2016年05月06日

興味を持ってくれた日本史

 うちでは年に2回、日本領事館から子供たちの
日本の教科書をもらっています。

 時期は、4月と9月の前期と後期。

 先月、リリアンの6年生の教科書をもらいました。

 社会は東京書籍なんだけど、教科書のあちこちに
ドラえもんが登場します。

 もくじのページなんか、ドラえもん、ドラミちゃん、
のび太、しずかちゃんがタイムマシンに乗って

 「これから、ぼくたちといっしょに日本の歴史を学習
しよう」と言っていて、教科書変わったな〜と思いました。
 
004.JPG


 勉強、勉強という感じじゃなくて良いかも?

 で、考えたら、

 リリアン、日本史って全然知らないんですよ。

 早速、読んであげたんだけど

 うちの場合、日本語学校はリリアンが3年生の時に挫折
しているので、子供たち漢字があんまり読めません。
(´▽`*;)

 なので、教科書は私が一緒に読んであげるんです。

 6年生になると、難しい漢字がいっぱい。

 縄文時代、弥生時代、古墳時代と、解説しながら読み
進めると、すごく興味を持って聞いてくれました。

 教科書は、昔よりも絵や写真が断然多くなっていますね。

 日本では、弥生時代に米作りが始まったんだよ〜とか、
日本のあちこちに、こんな古墳があるんだよ〜とか、
カラーの絵や写真が多いので、わかりやすいです。
 
 たとえば、オーストラリアの住所って、日本みたいに
○条○丁目じゃないんですよ。

 全ての道に名前が付いていて、○○ストリートと家番号
なんだけど、日本はどうしてそうじゃないかと言うと

 「奈良に新しい都、平城京が作られて、中国の都、長安に
ならって、東西南北にのびる道路で区切られていました。

 だから日本の町は、今でも碁盤の目のようになっていて、
住所はオーストラリアと違うんだよ〜」

 なるほど〜。

「はい、今日はここまで」と言うと

「え〜、もうちょっと読んで〜」と言います。

 (o・∀・)b゙ イィ!

 毎晩寝る前に、少しずつ読んでいるんだけど、

 聖徳太子とか、日本人なら誰でも知っている人など
リリアンが知らなかったこと盛りだくさん。
 
 日本史に興味を持ってくれたみたいで
嬉しいです〜。ヾ((○*´∀`*))ノ゙━+。゚:ヮ−ィ

posted by ヒカリ at 22:52| 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。