2013年02月18日

こんとあき



 今年から、日本語学校のリリアンのクラスの学級文庫で、
絵本を借りられるようになりました。

 先日リリアンが選んだのは、これ。

 この絵本、今までおすすめなどで、何度も目にしていましたが、
1度も読んだことがなかったんです。

 アマゾン絵本のベストセラー

 絵本ナビ レビュー数ランキング

 早速読んでみると、子供はもちろん、私も気に入ってしまい
ました。 (o゚∀`o)

 お話はちょっとふしぎ。

 題名の「こん」は、ぬいぐるみのきつねです。

 こんは、おばあちゃんに赤ちゃんのおもりをたのまれて、
さきゅうまちから来ました。

 そして赤ちゃんだったあきは成長し、2人は大の仲良し。

 こんの腕がほころびたので、おばあちゃんに直してもらうために
こんとあきは2人で、汽車に乗ってさきゅうまちへ行きます。

 大好きなぬいぐるみと一緒に、汽車で旅行。

 子供だったら、どんなに嬉しいでしょうね?

 しかもこんが何でもできるから、あきは安心。

 と思ったら、最後にあきは傷ついたこんを助けて、おばあちゃんの
家に辿り着きます。

 こんは、おばあちゃんに直してもらって、すっかり元気に。

 こんとあきの冒険にワクワク、どきどき、そしてハラハラ。

 でも最後はハッピーエンド。

 とっても心温まる名作です。

 作者、林明子さんの絵本はたくさんありますが、中でもこれは
1番だと思いました〜。
 
こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


posted by ヒカリ at 09:36| Comment(6) | TrackBack(0) | おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵本は、楽しいですね。
最近の絵本は絵がすばらしくて大人が読んでもいいですね。
リリアンちゃんはどんな感想を持ったのでしょう^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2013年02月18日 14:31
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
>最近の絵本は絵がすばらしくて大人が読んでもいいですね。
そうですね。(◎´∀`)
特に小さい子供は、字や題名よりも絵で選ぶので、絵は
とても重要だと思います。
子供の感想ですか。
汽車で旅行するお話なので、汽車に乗りたいとか言って
いました。(笑)あと砂丘にも行きたいようです。

Posted by ヒカリ at 2013年02月19日 10:33
こんにちは〜〜、林明子さん大好きなんですが、こんとあき、まだ読んでなかったです〜(@@)
これは男の子も女の子も楽しめそうですね(^^)

子ども図書館が近くにあるので、今度借りる時探したいとおもいます〜♪
Posted by ururu at 2013年02月19日 12:44
ururuさんへ

こんにちは〜。(・´∀`・)ノ
コメントありがとうございます。
林明子さん、大好きでしたか〜?
それなら、これは絶対おすすめです♪
楽しい中に、ホロリとする場面もあって、何度も読みたく
なるお話です。
今日もルーカスが持って来たので、また読みました。

>子ども図書館が近くにあるので、今度借りる時探したいとおもいます〜♪
近くに図書館があるの、良いですね!
子ども図書館というのがあるんですね?私も行きたいです。
Posted by ヒカリ at 2013年02月19日 19:59
この絵本!
うちの娘二人とも大好きな絵本です!!
私も大好きでよく読んでとリクエストされる本のひとつです。
「いもうとのにゅういん」という本もお気に入りの一つなのでまだ読んだことがなければ是非読んでみてください!
Posted by シレンカ at 2013年02月20日 05:34
シレンカさんへ

コメントありがとうございます。
娘さんお二人とも大好きでしたか〜?
良かったです。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
「いもうとのにゅういん」うちにもありますよ〜。
林明子さんの絵が、お話にぴったりで、私も好きです。
リリアンは作者は違いますが「きょうはなんのひ」も好きです。
なんか子供の心を育むような、やさしく温かい絵ですよね。
Posted by ヒカリ at 2013年02月20日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323509143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック