2013年06月03日

初めてと3回目の書道

054.JPG


 先週は、日本語学校で、書道がありました。

 ルーカスは、初めて。(*´∀`*)

 この日は、先生だけじゃ手が回らないので、お母さんたちも
お手伝い。

 ルーカスのクラスを覗くと、ちょうど書き始めた所でした。

 名前を見たら、やっぱり「るーカス」

 なので、一緒に筆を取って直してあげました。 (・´ω`・)

 最初は、練習用の紙に何度も練習し、最後は半紙に清書。
 
 上の写真↑。

 上が清書、下が、先生と一緒に書いたもの。

 ルーカスの清書の名前。。。

 ひらがなの「か」と書いてますが。。。 ┐(´-`)┌
 

 リリアンは、これで3回目の書道。

 止めはねができていないけど、ふだんの字と比べると、上手。

 ふだんは、集中して字体を意識して書いたりしないですからね。。。

 授業の終わりに、先生が、

「今日書いた清書は、額縁に入れて、家に飾って下さい」と
言いました。

 「将来、みなさんの孫に見せるように」と?

 額縁は買っていませんが、大切に飾ります〜。

 
posted by ヒカリ at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひらがなとカタカナ。なんで二種類の表音文字があるのか不思議なんじゃありませんか?
習字は集中力の鍛錬になりますね^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2013年06月05日 15:22
お久しぶりですー。

ルーカスくん、初めてにしては清書なかなか上手ですよー♪「か」もご愛嬌(≧∀≦)
リリアンちゃんの清書は、優しい書体の『雨』ですね〜。
うちの長男も、毛筆の方が丁寧で味のある字になります。。(^-^;

シルバニアファミリーの灯りの灯るおうち、オーストラリアにも売ってるんですねぇ(*^▽^*)
灯りがやさしくて、いいですよね♪
自分の思い通りに演じてほしい気持ち、それだけ子供が自分の描く世界があって大切にしてるってことですよね(*^_^*)
Posted by ururu at 2013年06月05日 16:01
都月満夫さんへ

コメントありがとうございます。
>なんで二種類の表音文字があるのか不思議なんじゃありませんか?
そうかもしれませんね〜?(*゜▽゜)
ルーカスはよく、ひらがなとカタカナを混ぜて書いています。
欧米では、集中して1文字1文字を書くということが
ないので、良い経験ですね〜。(´∀`)
日本語の文字に興味を持つ、きっかけになってほしいです。
Posted by ヒカリ at 2013年06月06日 09:24
ururuさんへ

お久しぶりです〜。
コメントありがとうございます。
>ルーカスくん、初めてにしては清書なかなか上手ですよー♪「か」もご愛嬌(≧∀≦)
ありがとうございます。(´▽`;)
清書の前に、たくさん練習したので、感覚がわかったようです。

>うちの長男も、毛筆の方が丁寧で味のある字になります。。(^-^;
そうですよね。
筆で書くと、ふだんとは違った気持ちで書くので、丁寧で
味のある字になりますね〜。
言われてみれば、リリアンの字、やさしい感じですね。

シルバニアファミリー、ururuさんの娘さんも好きでした
よね?これは幼稚園から小学生まで遊べますね。
>自分の思い通りに演じてほしい気持ち、それだけ子供が自分の描く世界があって大切にしてるってことですよね(*^_^*)
なるほど〜。。。そうですね。
考えたことなかったです。〆(・ω・。)フムフム
お気に入りの世界の思い入れがあって、遊び相手は誰でも
良いわけじゃないんですね〜。(*゜▽゜)
リリアンって、独自の動物の世界を持っているかも、と
思いました。ありがとうございます〜。
Posted by ヒカリ at 2013年06月06日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365041475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック