2015年08月13日

ピアノはっぴょうかい




 この絵本は、去年までピアノを習っていた子供たちに
良いかなと思って買いました。

 あと、もう1つは、ねずみが出て来るので、ねずみ好きの
リリアンが喜ぶかなと思い。。。

 リリアンは、2歳くらいからずっとねずみ好き。

 このお話は、ねずみのファンタジーなので、リリアンが
5〜6歳の時に読んであげたかったな、と思いました。

 小学生でもおもしろいけど、小さい歳の方がもっと
惹き込まれそう。

 ももちゃんの、初めてのピアノの発表会。

 舞台のそでで出番を待っていると、「わたしたちも
はっぴょうかいをしているの。みにおいでよ!」と

 こねずみが話しかけます。

 小さなドアをくぐると、そこはねずみの発表会。。。

 ピアノを習っている子にもおすすめです。

 発表会で、ドキドキ自分の順番を待っている時の
ももちゃんと、自分の経験が重なることでしょう。

 この絵本、リリアンも好きだけど、ルーカスも好きで
よく読んでいます。 
 
 ピアノの先生が言っていましたが、発表会の経験って
とっても貴重なんですよね。

 頑張ってピアノを練習して、大勢の人の前で演奏するって
すばらしいこと。

 もちろん、ピアノを習っていなくても、ねずみ好きじゃ
なくても、おもしろいですよ〜♪ (o´∀`o)


ピアノはっぴょうかい

posted by ヒカリ at 22:50| おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする