2015年08月25日

地球 -その中をさぐろう- 2




 この絵本、4年前にも記事にしてます。
 
 過去記事 地球 加古里子

 当時は、リリアン6歳、ルーカス4歳。

 ↑小さい〜。。。

 この時も、かなり興味を持って読みましたが

 ついこの間、ルーカスが久しぶりに持って来て読むと
また深く学んだような感じでした。

 この本の初版が、1975年。

 もう、40年前!

 でも内容は、全然薄れてないし、むしろずっと長く
読める良書です。

 加古里子さんの本は、うちにたくさんあってよく
ここでも紹介していますが

 どれも絶対、何度も読みたくなるんです。

 この本の後半は、かなり難しい内容を盛り込んで
いるので、

 ルーカスがもう少し小さい時は、最後の方になると
ちょっと飛ばして読んだりしていました。(○´▽`)

 でも今は、マグマとか、マントルとか出て来ると

「学校で習った」と言って、興味を持って聞いてます。

 対象年齢は、小学校初級〜おとなまでと書いてるように

 大人でもおもしろいです。

 全部、土の中の断面図で描かれているので、

 土の中や山の中、道路やビルの地下、自然の大地の中など
地球の内部を観察することができます。

 この絵本を読むと、自然や地球のことに、もっと興味が
わくと思いますよ〜。

地球 (福音館の科学シリーズ)

posted by ヒカリ at 16:35| おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする