2012年08月02日

三まいのおふだ



 うちではよく昔話を読んでいますが、中でも子供たちの好きな話がこれ。

 私が子供の時に実家にあったのは、同じ話で
たべられたやまんば でした。

 私もこの話が大好きだったんです。(o’∀’o)

 子供の時に読んでいた昔話は、ほとんどオーストラリアに持って来ているんですが、このお話と「桃太郎」は、すでに読みこまれてボロボロに。。。

 かなりテープで補強されながらも愛読されていたんだけど、もう実家にないんです。

 なので、買いました。(桃太郎も)(・∀・)
 
 私も子供の頃そうでしたが、子供って、ちょっと怖い話が好きなんですよね。

 あんまり怖いのはダメなんだけど、これくらいのハラハラは
心地よいらしく。

 もう最後はわかっているけど、何度読んでもハラハラ・・・!

 たまりません〜。(o・∀・)b゙

 このお話はもともとちょっと怖いので、あまり怖い絵だと子供は
読めないかもしれないけど、この挿絵は適度に怖くてちょうど良いです。

 買ってみたら「手のひらむかしばなし」の名前通り、小さめ絵本
だったので、もう少し大きい方が迫力あるかも。

 でもそれだと子供は怖いかな?

 で、何でもやってみたくなるリリアン。

 去年、このお話を読んだ後、お札を山のように作って、庭で
走りながらお札を後ろに投げ、「大川出れ〜」と小僧さんのマネ。

 「三まいのおふだ」なんですけどね〜。。。(・´ω`・)

三まいのおふだ (てのひらむかしばなし)

たべられたやまんば (民話かみしばい傑作選)

posted by ヒカリ at 12:17| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。
初めまして。

ブログを読ませて頂いて、お勉強させていただきました(*´∀`*)

うちにも1歳の息子がいますが、昔話がいいと聞いたので絵本を買って読み聞かせしています・・が何ページが食べられてありません(-_-;)

子どもってちょっと怖いくらいが好きなんですね!
もう少し分かるようになったら三まいのおふだ探して買ってみようと思います♪
なんせ、最近トトロが恐いようでDVD見せると大泣きしてるので(ノ∀`)

またちょくちょく遊びに来させていただきます!
Posted by kirara at 2012年08月02日 15:21
そうですね。
民話や昔話は怖い話しだったり、残酷だったりしますね。
昔の人は、ヒカリさんの言うように子供が怖い話を好きだというのを、上手く利用していろいろなことを諭したんだと思います。
子どもって何度でも同じところで喜んだり怖がったりしますね。
昔話や民話はいつまでも語り継ぎたいですね^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年08月02日 15:32
kiraraさんへ

こんにちは〜。(*´∇`)ノ 
初めまして。
コメントありがとうございます。
子供はちょっと怖いくらいが好きだと思うんですが
1歳児は微妙です。(汗)
せなけいこさんの「ねないこだれだ」の絵本
子供が1歳の時は怖がらなかったけど、
2歳になったら怖くなったので、年齢によって
怖いものも変わるんだと思います。

>もう少し分かるようになったら三まいのおふだ探して買ってみようと思います♪
そうですね。
本の内容や子供にもよるので、わかりやすいものなら
1歳でも良いと思います。

>最近トトロが恐いようでDVD見せると大泣きしてるので
そうですか〜?(´・∀・`)
まだちょっと早かったかもしれませんね。
3歳までは、絵本が良いと思いますよ〜♪
Posted by ヒカリ at 2012年08月02日 22:07
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
>民話や昔話は怖い話しだったり、残酷だったりしますね。
そうなんですよね〜。(・д・`*)
以前「怖くない話を読んで〜」と言われ、うっかり
かちかちやまを選んだら、おばあさんが殺されて
「それ怖い〜」と言われました。(笑)

>子どもって何度でも同じところで喜んだり怖がったりしますね。
同じ本で、何度でも感動できるので、繰り返し
読ませられますよね。
昔話、大事にしたいです〜。
Posted by ヒカリ at 2012年08月02日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284358171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック