2016年10月21日

アボリジナル・アート?


002.JPG


 先週、ルーカスが、学校のキャンプに行きました。

 帰ってから、持って行ったものを出して、片づけていたら
バッグの底から、黒いものがコロコロコロ。。。

 みると、何やらペイントした、黒いつるつるの石。

母 「ルーカス、何これ?」

ル 「ああ、これ、キャンプの時やったの。

    でも、あんまり好きじゃない」

母 「これは何を描いたの?」

 聞くと、キャンプで、アボリジニーのアートの時間に
石にペイントをしたんだそう。

 石は、直径6cmくらいの小さいもの。 

 で、ルーカスが選んだシンボルには意味があって、

 黄色い点々で囲っているのが、左からお父さん、お母さん
リリアン、ルーカスの4人家族。

 上の赤い2つの〇みたいなのは、1つの所から、もう1つの所に行く様子で、旅行(travel)の意味なんだそう。

 うちでは時々家族で旅行するから、ルーカスはこの
シンボルを選んで、石に描いたんだって。

 いや

 なかなか良いと思うけど?

 ルーカスは、自分の作品に満足しないことがよくあるん
ですよね。

 自分が描きたかったものと、できあがったものの落差が
あるみたいで。

 たぶん、お手本の絵は、もっときれいだったんだね?

 「お母さん好きだったらあげる」と、言うから戸棚に
飾って置くよ。
 
 今は好きじゃなくても、大きくなったら、愛着がわくかも
知れないし。。。

 子供たちは、時々学校のアートの時間に、アボリジニーの
絵を習って、描いたりするんですよ。

 今回、キャンプに行った場所も、もともとアボリジニーが
住んでいた場所で、いろいろ習ったようです。

 私も、アボリジナル・アート習ってみたいです。。。

posted by ヒカリ at 16:33| オーストラリアの小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする