2012年07月19日

ぴょこたんのおばけめいろ



 このブログでも何度か書いていますが、迷路は算数の脳を作るのに良いと言われています。

 ある数学の先生は、長年の現場経験で
「迷路が得意だった子は、理系で伸びる」という仮説が
あるそうです。

 迷路好きで自分で迷路を作るような子は、理系で伸びるし、
受験実績も良いんだそう。

 迷路にはいろいろな要素がありますが、図形を俯瞰的に見たり、基準に沿って探すなど、思考力の基礎が入っているのです。

  迷路は、子供が遊びながら手を動かして考えさせる教材。

 幼児から低学年の子供に必要な、運筆力や、推理力、集中力を養う効果もあります。

 子供がまだ小さい場合や迷路をあまりやったことがない場合は、インターネットの無料ダウンロードがおすすめ。

迷路/幼児の学習素材館 無料ダウンロード

 また100円ショップなどでも手軽に買えます。

 ただ子供がもう少し大きいとか、迷路好きだと、簡単な迷路は
1日で終わってしまいます。。。(・´ω`・)

 子供たちの行っている日本語学校のルーカスのクラスでは、
教材として、めいろあそび―4・5・6歳 くもん出版のプリントをもらいます。

 本人は「簡単すぎる」と言っていますが、学校では、簡単にできた方が良いのです。

 そこでぴょこたんのおばけめいろと言うものを買ってみました。

 この本はちょっと小さめですが、全部で349ページと、ボリュームがあります。

 ふつうの迷路だけだと、すぐ終わってしまう子供向き。

 中は、短い漫画やなぞなぞ、間違い探しのほか、ちょっとひねったアイディアの迷路がいっぱい。

 答えもあるので、わからなければ答えを見たり、とばしても良いし、盛りだくさんですぐには終わらない内容です。
 
 リリアンとルーカスに、同じ本を1冊ずつ買いましたが、ある時は朝起きてすぐとか、晩ごはん前に少しとか、気が向いた時にちょこちょこやっています。

 迷路だけじゃなく、けっこう字もあるので、文章を読んで考えるし、読む練習にもなっています。

 このぴょこたんシリーズ、私が小学校1年生の時なぞなぞあそび (1) おはようぴょこたんという本があって、好きだったのですが(今は子供たちが読んでいます)、なぞなぞはもちろん、迷路もすごいシリーズがあったんですね〜。

 なつかしくて思わず買ってしまいました。((´∀`*))

 リリアンは、ぴょこたんの迷路シリーズ、全部ほしいんだそう。

 もしかして、将来は理系・・・? (・∀・)

ぴょこたんのおばけめいろ181(いっぱい)

posted by ヒカリ at 12:08| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちにも「ぴょこたんのめいろ」と「ぴょこたんのなぞなぞ」がありますよ〜。
ボリュームたっぷりでいいですよね。
いくらやっても終わりませんし^^
Posted by ざまき at 2012年07月19日 15:17
ざまきさんへ

コメントありがとうございます。
>うちにも「ぴょこたんのめいろ」と「ぴょこたんのなぞなぞ」がありますよ〜。
ざまきさんの息子さんも好きですか〜?( ゚∀゚ )

ぴょこたんの本は工夫が凝らしてあって、
1回やって終わりにならないような構成に
なっているのが好きです。

他に「ぴょこたんのめいろあそび1」というのも
ありますが、こっちの「おばけめいろ」の方が、
子供は好きみたいです。
ぴょこたんは、すごくシリーズ多数で驚きました。
Posted by ヒカリ at 2012年07月19日 23:15
ぴょこたんシリーズ。懐かしいです。
うちの子もやってましたよ。
いまだに人気があるのですね^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年07月20日 13:15
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
ぴょこたん、ご存知でしたか〜?(○´∀`)ノ
懐かしいですよね。

>いまだに人気があるのですね^^
そうなんですよ。
私が子供の頃に読んでいた本は、全部取ってあって
子供にも読ませているんですが、絶版になっている
ものも多いです。
ぴょこたんは、子供の心をとらえますね〜。
Posted by ヒカリ at 2012年07月20日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281877557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック