週4〜5個ずつ習います。
 

 1年生のサイトワード(オーストラリア)
 

 去年ルーカスは幼稚園の時、リリアンにサイトワードゲームを
させられていました。

 でもちょっと難しかったよう。

 今年は学校で、フォニックスと一緒にサイトワードを習い、

「簡単過ぎ!」と。。。?

 これ、よくリリアンが言うんです。 (´▽`*)
 

 私は子供が小学校に行くまで、サイトワードなんて
知りませんでした。

 英語圏の子供たちは、このように読みの練習をするんですね〜。(。・ω・。)


Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!
この記事へのコメント
サイトワード
はじめて知りました〜。

アルファベットも
フォニックスと一緒にやっていくのですね。

また記事楽しみにしています〜^^
Posted by k-mama at 2012年04月22日 14:01
英語圏の子どもがこういうところから入っていくのに、日本の英語教育は難しすぎますね。
だからしゃべれない人が多いんだ。自分も蘇に一人ですが・・・。
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年04月22日 15:22
K-mamaさんへ

コメントありがとうございます。
私は、去年子供のボランティアで学校へ行った時に、
サイトワードと言う言葉を知り、
「え?何それ?」という感じでしたよ〜。

子供1人1人に、習ったサイトワード5個ずつ
くらいを聞いて、読めたらスタンプを押して
あげました。
9割くらいの子供は、すぐ読めるようになります。
日本と習い方が違うので、興味深いですね。。。
Posted by ヒカリ at 2012年04月22日 22:53
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
日本で習う英語は、英語を身につけるよりも、
受験用の英語という感じですよね。
なので試験用に丸暗記して、終わったら忘れる
ということが多いかもしれません。

私も受験のために、たくさん単語や構文を
覚えましたが、実生活では「習うより慣れろ」と
いう感じですかね〜。(o'∀')
Posted by ヒカリ at 2012年04月22日 23:13
サイトワード私も初めて知りました〜。
リンク先、興味深かったです。(^^*)
長男。次男が通ってる英会話学校はフォニックスはとりいれてるけれど、このサイトワードも取り入れてほしいなぁぁ。長男が昔やったことは忘れてしまい、読みに苦労していて、こうやってサイトワードを習得していれば、もう少し読むのも楽になっただろうなぁと思います。
Posted by ururu at 2012年04月23日 14:23
ururuさんへ

コメントありがとうございます。
サイトワードに関するサイトを探していたら、
たまたまQLDの小学校のホームページが
出て来ました。(o・∀・o)
うちの子供たちの学校じゃないんですが
参考になるかと。。。

読みってやっぱり難しいですよね。
しかも単語は、せっかく覚えてもしばらく
見ないと忘れますしね。。。

ururuさんのお子さんたち、今から英語を
習っていたら、英語が得意になりそうですね。
(o・∀・)b
Posted by ヒカリ at 2012年04月24日 10:35
サイトワード…初めて聞く言葉です。
日本の英語も授業でしっかりとこういうことから習えればもう少し英語という教科に興味を持つ子供が増えるかもしれませんよね。
今の日本の英語では英語=難しいということしか思い浮かばないですよね。
Posted by doramakko at 2012年04月24日 13:32
doramakkoさんへ

コメントありがとうございます。
サイトワード、なじみのない言葉ですよね。
こっちでは重要単語として、1年生でかなり
力を入れるようです。

>今の日本の英語では英語=難しいということしか思い浮かばないですよね。
そうですね。
日本の学校で習う英語は、難しい割に、実用的
じゃなかったり。。。
もっと子供たちが、楽に覚えられて、身に付くような英語だと良いですね〜。(´ー`*)
Posted by ヒカリ at 2012年04月24日 19:36
簡単過ぎ!すぬたもよく言います。
TOO EASY を訳してるんでしょうけど、
その自信はどこからくるんだ??と
言いたくなるシチュエーションでもいうので
困ります。

こちらは、サイトワードのことPOP CORN WORDSっていうかもしれません。
しれません、というのは、
すぬたが習ってるとき、私は知りませんでした(汗)
友人がそんなのを習ってくるってきいたのを
うろ覚えだったので。
今日、すぬたに聞いてみます(^^)

でも呼び名は違えどやはり読み方の習い方は同じですね。
Posted by すぬこ at 2012年04月25日 03:53
興味深く、読ませていただきました(^.^)
私も、英語が好きなので。
でも、上の方のコメントでもあるように、英語圏の子どもがこんなに簡単なところからはじめるとは…ビックリでした。
子どもは楽しいことが好きなので、遊びの中で覚えられるのが良いですね♪
Posted by kazz at 2012年04月25日 10:29
すぬこさんへ

コメントありがとうございます。
すぬたくんも「簡単過ぎ!」って
言いますか〜?同じですね。( ゚∀゚ )
>TOO EASY を訳してるんでしょうけど
そうですね。(笑)
ルーカスの場合は、「本当?」という感じです。

今popcorn wordsを検索したら、サイトワード
のことでした。(´∀`)
またはサイトワードとも書いていました。
おもしろい名前ですね〜。
この名前の方が、楽しく覚えられそうですね。
私も、学校でボランティアをしていなかったら、
サイトワードの言葉を知らなかったかも
しれません。
子供と一緒に私もいろいろ勉強しています〜。
Posted by ヒカリ at 2012年04月25日 21:22
kazzさんへ

コメントありがとうございます。
kazzさんも英語が好きなんですね?
お母さんが英語が好きだと、お子さんも好きに
なりそうですね。( ´∀`)

英語は中学校から習い始めると、本当に
試験中心で難しいです。
なので小さい時から、家で親と少しずつ遊びながら
覚えると楽だと思います。

特に幼稚園やルーカスの学年は、毎日のように歌を覚えて来ます。
歌から入るのも、良い方法かもしれません♪
Posted by ヒカリ at 2012年04月25日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック