2012年06月30日

図形が得意になる遊び

053.JPG


 小学校の学力テストでは、算数の図形問題で、できる子と
できない子の差が非常に大きいんだそう。

 図形が得意な子供の共通点は、だいたいパズル、ブロック、工作、お絵かきなどが好きなこと。

 逆に図形の苦手の子供ほど、ブロック、パズルで遊んでいないということが多いようです。

 また、空き箱などを使った工作も、図形の基礎を作ります。

 ルーカスが通っていた幼稚園では、よく空き箱をのりで組み合わせた工作を持ち帰って来ました。

 けっこう場所を取るので、だましだまし捨てましたが(笑)、上の
写真が唯一残っていたロボット。

 本人がどうしても取っておきたいと言うので、もう少しの所で、ゴミ箱行きをまぬがれました。((´∀`;)) 

 そう言えば、リリアンがPREP(就学準備学年)の時も、やたら
空き箱作品を学校から持ち帰って来ました。

 大人にはただの箱の塊にしか見えなくても、製作者に聞くと、
「お城」だったり、「船」だったり。(・∀・)

 こういう、一見無駄に見える、箱の組み合わせ遊びが、立体図形の基本や、空間認識能力を育てるようです。

 あと折り紙もおすすめ。

 折り紙は平面のものから立体や多面体まで、いろんなものが
作れます。

 私は時々、子供にさいころ型やくすだまなどを作ってあげますが(上の写真)、とても喜びます。

 折り紙だけでなく、ペーパークラフトなど立体になるものは、図形の基本になるようです。
 
 それからおなじみ、レゴピタゴラス プレートNEW たんぐらむなどのパズル、ブロック系のおもちゃ。

 私は小さい時、パズル系、ブロック系のおもちゃはほとんど
遊ばなかったんです。+(σ´д`。)

 当然、学力テストとか、知能テストに出て来る展開図などの
図形問題が苦手でした。

 今でも覚えているんですが。。。

 1つの図形があって、この展開図はどれでしょう?という問題。

 私は試験中に、問題用紙を逆さまにして回したり、首をひねったりしたけど、まったくお手上げで。。。。┐(´〜`)┌

 でも子供の時に、パズルやブロックで遊んでいたら、パッと見ただけでわかるんだそう。

 ここが、できる子と、できない子の違い。(*・д・)b゛


 要は、勉強じゃなくて、小さい時の遊び。

 というわけで、うちではリリアンが3歳の時からピタゴラス プレート
や、レゴで遊ばせています。

 ピタゴラス プレート で遊ぶと、立方体の展開図が自然にわかるようになります。

 今子供が何気に遊んでいることは、大きくなってからの勉強や、得意分野につながっているんです。

 子供の能力を伸ばしてあげるためにも、いろいろな遊びをさせてあげたいですね〜。(o´∀`o)

 
レゴ 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616

ピタゴラス プレート

NEW たんぐらむ

立体パズル

はじめての多面体おりがみ
posted by ヒカリ at 14:50| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もテストの展開図は苦手でした^^;
どんな立体になるのかがサッパリで^^;
私も小さい頃あまりブロックやパズルで遊んだ記憶がありません…

息子はレゴでいろいろなものを自分で考えて作ってよく遊んでいます。
パズルも大好きです^^
これは期待できますかね〜!?

でも娘はレゴで何か自分で考えて作ることができず、見本のものを作ったり、いつも家を作ったり同じ物を作ってばかりです^^;
娘は図形で苦労するかもしれません^^;

でも教えていないけど好き、苦手、があって、これは元々持っているものですかね?

娘は折り紙は好きですけどね〜。
もっとブロックやパズルで遊ぶようにさり気なく勧めてみようかな^^
Posted by ももんぺ at 2012年06月30日 20:25
ももんぺさんへ

コメントありがとうございます。
ももんぺさんも、図形が苦手でしたか〜?
でもブロックやパズルは、どちらかと言うと、男の子の方が好きですよね。
理数系は、男子の方が得意なのと共通して。。。

逆に折り紙は、男の子より、女の子の方が好き
かもしれませんよね。

>教えていないけど好き、苦手、があって、これは元々持っているものですかね?
もともと、好き、苦手はありますよね。
ただ、いろいろな種類のパズルやブロックをやったり、
親が一緒に作ってあげると、もっと興味がわく
ような気がします。(○´∀`)
Posted by ヒカリ at 2012年06月30日 22:17
そうですね。
昔はブロックやパズルはあまりありませんでしたが、私は竹ひごの模型とか船の模型とか(木製ですが)作っていました。
昔は、「竹」「木」「紙」しかありませんでしたから・・・。
あと、お勧めは「迷路」です。これもすう学力をアップさせます。座標の感覚が身につき、図形に通じるものがあります。
他には、トランプの「神経衰弱」もお勧めです。
小さいうちは遊びも大切な勉強ですね。
遊びに付き合うのはけっこう大変ですが・・・^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年07月01日 19:28
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
>竹ひごの模型とか船の模型とか(木製ですが)作っていました。
そうですか。
すごいですね〜。おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ
自分で考えて作るうちに、自然と立体や図形の
基本が身に付くんでしょうね〜。

迷路も、本当に良いと思います!
うちは子供が、以前に鉛筆でやった迷路の本を
消しゴムで消してまたやっているので、
新しいのを買おうと思います〜。(o´▽`)
Posted by ヒカリ at 2012年07月01日 21:14
うふふー 今日はちょうどレゴと折り紙で
遊んでるとこだったので ちょっとびっくりです。
しかし、折り紙 難しくて 作ってって言われても
本の説明の意味がわかりません。。。汗
もちろん算数の図形もムリですー。
Posted by samandra at 2012年07月02日 12:11
Samandraさんへ

コメントありがとうございます。
>今日はちょうどレゴと折り紙で
遊んでるとこだったので ちょっとびっくりです。
それは奇遇でしたね〜!

折り紙の本、難しいのは本当に大人もわからない
ですよね。(*´・∀・)*
でもわかる子供は、わかるそうです。
私もよく子供に折り紙を作ってあげますが、
難しいものも多いですね〜。

私は算数が苦手だったので、子供には今から
いろいろな遊びをして、算数が好きになって
欲しいな〜
と思います。(o´▽`o)
Posted by ヒカリ at 2012年07月02日 23:03
勉強になりました!
娘はたまにやるワークブックで、
展開図の問題とか、折り紙を四角におって、
ココをこう切って開くとどうなるか?
というような問題がニガテみたいでした。
頭の中で想像ができていないんでしょうね。
折り紙でくすだま作ってあげるのいいですね。私も作ってみます(^^)
Posted by kazz at 2012年07月05日 22:57
kazzさんへ

コメントありがとうございます。( ´ー`)ノ 
展開図の問題、パズルやブロック、その他
立体の物で遊んでいないと難しいと思います。
学校で習うともっと難しく感じると思うので
小さい時にたくさん遊ぶのが1番ですね!

>頭の中で想像ができていないんでしょうね。
そうそう、遊ぶことによって想像できるように
なるのかもしれません。
折り紙、ぜひ作ってみて下さい〜♪
Posted by ヒカリ at 2012年07月07日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278124656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック