2014年04月07日

ほのぼの母業のびのび父業




 これは、親業インストラクターによる、わかりやすい親業の本。

 親業とは、以前紹介したことのある、親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方の著者、ゴードン博士の、
ベストセラー。
 


 この本は、アメリカでベストセラーになり、今では19カ国に
翻訳されて世界中で広く読まれている良書です。

 ほとんどの親は、親になるための訓練をしないで、親に
なっています。

 あなたは、自分の親に育てられたようなやり方で、あるいは
手探りで、わからないまま子育てをしていませんか?

 親が学ぶことは、子供が問題を引き起こす前に、未然に
防止する助けとなるのです。

 以前は、子供が10代になって、親に心を開かなかったり、
反抗的になるのは避けられないと思われていました。

 でも親がコミュニケーションを学ぶことで、温かい親子関係が
築けるようになるのです。

 そして親業訓練で学んだことは、親子関係にとどまらず、
夫婦関係、会社の人間関係、友人、親戚付き合いなど、
あらゆる場面で役に立ちます。

 ただこの本は、じっくり読んで深く学びたい人向き。

 ちょっと字が細かく、読むのに時間もかかります。

 そこで手軽に読める、この ほのぼの母業のびのび父業は、
わかりやすく親業を学びたい人に最適です。

 子育ての本を読むと、必ずと言っていいほど出て来る、
「あなたメッセージ」「わたしメッセージ」。

 もしこれ、何のこと?と思ったら、ぜひこの本を読んでみて
下さい。

 わかっているつもりでも、実際は、普段子供に言う時、
「あなたメッセージ」で言っていることが多いんですよね。

「脱いだ帽子、片付けなさい!」とか。

 これは、あなたメッセージ。

 たいてい人は、誰かに嫌がらせをしようと思って行動している
わけではありません。

 でもあなたメッセージだと、批判や命令口調になってしまい、
言われた方は反発を感じます。

 なので、こう言う時は、わたしメッセージ。

 「みんなが歩く所に、帽子を脱ぎ捨てると、歩く時に邪魔で
お母さんは嫌だから、この帽子を片付けてほしいの」

 相手の行動に対して、自分はどう感じているのかを伝えると、
言われた方は、考えて相手を思いやる行動を取るようになります。

 今日は気を付けて、いろいろ「わたしメッセージ」で言いました。

 どんな良い本でも、1回読むだけでは、わかったつもりに
なって実行できていなかったりします。

 良い本は繰り返し読まないといけませんね。

 これを読んで改めて、日頃から「わたしメッセージ」を
心がけたいと思いました〜。(*´∀`*)ノ


ほのぼの母業のびのび父業

親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方

posted by ヒカリ at 21:30| おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

子供の心のコーチング



 人は、その人なりの気質を持って生まれて来ます。

 たとえば、子供のスピード。

 あなたの子供は、物事に早く反応するタイプですか?

 それとも行動がゆっくりして、物事に反応するのが遅い
タイプですか?

 スピードの早い親が、スピードの早い子供を持てば、あまり
違和感なく過ごせることが多いよう。

 ところが、スピードのゆっくりな子供を持ったら・・・?

 親は子供の遅さにイライラして、「早く、早く」を連発しやすく
なります。

 反対に、スピードの遅い親が、スピードの早い子供を持つと、
どうでしょう?

 親から見ると、何かにつけて子供は落ち着きがなく、いつも
動き回っているように見えます。

 そして子供に「もっと落ち着きなさい」と言うことが
多くなります。

 子供にしたら、それが自然の行動で、わざとしているわけでは
ありません。

 子供が、それぞれ違う気質を持って生まれて来ていることに
気付けば、その子に合った対応ができるようになります。

 そうすると、親は子供に、不必要なストレスを与えずにすみます。

 同時にそれは、親のストレスを減らすことにもなります。

 子供がそういう気質だと理解できれば、むやみな要求を
しなくてすむから。

 うちの場合、リリアンは割といろんなことがスムーズだけど、
ルーカスは何回言ってもしない、ということがよくあります。

 で、私が「あれしなさい、これしなさい」と言うと

「一度にいろいろ言われたらできないから、たくさん言わないで!」

と言われます。(o´Д`)

 ということは、ルーカスは、ゆっくりの人なんですね。

 私はけっこう、さっさとしてしまうけど、ルーカスは時間が
かかるかも。
 
 以来私も、ルーカスに言う時は1つだけ、と気を付けるように
なりました。...φ(・д・。)フムフム


 それから、もう1つ。

 あなたは朝、子供を起こしますか?

 ほとんどの親は、子供を起こしているようです。

 起こさないと遅刻をするから、という親のヘルプは、子供が
自分で起きなくても良い状態を作ります。

 子供が起きないのでなく、親が起こすから子供は起きなくて
良いのです。
 
 うちは、子供は目覚まし時計で自分で起きます。

 たいてい子供の方が早起き。。。(゜ロ゜)

 でもたま〜に、起きて来ない日があって、そう言う時は私が
起こしていました。

 でもこれからは起こさないようにします。

 遅刻して困るのは、子供。

 人は困ったり、嫌な思いをして、どうしたら良いか自分で
考えて行動するようになるのです。

 そうしないと、子供は被害者になってしまいます。

 「遅刻したのは、お母さんのせい」

 大人でも多いですよね?

 いつも誰かのせいにする人。

 親が子供を毎日起こすと、子供の自立はさまたげられます。

 子供が自分でやるべきことを、親が必要以上に世話を焼かない。

 一見当たり前のようだけど、けっこうやっちゃうんですよね。

 子供がこぼしたジュースを拭くのはお母さん。

 子供が脱いだ服を拾って歩くのはお母さん。

 子供が散らかした部屋を片付けるのは、全部お母さん。

 こういうこと、ありませんか?

 知っているつもりでも、忘れてできていない。

 やってるつもりで、やっていない。
 

 この本を読んで、あらためて自分の子育てを見直す、
良い機会になりました〜。(´▽`*)

 
子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)


posted by ヒカリ at 14:00| おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

親ががんばらないほうが子供は伸びる



 子供を伸ばすコツは、ずばり、好きなことや得意なことを伸ばしてやること。

 これは誰でも、頭ではわかっているんです。

 でもこう言うと、多くの親は

「それほど、好きなことや得意なこともないみたいだけど」
と言うそうです。

 あなたの子供の好きなこと、得意なことは何ですか?

 たとえば、わが子が動物のウンコを集めるのが好きで、
得意だったら?

 多くの親は、子供の好きなこと、得意なことの中に、価値を見い出せません。

 これは実際にあったお話です。

 以前、動物のウンコを集めるのが好きで、得意な男の子がいた
そうです。

 そしてその親は、それを伸ばしてやろうと顕微鏡を買ってやり
ました。

 そしてウンコの観察の仕方を教えてやりました。

 その男の子は、毎日動物のウンコを拾って来ては、顕微鏡で
覗いたそうです。

 そして後年、その男の子は有名な細菌学者になりました。

 どうでしょう?

 普通の親だったら、「そんなことはやめなさい」と言って、子供はウンコ集めを諦めていたかもしれませんよね。

 あなたはこの子に、顕微鏡を買ってやれますか?

 ウンコ集めの好きな子に、顕微鏡を買ってやる。

 これが人生の分かれ目なのです。


 じつは、うちの子供たちも、最近ペットのギニーピッグ(モルモット)のウンコ集めをしています。

 庭の肥料にするんだとか。

 ギニーピッグは草や野菜、果物しか食べないので、実際、肥料になります。

 けっこう芝生にも良かったり。

 なので放っていますが。

 なぜか子供たちは、いつも楽しそうにスコップで、プラスチックの容器に集めているんですよ。
 
 子供の好奇心や興味って、どんな所に表れるかわかりません。

 そしてそれがどこで、将来の職業につながるかわかりません。

 親にとって「くだらないこと」が、子供から見たら、大発見
だったり。

 子供の好きなこと、得意なことを伸ばしてあげられる親でありたいですね。。。

 顕微鏡を買うかは、もう少し様子を見ようと思います〜。(*´∀`)

親ががんばらないほうが子どもは伸びる!―子育てでいちばん大事なこと
posted by ヒカリ at 12:37| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

親業 〜子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方〜



 子供が問題を起こした時、まず非難されるのは親。

「いったい、家でどういう教育をしているんだ!」

「躾がなっていない!」

「親の顔が見てみたい!」

 でも、ちょっと待って下さい。

 この本にも書いてありますが、親はしろうとなんです。

 最近は、良い親になるための、親業トレーニングや子育て講座
などの勉強をする人が増えて来ました。

 勉強したり、トレーニングを受けている人は、しろうとではないかもしれません。

 でも

 大部分の親は、良い親になるために、トレーニングを受けて親になったわけではありません。

 みんな迷いながら、わからないまま、手探りで子育てをしているのです。

 それで、何も問題なく子供が育っていれば良いんですが、実際はそうではありません。

 そこで、親に援助の手を差し伸べるためにアメリカで作られたのが、親業訓練。(P.E.T=Parent Effectiveness Training)

 親としての役割を効果的に果たすための訓練です。

 この本は、アメリカで始まった、この親業訓練講座から生まれた
もの。

 ふつう親と言うのは、自分の親、親の親、親の親の親が使って
きたのと同じやり方で、子供を育てているんです。

 従来のやり方だと、子供が中高生になった時、親子間の対立、
子供の反抗は避けられません。

 「誰でも親にはなれる。でもよい親になるのは難しい」。

 良い親になるためには、学ばないといけません。

 親がコミュニケーションの方法を学べば学ぶほど、親子の関係は確実に良くなって行きます。

 親の間違ったやり方のせいで、親子関係が破壊されたり、子供が親と話さなくなるなんて、悲しいと思いませんか?

 実際は本当にこういうことが絶えないのです。

 子供が10代になっても20代になっても、家庭を温かい、居心地の良い所と思ってくれたら嬉しいですよね。

 子供の問題を減らすには、親が学ぶこと。

 すべての親におすすめです。

親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方
posted by ヒカリ at 10:07| Comment(2) | TrackBack(1) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!




 男の子と女の子では、基本的に行動が違います。

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!によると、親が言ったことを
比較的わかってくれるのが女の子、「なんでそんなことをするのか、理由がわからない」ということを平然とやってしまうのが男の子、なんだそう。

 男の子を持つお母さんなら、誰でも経験ありますよね?

 男の子は、自分で経験し、体で覚えない限り、
「その行為がどんな事態を招くか」を理解することができない、という特性があるんだそう。 


 たとえば、幼稚園や公園で遊んでいる時に、人に向かって砂を
蹴ったり投げつけたりする子供。

 オーストラリアにもいます〜。。。

 プレイグループにもいるし、幼稚園にもいるし、小学校にも
います。

 自分の子供がそんなことをしたら、親はすぐにやめさせますよね?

 「そういうことをしたらダメ!」と言ったら、先生や親がそう言っているから、やってはいけないんだ、とわかるのが女の子。

 どうして砂を投げたらダメなのか、自分で経験してみないと
わからないのが男の子。


 男の子は、たとえば誰かに砂を投げて、自分も投げられて、砂が目に入ったり、自分の服の中に入ったりして痛い思いをしたり嫌な思いをして、直接体験して覚えるんです。

 もちろん、そんなことを全然しない子供もいます。
(うちの子供もしませんが)

 でもたとえば、もし男の子同士が砂場でスコップを振り回したりしていたら、本当に危ない状況じゃない限り、飛んで行って止めずに、成り行きを見守る方が良いのだそう。

 小さい時に「喧嘩をしたらダメ」と言われて喧嘩をしたことがないと、大きくなってから、ちょっとしたいざこざで人を殺してしまいかねません。

 小さい時は喧嘩をしても、少しの怪我ですむことがほとんど。

 男の子は乱暴なことをして、痛みや加減を体で覚えるのが大事なんですね。

 自分から人をたたくのはいけないけど、男の子は、たたかれたらたたき返せる強さも必要です。

 お母さんが「人には優しく」「たたいてはダメ!」と言い続けていると、誰かに意地悪をされてたたかれても、たたき返さないかもしれません。

 そして将来守るべき家族ができた時、家族を守れるでしょうか?

 「母親に乱暴はいけない、喧嘩はいけないと言われたから」と、
いつも逃げてしまったら、どうでしょう?

 また階段からの飛び降りごっこなど、少しくらい危ない遊びも、
危ないからと全面禁止にしてしまうと、子供は自分がどのくらい飛べるのかということが学べません。

 こうやったらもっと良く飛べるとか、このくらいの距離だと、足に
どれくらいの衝撃が来るのかとか、自分の能力を判断する力もつきます。


 「危ないからやっちゃダメ」ではなく、喧嘩でも乱暴な行動でも、とことん経験することによって、問題が起きた時に、どう対処すればいいのかがわかるようになるのです。

 女の子は、決められたことをきちんとこなしていく能力に
優れています。

 逆に男の子は、決められた道から外れたがる傾向があります。

 良い例が料理。

 女性はきっちりとレシピ通りに作る人が多いのに対し、男性は
レシピなしに料理してしまう人が多いですよね?

 ちなみにうちの旦那さんも、レシピなしでほとんど何でも
作ります。

 お母さんは、男の子のこういう特性を、型にはめようとする傾向が。。。

 何でも「あれしなさい」「これしなさい」では、子供の能力が
育ちません。

 男の子に限りませんが、子供はたくさん遊ばせ、たくさん
経験させ、好きなことをどんどん伸ばしてあげるのが良いようです。


男の子を伸ばす母親は、ここが違う!

女の子を伸ばす母親は、ここが違う!
posted by ヒカリ at 14:07| Comment(10) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

甘えん坊の子供〜今日から怒らないママになれる本!〜




 子供は親に甘えるのが大好き。

 小さいうちはまだ良いですが、大きくなっても、小学生になっても、いつまでもお母さんべったりの甘えん坊では、困ってしまいますよね?

 子供が甘えん坊で、いつまでも自分でできることも
「お母さん、これやって〜」なんて言ったらどうしますか?

 「もう○歳なのに、こんなことも1人でできないでどうするの?」

 「小学生になったんだから、もうお母さんに甘えるのはやめて!」

 と言いますか?

 今日から怒らないママになれる本!によると、
子供が自立するためには、その前にしっかりと甘えさせてあげることが必要、なんだそう。

 子供を自立させるために、「自立させよう、引き離そう」とするのは逆効果。

 甘えん坊の子供ほど、十分に甘えさせてあげる必要があるのです。

 以前読んだ溢れるまで愛をそそぐの本にも、似たようなことが
書いてありました。

 子供のぐずりは、お母さんが子供をしっかりと抱きしめて、話をよく聞いてあげて、小さな要求に応えてあげることで改善されるそう。

 子供の話をしっかり聞く。

 こんなの当たり前のこと、ですよね?

 でも意外とできていないんです〜。

 子供が何か話しかけてきたら、今やっている手を休めて、子供の目を見てしっかり向き合って聞いていますか?

 子供が「今日ね〜おもしろいことあったんだよ〜」と言ったら、

「あ〜そう!おもしろいことあったんだ〜?」と反復しながら、
子供の話に興味を持って聞いていますか?

 これけっこう、忘れがちなんです・・・!


 実はうちの子供は、とても甘えん坊。(*´Д`*)

 今でも2人とも、抱っこが大好きだし。。。

 甘えん坊の子供は、今たっぷり甘えることが必要。

 そう思って、2人の甘えん坊を、しっかりと受け止めるように
しています。

 ふだん親がしっかりと愛情をそそいで行くことが、子供の自立につながるんですよね。(o´∀`o)ノ


あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て―子どもの心にひびく愛ひびかない愛


今日から怒らないママになれる本!―子育てがハッピーになる魔法のコーチング
posted by ヒカリ at 15:25| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

良い褒め方、悪い褒め方〜子供の話にどんな返事をしてますか?〜




 みなさんはふだん、子供を褒めていますか?

 よく育児書とかで「子供を褒めましょう」とか書いてありますよね?

 でも、良い褒め方と、悪い褒め方があるんです・・・! 
(。・Д・。)エッ

 
 心理療法では、子供に向かって「きみは良い子だ」とか
「すばらしい」と言わないんだそう。

 どうしてかと言うと・・・

 子供の助けにならないから。
 
 子どもの話にどんな返事をしてますか? という本の中で、
良い褒め方と、悪い褒め方について書いてあります。

 褒める対象は、子供の努力や、成果であって、性格や人格ではないんです。

 これ、間違っている人多いと思います〜。

 どういうことかと言うと・・・

 子供が上手に部屋の整理を手伝ってくれたとします。

 終わった後
「一生懸命やってくれたから、部屋が片付いて気持ちが良いわ。
ありがとう」

 と言うのは自然。

 それに対して

 「あなたは良い子ね」

 「すばらしい子供」

 というのは不適切。

 実際子供がやった努力や成果を褒めるのではなく、人格、性格だけを褒めるのは子供にプレッシャーを与え、不安にさせる可能性があるんです。

 いつも「良い子」と言われていると、子供は、「良い子でいよう」
「良い子でいなくちゃ」というプレッシャーがかかります。

 また「もし良い子じゃなかったら、お母さんに嫌われるかな?」と不安になるんです。

 大人だっていつも誰かに「あなたは良い人ですね」「あなたはすばらしい」と言われていたら、ちょっとプレッシャーになりませんか?

 「はい、私は良い人なんです!」と言いますか?

 ふつうは「いや〜、そんなことないですよ〜」と言いたくなるもの。

 子供だってそう。

 子供だって、時には弟や妹に意地悪してみたり、ダメと言われていることをしてみたり、わがままを言ってみたり、言うことを聞かなかったり、良い子じゃないこともあります。

 それなのに親がいつも「良い子」と言っていると、違和感を覚え、本当は良い子じゃないこともしているのにそれを知られたらどうしようと言う気持ちになります。

 犯罪を犯す子供にありがちな、「おとなしくて良い子」は、そういうプレッシャーや不安、混乱、緊張から来る破壊的な行動と見ることができます。

 
 子供を褒めれば、良い子になると信じている人が多いけれど、現実には的外れな褒め方をしていることもあります。

 「良い子ね!」は英語でも「Good boy!」とか「Good girl!」で、よく親が言っているのを聞きます。

 けっこうオーストラリア人は言うんですが、私は最初「良い子?」と違和感を覚えたんです。
  
 でもそのうち聞き慣れて、そんなものか〜と思って私も時々使っていましたが、やっぱり褒め方として間違っているんですね。

 子供だって、自分がやった仕事などを具体的に認めてもらった方が嬉しいし、理解してもらっているという信頼感も湧きます。

 何でも「良い子ね!」じゃ〜、ダメなんです。。。(*´∀`*)

 子供は親に言われた言葉を、後で何度も心の中で繰り返します。

 親は、より具体的な褒め方を心がけましょう♪


子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる
posted by ヒカリ at 10:14| Comment(12) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

あふれるまで愛をそそぐ


 
 みなさんは、子供の小さな要求に応えてあげていますか?

 小さい子供が望むことって、小さなことがほとんど。

 「抱っこ」とか、「絵本読んで」、「これ一緒に遊んで」、「これ、見て見て」・・・etc

 子供は親ができないことは、要求して来ません。

 でも親は、「忙しいから」とか親の都合で、今できることをやって
あげないこと多いもの。

 あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育てという本の中で、

「落ち着きがない、ぐず、乱暴、おねしょ、夜泣き、指しゃぶり・・・
 みんな寂しい子供です。」

 と書いてありました。

 親は愛しているつもりなのに、それが子供に伝わっていない。。。

 
 わかっているようで、親は子供のことがわかっていないものなんですよね〜。( ´△`)=3

 小さい子供の小さな望みにすぐ応えてあげると、子供は心が満たされてその子本来の良さを十分発揮できるようになるんだそう。

 でもその簡単なことをしないで、子供を「困った子供」にしてしまうことが多いんです。。。

 親が忙しい時に限って、子供は「一緒に絵を描いて〜」とか、
「これやって〜」と言って来ますよね。

 でもそこで手を休めて、すぐやってあげる。

 子供が欲している時に、欲していることをしてあげる。。。

 
 子供はちょっとしたことが嬉しいんです。

 絵を描いた時に「これ見て見て〜!」と言うと親がすぐ見てくれて、何か言ってくれる、そんなことが。

 暗くなって、トイレに行くのが心細くなった時に、一緒に来てそばで待っていてくれる、そんなことが。

 子供が「抱っこ〜!」と言ったら、料理していても、手を休めて、
抱っこしてあげる。。。 

 子供はそこに親の愛を感じます。

 何かしてほしい時にいつも「今忙しいから無理!」と言う親に、
子供は愛を感じるでしょうか???

 そういう少しの欲求不満が積み重なって、問題行動になってしまうんですね。。。


 この本、できればもっと早く出会いたかったと思いました。。。

 6歳までの子供を持つすべての親におすすめ。


 愛をそそぐって、ブランドの服を着せることじゃなくて、もっともっと簡単ですぐできること。

 もしかしたら、子供はたくさん我慢しているかもしれません。。。 
 
あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て―子どもの心にひびく愛ひびかない愛
posted by ヒカリ at 20:28| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめ育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする