2012年05月13日

スーパーマム賞

035.JPG

 今日はオーストラリアでも母の日。

 小学校でも、母の日のために何か作ってくれます。

 先生によって、作るものもいろいろ個性があったり。

 今日の朝リリアンがくれたのは、
「スーパーマム賞(super mum award)」という賞状でした。

 「お母さんが世界で1番というのは、こういう理由です」と書かれ、下の文章が続きます。

 「あなたはいつも弟とけんかした時に、助けてくれます。」

 「私が本当に好きなのは、、毎晩一緒に寝てくれること」

 「私が1番好きな時間は、一緒にトランポリンでジャンプしている時」

 「1番のお母さんだから、大好き。」

 こうやって書いてくれると、具体的に子供は何が嬉しいのかが
わかるので良いと思いました。

 これを読んで気付くのは、子供が喜ぶのは小さなこと。

 子供のケンカの時。

 子供それぞれの言い分を、しっかり聞いてあげるようにしているんです。

 そう、子供に共感する。

 最近はそういうゆとりが持てるようになり、
「うんうん、そうか〜。それは嫌だったね〜」とか。

 私はリリアンを助けているつもりはなかったけど、公平に話を聞いてあげて、泣いていたらなぐさめてあげるとかそんな感じです。

 でもリリアンは、助けてくれていると感じていたんですね〜。

 おもしろいな〜。

 次、一緒に寝ること。

 リリアンは添い寝が大好きで、いまだに「一緒に寝て〜!」と
言います。

 一緒に寝てあげるのは良いんだけど、私が疲れていると寝過ぎてしまう危険があって、実はあまり寝たくないんです。

 ふだん甘えるのが下手なリリアンですが、添い寝してあげると
本当に嬉しそうな顔をするんですよね。

 本当に嬉しいのがわかったので、もう少し続けようと思います。

 最後、トランポリンでジャンプ。

 時間にしたら、ほんの5分くらい?

 子供はずっと跳んでいるんですけどね。((´∀`*))

 でも子供に「一緒にトランポリンして〜」と言われたら、
「じゃ〜ちょっとだけ」と言ってジャンプ。

 これでリリアンの、1番好きな時間になるんだったら、もう少し跳んであげても良いかなと思いました。

 自分も良い運動になるからね。。。

 そんなわけで、スーパーマム賞、子供の喜ぶことが再確認できて良かったです。

 これからも子供のちょっとした要求に、できるだけ応えてあげたいな〜と思いました。(*´∀`*)
この記事へのコメント
そうですね。子どもにとって母親はこの世に生を受けて最初に関係を持った人間ですから、とても愛着がありますね。
そういう意味で母親は子どもにとって特別な存在です。
いつまでも「スーパーマム」でありたいですね^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年05月14日 14:20
いつも楽しく拝見させていただいてます。
とっても素敵な賞ですね。
わたしは、子供がいないので、ちょっと身内の子供と遊ぶ程度。
でも、このブログ読んでたら、子供欲しくなっちゃいました。
Posted by ひろみ(バリでの出来事) at 2012年05月14日 17:17
こんばんは☆

スーマーマム賞、ひとつひとつに感動しました!

私も感じたことがありますが、こどもが本当に喜ぶのは、大人の私たちからみたらとてもささいなことだったり、共感されたことだったり、自分を見ていてくれたことだったり・・・。

大事にしていきたいと思います。

しかしいいですね、この表彰状。

うちでも恒例にしたいな〜☆^^
Posted by 三代目 at 2012年05月14日 23:35
スーパーマム賞受賞、おめでとうございます♪♪
こうやって具体的に書いてくれると嬉しいですね(^^)素敵な賞です!

ホント、子供は何気ない ちいさなことの方
がよろこんでくれますね。私は子供と同じ視線を一日に何回やってるだろうか??とかんがえながら拝読しました。。
Posted by ururu at 2012年05月15日 09:41
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
母の日でもないと、こんなふうに言ってもらう
機会がないと思うので、1年に1度の母の日って
良いなと思いました。(笑)

>いつまでも「スーパーマム」でありたいですね
そうですね。
子供が小さいうちは、スーパーマムと言って
もらえても、大きくなったらわかりません
からね〜。(*´▽`)*
親も子供と一緒に成長したいです〜。
Posted by ヒカリ at 2012年05月15日 12:33
ひろみさんへ

コメントありがとうございます。
>いつも楽しく拝見させていただいてます。
こちらこそいつもブログご訪問、ありがとう
ございます〜。

私も10年ほど前ですが、バリに1カ月ほど滞在
したことがあって、いつもバリを思い出して、
楽しく拝見させて頂いていました。

>とっても素敵な賞ですね。
ありがとうございます。(〃´∀`)o
ふだん子育ては大変なんですが、子供が
プレゼントしてくれる時は、母で良かったと
思います。(笑)

ひろみさんもいつか、すてきなお母さんに
なるかもしれませんね〜。:..(o´∀`o)
Posted by ヒカリ at 2012年05月15日 12:42
三代目さんへ

こんにちは。(。・∀・)ノ゙
コメントありがとうございます。
>こどもが本当に喜ぶのは、大人の私たちからみたらとてもささいなことだったり、共感されたことだったり、自分を見ていてくれたことだったり・・・。

そうなんですよね。
共感とか、見ていてあげることって、子供には
本当に嬉しいことなんですよね。
特に小さい子供ほど、親が一緒にいるだけで
嬉しかったり。

ふだん忘れがちだけど、こういうちょっとしたことを
もっとしてあげたいな〜と思いました。(´∀`*)


Posted by ヒカリ at 2012年05月15日 12:55
ururuさんへ

コメントありがとうございます。
>スーパーマム賞受賞、おめでとうございます♪♪
ありがとうございます〜。(*´ェ`*)ポッ

ふだん、子供は一緒にトランポリンをやっても、
「この時が1番好き」なんて言わないし、
いちいちいろんな場面で、こういうのが嬉しい
という気持ちが聞けないので、この賞を
考えた先生、良いな〜と思いました。(笑)

子供が求める小さな嬉しいことを、やってあげればあげるほど、子供に愛情が伝わるんだそうです。
小さなことで愛情が伝わるなら、もっとやって
あげたいですね〜。(o´▽`)
Posted by ヒカリ at 2012年05月15日 13:19
スーパーマム賞ですかぁ。
素敵ですね!なかなか粋なことをしてくれますね^^
子供の喜びって小さなことが多いですね。
喧嘩も小さなことで起こるし・・・。
トランポリン、私は購入したときに
数分いっしょにとんだんですが、めまいが
しました(笑)。もう、若くないなぁと
しみじみ実感・・・。
あと、ブランコもそうですよー。
子供の喜びは、母の喜びにもなるから
話をきいたり、いっしょに添い寝したりしてあげたいね。
Posted by ミント at 2012年05月16日 10:17
ミントさんへ

コメントありがとうございます。
先生も、毎年母の日のものを作ったり考えたり
するの大変でしょうね〜。

>トランポリン、私は購入したときに
数分いっしょにとんだんですが、めまいが
しました(笑)
めまいがしましたか〜?
大人が数分で良い所を、子供は長時間も跳んで
いるんだから、本当にすごいですよね。( ゚∀゚ )
私も小さい時、ずっとブランコに乗っても
平気でしたが、今は数分でフラフラ。。。

でもそのちょっとの時間が、子供の喜ぶ時間
になるようなので、ちょっと付き合ってあげたいな〜
と思います。((・´∀`・))
Posted by ヒカリ at 2012年05月16日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269810317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック