2014年06月19日

乱暴な子と友達

 今年の初め、クラス替えの前に、ルーカスは

「絶対、Tと同じクラスになりたくない。」と言っていました。

 その子は乱暴で有名だったから。

 クラスの子も、クラス以外の子も、気に入らないと
たたいたりは普通。

 ひどい時は、コンクリートの床に、別のクラスの子の頭を
ぶつけさせたりとか、平気。

 1年生ですよ?

 ルーカスはTと同じクラスじゃなかったけど、ひどい乱暴を
目の前で見たり、悪い噂を聞いていたよう。

 で、今年の新学期。

 新しいクラスに行くと、Tがいて、笑いました。

「あら〜、Tと同じクラスなんでしょう〜」(´▽`*)

 と言うと、ルーカスはため息。

 ところが

 人って、わからないものなんですよ。

 新しいクラスになると、先生がとっても良くて

 Tはすっかり良い子に。(゜□゜*)ェッッ!!?

 あれほど周囲を悩ませたのが嘘みたいに、普通に
なっちゃったんです。

 3月に、ルーカスはTの誕生日パーティーにも呼ばれました。

 誰だって、誕生日に呼ばれるのは嬉しいんですよね。

 それで2人は、じわじわと仲良くなって

 ついに、

 2人は放課後、一緒に遊ぶ仲に。。。!w(゚ロ゚)w オォォーーー!!

 
 私はルーカスのクラスで、週に1回、ボランティアをしていて、

 時々、朝学校でTに会うと、必ず声をかけます。

 そうすると、彼はいつもフレンドリー。

 一時期、Tとルーカスは同じスイミングに通っていて、顔なじみ
だったので、Tはもともとルーカスに好意的だったよう。

 いつしかTの母とも話すようになり、母はTが今のクラスに
なってから、すっかり落ち着いて、喜んでいました。

 いじめられる子の親も辛いけど、いじめる子の親も
辛いんですよね。

 Tの母いわく、去年は毎日学校で、Tが誰かに乱暴し、先生に

 「今日は誰を殴りましたか?」と聞く日々だったそう。

 担任の先生も、ざぞ大変だったでしょうね。

 ところが、今年は、1人も殴っていないんだそう。

 そしてルーカスとも友達に。

 いや、本当に良かったです。

 今の先生も良いんですよ。

 何が違うって、ちょっとのことなんです。

 頑張ったら、シールやスタンプを、たくさん惜しみなくくれること。

 子供にとって、シールやスタンプの威力は絶大。

 認められたという自信になるし、やる気も出るんだと思います。

 1学期の終わりに、Tは、特に頑張っている子にもらえる賞を
もらっていました。

 乱暴者だったT。

 これからはずっと、みんなと仲良くなれると良いね。。。(o´∀`o)

 
posted by ヒカリ at 12:09| オーストラリアの小学校 2年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする