2016年09月10日

正しい箸の持ち方になるのかな

 子供たちが小さい時に、エジソンのお箸 kidsというのを
買いました。

 しつけ箸とも言いますね。

 友達の子供が使っていて、良いと聞いて早速うちも
使い始めました。



 使い始めた時、リリアンは1年生だったと思うんだけど、
これでスムーズに、普通の箸が使えるように。。。

 ♪ヽ( ´▽)ノ♪ ヤッター

 が・・・

 ルーカスは、なぜか、いまだにうまく使えません。

 ルーカスは使い始めたのが幼稚園の時で、彼は左利き
なので、エジソンのお箸III(左手用) を使いました。

 途中で指を入れる輪が壊れて、使えなくなり、普通の
箸にしたら、やぱりうまく使えず。

 じつは今年の1月に、日本に行った時に、ルーカスが
見つけて、また使いたいと言うので、買ったんですよ。

 小学生にはちょっと小さいけど、正しい持ち方に
なるなら良いかなと思って使っているけど。。。

 今まで何度も、旦那さんが

「もうその箸やめて、普通の箸で練習しなさい」
と言っているのに、ルーカスはこれがお気に入り。

 うちの場合、リリアンには良かったけど、ルーカスには
う〜ん?・・・な感じ。

 子供によるんでしょうかね〜?

 日本に住んでいたら、4年生になって、まだこんなの
使っているなんて恥ずかしいけど

 オーストラリアに住んでいると、周りの友達はみんな
箸が使えないから、うちでこの箸を使うのは全く抵抗なし。

 でも

 そろそろ卒業しないとね。。。 (o´д`o)

エジソンのお箸III(左手用)
 
posted by ヒカリ at 23:42| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

初、クレヨンしんちゃん



 先日、初めて「クレヨンしんちゃん」を見ました。

 私が子供の時は、微妙に世代が違っていて、テレビで
見たことがなかったんです。

 しかもしんちゃんは、教育上良くないとか言われて
いたじゃないですか。

 数年前、日本語学校のお母さんたちも言っていたん
ですよ。

 「子供が、しんちゃんのDVDを見て、家に来たお客さんに
『おっさ〜ん、』とか言うから、笑えない」と。

 たぶん、日本に住んでいる子なら、さすがにお客さんに
『おっさん』はないだろうと、察すると思うんですね。

 でも日本に住んでいない子供だと、何のためらいもなく
しんちゃん風に、『おっさ〜ん』とか言っちゃうんです。

 なので、「こっちに住んでいる子に、しんちゃんは
見せない方が良い」と聞いたことがあったんです。

 そうか〜と思って、うちでは、全然しんちゃんとは無縁の
生活を送っていたんですが。。。

 先日、日本人友達が、DVDをたくさん貸してくれて、
なんと、その中にしんちゃんが2本。

 
「おぉ・・!クレヨンしんちゃん!」

 *゜・:。ワァ(・∀・)オ。・:゜*


 たぶん、女の子で、しんちゃんのマネをする人は
まれだと思うんだけど

 うち、ルーカスはけっこうやばい。

 昔から、絵本やDVDの言葉を真似するし。

 でも、先日私の兄が、子供たちとLINEをしていた時
しんちゃんの言葉と、スタンプを付けてくれたんだけど

 子供たち、わからなかったんです。

 私が説明して、ふ〜んという感じで。

 なので、タイミング的にピッタリ。

 「これがしんちゃんだよ〜」と、試しに見せると。。。

 案の定、ルーカスには大うけ。

 早速「おら、しんのすけ〜」と言ってました。(@´ω`):;*

 で、数日後、子供たちと車に乗っていた時、ルーカスが
ふざけていたので

「バカみたいだからやめなさい」と言ったんです。

 そしたらルーカス

「お母さん、バカみたいなんて、失礼じゃないか〜」と。

 あれ?

 ルーカスらしくないなと思ったら、その後で

「しんちゃんのマネ〜」と言ってました。

 やっぱり?(;´∀`)

 けっこう絶妙だし。

 初めて子供にしんちゃんのDVDを見せた親の感想と
しては

 たまに見るくらいなら、話題が広がっておもしろい
んじゃないかと。

 また1つ、子供たちは日本のアニメを覚えたので、
良かった〜。 (○´▽`)v
  

TVアニメ20周年記念 クレヨンしんちゃん みんなで選ぶ名作エピソード おさわがせ爆笑編 [DVD]

posted by ヒカリ at 12:25| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

ドラえもん のび太と夢幻三剣士




 今年日本に行った時、子供たちがヨドバシカメラで
ドラえもんのDVDを見て、

「自分で買う!」と言いました。

 このドラえもん映画シリーズ、うちに何本かあるんだけど、
まだまだ見ていないのがたくさん。

 ちょうどポイントが貯まっていたので、ポイントと合わせて
2人で2本ずつ好きなのを買いました。

 夏休み中に、ルーカスとこのドラえもん のび太と夢幻三剣士
一緒に見たんだけど、なかなかおもしろかったです。

 映画公開は1994年で、もう20年以上前なんですね?

 「気ままに夢見る機」で、夢の世界に行くのび太。

 伝説の英雄、白銀の剣士、ノビタニヤンとなったのび太は、
ジャイトス、スネミス、シズカールの三剣士と魔法使いドラモンと
妖霊大帝を倒して、夢世界を救います。

 途中、ドラえもんが、「気ままに夢見る機」の秘密の
スイッチを押し、夢の世界と現実が逆転。

 ジャイトスとスネミスが、竜の吐く火に石にされたり、
ノビタニヤンとシズカールが死んだり、ハラハラドキドキ。

 偶然、またすべてが夢に戻りホッとしたと思ったら
また次々といろんなことが。。。

 ルーカスは、ドラえもんのDVDを見た後、

「やい、お母さん」なんて言ったりします。

 「ジャイアンのマネ」だそう。(○´▽`)

 子供たちは、あまり日本のアニメを見ることが
ないんだけど、ドラえもんだけは見てます。

 外国に住んでいる日本人の子供は、普段お母さんとしか
話さないと、言葉使いが女っぽくなりやすいんです。

 女の子なら良いけど、特に男の子はかわいそう。

 たとえば、いたずらっ子にからかわれたら

「うるせい!やめろ!」くらい言える方が安心。

 ところが、家でお母さんとしか話さない男の子は
いたずらっ子に

「やめなさいよ」とか言っちゃったりするものだから

 なおさらおもしろがって、からかわれる、という話を
聞いたことがあります。

 意外と、子供は漫画やアニメから学ぶことって多いかも?

 ちなみに、このDVDのシリーズ、オーストラリアの
DVDプレイヤーでも見れました。

 日本のDVD、うちのプレイヤーでは全部見れるんだけど

 車のDVDプレイヤーでは、なぜか不可。( ̄ロ ̄lll)

 残念!

 私は普段、子供とゆっくりDVDを見ることがないんだけど、
一緒に見て良かったです〜。


映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]

posted by ヒカリ at 15:45| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

ひらがなしりとりあそび





 今まで、子供の字の練習用に、くもんのいろいろな練習帳を
やっているんだけど

 最近ルーカスがやっているのが、ひらがなしりとりあそび

 しりとり好きの子供におすすめ。

 今まで、ひらがなおけいこと、かタカナおけいこ は、何冊か
やっているけど、しりとりの方が、おもしろくて良いと思いました。

 年齢のめやすは、4、5、6歳。

 ひととおり、だいたいひらがなが書ける子供向き。

 まず1〜2ページ目、ひらがなの表をなぞります。

 次に、「あ」と「い」のつく言葉を、ヒントの絵を見ながら
なぞります。

 もしわからなくても、上の方に小さい字で、「あたま」とか
「あさがお」とか書いてあるので、読める子はわかります。

 なので、まず読めることが前提。

 子供に字の練習をさせる時は、まず読めるようになってから。

 「あ」〜「か」まで、3〜4コずつ、言葉をなぞる練習をしたら、
今度は、今まで出てきた言葉の復習。

 絵を見ながら、「うし」、「うみ」、「うさぎ」など書きます。

 それが終わると、今まで出てきた言葉を使って、しりとり。

 「あじさい」→「いえ」→「えき」→「きく」→「くるま」

 最初は、全部なぞり、次のページは言葉の半分なぞり、
半分は空欄。

 しりとりはすべて、練習をした言葉なので、わかりやすいです。

 単に字の練習だと飽きるけど、これだと言葉遊びの感覚で
取り組めるので

 しりとり好きのルーカスにピッタリでした〜。

 書き終わったら、自分で「できたねシート」にシールを
貼ります。

 たかがシールだけど、子供は「できたね!シール」、
けっこう好きなんですよね。

 「できたね!シール」、よく見ると、やった分より
多く貼っていたりするのですが。。。(*´Д`*)

 
ひらがなしりとりあそび (もじ・ことば 6)

posted by ヒカリ at 13:12| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

ディズニー ワンダフル・クリスマス




 これ、去年も紹介したDisney's Family Christmas
似ていますが、どちらもおすすめ。



 どちらも、子供が好きなクリスマスソングですが、収録曲が
ちょっと違います。

 日本でも「ジングルベル」「赤鼻のトナカイ」は人気ですよね?

 英語圏でも、子供たちは大好き。

ディズニー・ワンダフル・クリスマスは、「赤鼻のトナカイ」と
「サンタが街にやってくる」が入っています。

 ジングルベルなど、両方に入っている曲と、どっちかだけにしか
入っていない曲があります。

 うちの子供たちは、赤鼻のトナカイの歌が大好きなので、
それが入っているCDを探していました。

 クリスマスのCDは、選ぶのが意外と難しいんです。

 聖歌隊の伝統的なクリスマス・キャロルから、子供たちが歌う
クリスマスソング、大人が歌う子供のクリスマスソング、大人用
クリスマスソングまで、種類が多いです。

 特に英語版は、よく見ないと、歌詞カードなしとか、音楽だけで
歌なしとか、聖歌隊の重々しいコーラスとかだったりするので、
要注意・・・!
 
 ↑全部持ってます。(≧∀≦) キャハ♪


 このCDは、ディズニーの、ミッキーやミニー、グーフィーなど
キャラクターが歌う歌が多く、アニメを聴いているように楽しめます。

 でも全部じゃなく、後半はわりと落ち着いたクリスマスソング。

 クリスマスのCDは、1枚だけだとクリスマス前までに聴き飽きるので、何枚かあると良いかもしれません。 

 このCDで、特に子供たちに人気のある曲は

・Jingle Bell(ジングルベル)

・Rudolph the Red-Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイ)

・Sleigh Ride (そりすべり)

・Santa Claus Is Coming to Town(サンタが街にやってくる)

・We Wish You a Merry Christmas(クリスマスおめでとう)

・Deck the Hall(お部屋を飾ろう)

・The Twelve Days of Christmas(12日間のクリスマス)

・Silent Night(きよしこの夜)
 

 まだまだありますが、うちの子供たちはこのCDをかけると、
いつも一緒に歌っています。

 去年くらいまでは、歌詞カードを見て歌っていたので、
歌詞カードはボロボロですが

 今年は2人とも、見ないで歌っています。(*´∀`)

 これは、英語歌詞カード付きだけど、日本語訳はなし。

 ファミリークリスマスの方は、英語・日本語両方の
歌詞カード付き。

 英語の歌も、聴いていると口ずさめるようになるので、
歌えると楽しいですよ〜♪


ディズニー・ワンダフル・クリスマス (英語歌詞)

Disney's Family Christmas


posted by ヒカリ at 02:44| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

ドラえもんぬりえ



 先日、ルーカスが家で、「やることがない〜」と。

 「何かやることを見つけなさい」と言うと、しばらくして
持って来たのが、ドラえもん ぬりえ

 うち、日本に行くと、よく本屋さんへ行きます。

 そうするとたいてい、いろいろなぬりえが売ってます。

 オーストラリアには、日本のようにいろいろなキャラクターの
ぬりえがないから

 子供がほしがり、旦那さんが買うというパターン。

 ルーカスはぬりえ プラレールとか、ウルトラヒーロー ぬりえ
とか、けっこう持っています。



 でも、全部ぬっていなくて、どれも中途半端。

 忘れていると思ったけど

 おぉ、覚えていた。。。(゚ω゚ノ)ノ

 リリアンは、わりと雑にぬるけど、ルーカスは小さい時から
はみ出さないようにぬります。

 この3冊のぬりえ、比べると、文章があるのと、ないのが
あります。

 ウルトラヒーローぬりえは、ページごとに、ヒーローと怪獣の
名前のみ。

 プラレールは、ページごとにプラレールの紹介と説明付き。

 ドラえもんは、ページごとにキャラクターの紹介、道具の紹介、
めいろ、短いお話が書いてあり、小さな付録も。

 絵もいろいろあるので、男の子、女の子両方楽しめそう。

 でもプラレールとウルトラヒーローは、同じようなヒーローと
怪獣とプラレールばかりなので

 ずっとぬっていると、飽きるかも?

 で、ルーカスは、ドラえもんぬりえがお気に入り。

 ルーカスはまだ、漫画は字が多くて難しいので、ぬりえが
ちょうど良いみたい。 
 
 これからも、時々ぬりえをしてくれると良いな〜。(*゜▽゜)


ドラえもん ・ぬりえ

posted by ヒカリ at 14:07| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

2年生のかん字(くもんの小学ドリル)



 
 リリアンは4年生だけど

 日本の漢字レベルは、まだ2年生。

 本人は1年生の漢字は、なんとか覚えたつもりで、

 今は2年生の漢字を練習中。

 1年生の漢字練習は、漢字おけいこ―5・6・7歳
やっていました。



 これだと、外国に住んでいる子でも、やりやすいです。

 1年生で習う漢字は80字。

 2年生では倍の、160字。

 3・4年生は200字。

 小学校6年間で、1006字覚えることになっているようです。

 1年生の漢字は、幼児からやる子も多いと見えて、練習帳も
やりやすく工夫されています。

 でもさすがに、2年生の漢字を幼児からやる人は少ないようで

 2年生用は、絵が少なくて、漢字も難しくなりますが

 リリアンが今やっている、2年生のかん字 (くもんの小学ドリル 2)は、けっこうやりやすいみたいです。

 1ページに、3字か4字ずつ練習するようになっていて

 わりと無理なくできます。

 買った時は、難しそうで続くか心配でしたが、

 ここ数カ月、毎週、ちびちびと練習しています。

 子供のペースで、ゆっくり進んで行きます〜。


 2年生のかん字 (くもんの小学ドリル 2)

posted by ヒカリ at 22:53| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

鉄棒くるりんベルト

 
 日本の小学校に、必ずと言っていいほどあるのが鉄棒。

 でもオーストラリアでは、体育の授業で鉄棒はありません。

 こっちの子は、逆上がりができなそう?

 日本では、幼稚園から鉄棒やりますよね?


 こっちの学校は、鉄棒は、あることはあるんだけど

 遊具の一部という感じ。

 大きい遊具の端っこに、ちょっと鉄棒とか。

 しかも、逆上がりの練習には高過ぎたりします。

 公園に行っても、ずらっと並んだ鉄棒は見かけません。

 近くの公園にも、鉄棒はないし。。。

 私は昔、鉄棒が得意だったけど、うちの子供たちは
どうだろう?

 だいたい、ちょうど良い鉄棒自体がありません。

 でも日本だと、逆上がりは、避けて通れないようですね。

 できない子は苦しいみたいです

 が・・・!

 なんと、逆上がりの練習ベルトがあるんです。

鉄棒くるりんベルト

 これは、アマゾンや楽天では売っていない、オリジナル商品。

 これを付けて練習すると、ベルトなしでできるようになるそう。

 すごい〜。(゜ロ゜)オォォーーー!!

 こういうのを見ると、日本人は、いろいろできて感心します。

 日本だと、小学校で逆上がり、縄跳び、跳び箱は基本だけど

 オーストラリアでは、全部やりません。

 子供が鉄棒が苦手で、近所にちょうど良い高さの鉄棒が
ない時は、鉄棒も売っているんですよね。

 でも学校で必須なら、練習しないとね。

 

 これ、うちの子供たちにも、良いかも。 

 こういうのを見ると、オーストラリアの学校でも
鉄棒をやれば良いなと思います。 (´ω`*) ネー


室内・屋外使用可 折りたたみ 鉄棒 子供用 40kgまで 高さ調整OK&組立カンタン
posted by ヒカリ at 14:27| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

くもん漢字おけいこ



 うちでは、学校の休み中、日本語の練習をします。

 もちろん自分から進んで!


 じゃ〜、ありません。

 「え〜〜?漢字の練習?」  Σ(゜ロ゜;)!!

 と、言われます。

 でも休み中は週に数回、DVDを観たり、PCのゲームを
するので、その代わり、日本語の練習。

 うちはDVDやゲーム前に、ピアノの練習と日本語の練習、
というのが決まり。

 休み中はピアノのレッスンがないので、1ヶ月以上弾かないと、
忘れて指が動かなくなります。

 でもこの、DVDとゲーム前の決まりが効果的で

 子供たちは、スムーズにピアノの練習と日本語をするように
なりました。

 リリアンは、漢字おけいこ―5・6・7歳
 
 1年生の漢字の復習。

 本当は2年生の漢字なんだけど、まず1年生の漢字から。

 海外に住んでいる子は、日本のレベルだと難しいことが
多いです。

 でもこれは、とっても簡単なので、楽にできます。

 この、楽にできる、というのがポイント!

 難しいと、子供はすぐにやる気がなくなってしまうんです。。。

 大人から見ると、ちょっと物足りないかな?くらいの量が、
ちょうど良いかも。

 2年生のかん字 (くもんの小学ドリル)になると、いっきに
ドリルになって難しくなります。

 ルーカスはカタカナおけいこ―4・5・6歳

 ルーカスは、だいぶカタカナが読めるようになってきたけど、
書くのはまだまだ。

 じつはひらがなもあやしい。(´Д`;)

 毎晩寝る前に、絵本の読み聞かせをしています。

 小学校に入ると、子供たちにとって、日本語は第2外国語の
感覚になります。

 やっぱり学校で、基本から英語を習うので、英語が母国語として定着します。

 日本語会話はできても、読み書きが難しい。
 
 でもふだんは、学校の宿題があるので、日本語をする
余裕がないし。。。

 そこで休み中に、子供のペースで、コツコツ日本語。

 少しずつやるのが、長く続ける秘訣です。(o´∀`o)


漢字おけいこ―5・6・7歳

カタカナおけいこ―4・5・6歳


posted by ヒカリ at 23:19| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

メリー・クリスマス 〜マライア・キャリー



 超ベタですが。。。

 毎年クリスマスになると聴きたくなる名盤!

 発売は1994年。

 もう19年も前なんです…!

 でも何年たっても色あせない歌声は、さすが。

 特にファンじゃなくても、これはみんな好きだと思います。

 ジャケットのマライア・キャリーも、若いです。(*´∀`*)

 タイトルが、超シンプルの「メリー・クリスマス」

 15年くらい前、オージー友達が貸してくれて、「すごく良い!」と思い、やっと数年前に購入。

 やっぱり、何度聴いても良いです。 (・∀・)イイ!!

 うちでは、子供たちが、子供のクリスマスCDを毎日聴きます。。。
 
 でも、大人のクリスマスソングも聴きたい。。。

 で、これを聴くんですが、子供たちもけっこう好きです。

 他のは好きじゃないけど。(´▽`*;)

 ヒット曲、「恋人たちのクリスマス」は、こっちではクリスマス
近くになると、お店などでよく流れているクリスマスソングの定番。

 日本語と英語の歌詞カード付き。

 これを買うまでは、ファンじゃなっかったけど、別のCDも
欲しくなってしまいました〜。(〃´∀`)・.。

メリー・クリスマス

 
posted by ヒカリ at 10:23| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

ディズニー ファミリークリスマス





 これは、クリスマスソングのCD。

 うちでは毎年、クリスマス前になると、子供たちがクリスマスの
CDを聞きます。

 たまに、クリスマスじゃなくても聞いています。。。(;´▽`)

 やっぱり好きな歌は、歌詞を覚えて歌いたい!

 でも

 セールなどの安い輸入盤だと、歌詞カードが付いていません。

 BGMとして聴くだけなら良いけど。

 うちにあるクリスマスのCDは、歌詞カードなしだったので

 前は歌詞を覚えたいと言う子供のために、インターネットで
歌詞を探して印刷していました。

 でもこれは、日本語と英語の歌詞カード付き!

 ディズニーキャラクターが歌っている歌と、クリスマス
キャロル風の歌、ラップバージョンなど、いろいろ楽しめます。
 
 クリスマスのCDは、全部大人が歌っているものとか、子供と
大人が歌っているものとか、種類が豊富。

 以前セールで、安いからと思って買ったCDで、失敗したことが
ありました。

 メロディーだけで歌なしとか、聖歌隊の重々しい歌だとか。

 ちゃんと、中身を読まないで買う人が悪いんですけど・・・!

 曲名だけ見て買うと、こんなことに。

 思っていたのと違うと、かなりショックです。(;´Д`)ガーン

  
 このCDは、子供が楽しく口ずさんだり、クリスマス気分を
味わうにはピッタリ。

 ほとんどは聴いたことがある歌だけど、知らない曲も少し
混ざっています。

 でも気にならないです。

 4曲目に入っている、Deck the Hallsという歌は、なじみが
あるけど、うちにあるCDにはなかったんです。

 たまたま去年、リリアンが学校で習ったので、このCDで何度も
聴いて歌っていました。

 クリスマスソングは、聴くだけでも良いけど、歌えるともっと
楽しくなります。

 うちの場合、さんざん歌詞カードを見て歌っているので、
カードがボロボロに。。。

 とにかく、よく聴いています〜。 (´▽`*)b
 

ディズニー ファミリー・クリスマス

posted by ヒカリ at 00:24| おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

レゴの収納&遊びマット

 家にレゴがある人はわかると思いますが。。。

 レゴって1度出すと、片付けるのが面倒じゃないですか?

 うちの子供たちは、片付けるのが大の苦手。

 散らかすのは得意中の得意。。。

 レゴは大好きだけど、毎回片付けにひと苦労でした。(o´д`o)

 ある時。

 友達の家に行くと、こういうものを発見。

057.JPG


 何かと言うと

 簡単に片付けられる、レゴの収納&遊びマット。

 これを広げると。。。

056.JPG


 広げた所で遊んで、遊んだら、まとめて紐を引っ張るだけ。

 じつは、友達の家でも、いつもレゴの片付けに苦労していたんだそう。

 すると旦那さんが、こういうのを作れば良いと提案。

 子供の時、旦那さんのお母さんがこういうのを作ってくれ、とても便利だったそうです。

 これはすごい!

 で、早速うちも作りました。

 本当は正方形の方が、ひもをつけた時、バランスが良いです。

 うちはパッチワークの余り布の関係で、ちょっと長方形になって
しまいました。
 
 使わなくなったシーツでも良いかも。

 とにかく。

 これだと、本当に楽。(*^ー゚)b グッジョブ!!

 ちょっとしたアイディアで、片付けの問題が解決するんですね〜。

 親も無駄に怒らなくて良いし。。。

 後片づけを心配しないで、もっとレゴで遊ばせられるように
なりました〜。(´▽`)

posted by ヒカリ at 15:08| Comment(6) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

くもん やさしいカタカナ



 ルーカスは、ひらがなは読めるようになりましたが、カタカナは
まだ。

 読めるのは、自分の名前と、あとは数えるほど。

 子供たちは学校の休み中、一緒にやさしいカタカナ―3・4・5歳 (もじ・ことば (8))をしています。
 
 2人とも、何でも同じものをやりたがるので。。。

 これは3・4・5歳ですが、ルーカスにはピッタリでした。(o´∀`o)

 3〜4歳だと、難しいかも。

 どうしてかというと、カタカナの言葉は、ひらがなと違って性質上、外来語や英語をカタカナにするから。

 3〜4歳だと、聞き慣れないカタカナが出て来るのは仕方ない
ですね。

 リリアンは字の練習用にスラスラできるから、苦にならなくて
良いみたいです。

 ワークブックを選ぶ時の注意点は、

子供が簡単にできるレベルを選ぶこと。


 教育熱心な親ほど、子供のレベルよりちょっと上のレベルを
与える傾向があります。

 でもこれだとつまづきやすく、続かないのです。

 このやさしいカタカナは、いきなりカタカナから始まらず、ひらがなの読みから始まります。

 ルーカスの場合、ひらがなの読みからウォーミングアップし、絵とひらがなとカタカナを経て、徐々にカタカナの書きに移行するのが良かったです。

 これだと急に難しく感じません。

 むしろ読めるひらがなから入るので、「簡単過ぎ!」まで言いながら、やっていました。(*´▽`)

 でもこれが3歳の時だと、無理でした。

 こういうワークブックは、対象年齢が3〜5歳と書いてあったら、
3歳は難しいと思った方が良いです。

 だってカタカナは本来、小学校で習うんですから。
 
 このやさしいカタカナで最初に書く字は、「ノ」と「イ」。

 幼児の場合、これが重要!

 幼児は、ノ、イ、メ、トなど、簡単な字から始めるのがポイント
です。

 ひらがなも同じ。

 今年ルーカスは、現地校で小学1年生。

 日本に住んでいても、早生まれなので1年生です。

 今までは書きの練習はあまりしていなかったけど、今年は
少しずつ、ひらがなとカタカナの書く練習をしようと思います。

やさしいカタカナ―3・4・5歳 (もじ・ことば (8))
posted by ヒカリ at 12:01| Comment(6) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

くもん ぶんのおけいこ


 
 リリアンが、「くもんのひらがなの練習をしたい」と言うので、
ぶんのおけいこ―5・6・7歳 というのを買いました。

 どうして「くもん」なのかというと。。。

 リリアンは以前やったくもんの
ひらがなおけいこ―4・5・6歳が気に入っていたから。

 子供の文字の練習には、無料で印刷できる、
ひらがな練習プリントを使うと便利。

 でもくもんのようなワークブックは、できたねシールや表彰状が
付いているのがポイント。

 ページごとにシールを貼れるので、ただの印刷したワークシートを使う時よりも、子供は楽しくできます。

 大人にしたら、たかがシール。

 でも、子供にはシールがあるのとないのとでは、大きな違い。

 子供は、ページごとに好きなシールを貼るのが大好きなんです。

 そして全部終わると、「1冊できた〜」という達成感があります。

 ぶんのおけいこ―5・6・7歳 は、ひらがなの読み書きができるようになったお子さま用。

 ルーカスにはちょっと早いけど、いつも同じものを欲しがるので、2冊買いました。

 子供が小さい時は、反復練習がカギ。

 でも子供の集中力は、短いですよね?

 1ページにたくさん書いてあると、子供はすぐに飽きてしまい
ます。(;´Д`)

 これだと1ページにちょっとなので、簡単。

 で、サクサク進めます。

 この「簡単」という感覚が、大切。(o・∀・)b゙

 幼児期は、脳細胞の配線作りが、一生のうちでもっとも活発に行われる時期。

 リリアンはもう幼児ではないんですが。

 できるだけ無理なく、楽しく字の練習ができるように、工夫
したいと思います〜。
 
ぶんのおけいこ―5・6・7歳 (もじ・ことば (7))

ひらがなおけいこ―4・5・6歳 (もじ・ことば (5))
posted by ヒカリ at 13:25| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

たのしい英語のうたベスト60



 去年ルーカスが通っていた幼稚園でも、今行っている小学校のPREP(就学準備学年)でも、たくさん歌を習います。

 日本でも幼稚園や保育園では、毎日歌いますよね?

 幼児期は、歌でいろいろなことを学ぶ時期。

 私は小学生の時に、ラジオの基礎英語を聞いていて(笑)、
1番好きだったのが歌のコーナー。(*´∀`)

 子供の歌って、聞いていると楽しくなるんです。

 英語に親しむにはうってつけ。 d(ゝ∀・)

 たとえば曜日。

 基礎英語でも曜日の歌があって、私が曜日を覚えたのは
このおかげ。

 ルーカスも曜日は歌で覚えています。

 でもルーカス。

 木曜日とか金曜日は、歌を歌わないとすぐに出てこないんです
けどね。((´∀`;))

 まぁ、そのうち覚えるでしょう。。。

 ちょっと忘れがちですが、英語には、イギリス英語と
アメリカ英語があります。

 オーストラリアはイギリス英語。

 リリアンが1歳の時に楽しい英語のうたベスト60のCDを買いましたが、これは本当に今でもよく聞いています。

 アメリカ英語が好きな方にはおすすめできませんが。。。

 オーストラリアの子供なら誰でも知っている歌ばかりなので、
子供は大好きです。

 学校で英語を勉強する前に、ふだんから身近に英語を聞いて
親しんでいると、学校に行ってから好きになる確率が高く
なります。

 ちなみに日本語学校のルーカスのクラスでも、毎週歌を
習っています。

 先週ルーカスが

「南の島の人の名前、全部しっているよ」と。

 南の島の人・・・?

 あ。

 わかっちゃいました!

 「南の島のハメハメハ大王」の歌を習ったんです。

 3番。
  ______________________________________
 
南の島に住む人は

 誰でも名前が ハメハメハ

 おぼえやすいが ややこしい

 会う人 会う人 ハメハメハ

 誰でも 誰でも ハメハメハ

 ハメハメハ ハメハメハ

 ハメハメ ハメハメハ

   _____________________________________
   
 そう言えば、リリアン、「ややこしい」って言葉を、この歌から
覚えました。(o・∀・)

 やっぱり子供は、歌から覚えるのが良いですね♪
 
楽しい英語のうたベスト60


posted by ヒカリ at 12:56| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

図形が得意になる遊び

053.JPG


 小学校の学力テストでは、算数の図形問題で、できる子と
できない子の差が非常に大きいんだそう。

 図形が得意な子供の共通点は、だいたいパズル、ブロック、工作、お絵かきなどが好きなこと。

 逆に図形の苦手の子供ほど、ブロック、パズルで遊んでいないということが多いようです。

 また、空き箱などを使った工作も、図形の基礎を作ります。

 ルーカスが通っていた幼稚園では、よく空き箱をのりで組み合わせた工作を持ち帰って来ました。

 けっこう場所を取るので、だましだまし捨てましたが(笑)、上の
写真が唯一残っていたロボット。

 本人がどうしても取っておきたいと言うので、もう少しの所で、ゴミ箱行きをまぬがれました。((´∀`;)) 

 そう言えば、リリアンがPREP(就学準備学年)の時も、やたら
空き箱作品を学校から持ち帰って来ました。

 大人にはただの箱の塊にしか見えなくても、製作者に聞くと、
「お城」だったり、「船」だったり。(・∀・)

 こういう、一見無駄に見える、箱の組み合わせ遊びが、立体図形の基本や、空間認識能力を育てるようです。

 あと折り紙もおすすめ。

 折り紙は平面のものから立体や多面体まで、いろんなものが
作れます。

 私は時々、子供にさいころ型やくすだまなどを作ってあげますが(上の写真)、とても喜びます。

 折り紙だけでなく、ペーパークラフトなど立体になるものは、図形の基本になるようです。
 
 それからおなじみ、レゴピタゴラス プレートNEW たんぐらむなどのパズル、ブロック系のおもちゃ。

 私は小さい時、パズル系、ブロック系のおもちゃはほとんど
遊ばなかったんです。+(σ´д`。)

 当然、学力テストとか、知能テストに出て来る展開図などの
図形問題が苦手でした。

 今でも覚えているんですが。。。

 1つの図形があって、この展開図はどれでしょう?という問題。

 私は試験中に、問題用紙を逆さまにして回したり、首をひねったりしたけど、まったくお手上げで。。。。┐(´〜`)┌

 でも子供の時に、パズルやブロックで遊んでいたら、パッと見ただけでわかるんだそう。

 ここが、できる子と、できない子の違い。(*・д・)b゛


 要は、勉強じゃなくて、小さい時の遊び。

 というわけで、うちではリリアンが3歳の時からピタゴラス プレート
や、レゴで遊ばせています。

 ピタゴラス プレート で遊ぶと、立方体の展開図が自然にわかるようになります。

 今子供が何気に遊んでいることは、大きくなってからの勉強や、得意分野につながっているんです。

 子供の能力を伸ばしてあげるためにも、いろいろな遊びをさせてあげたいですね〜。(o´∀`o)

 
レゴ 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616

ピタゴラス プレート

NEW たんぐらむ

立体パズル

はじめての多面体おりがみ
posted by ヒカリ at 14:50| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

無料知育教材

 先日ルーカスがなぞなぞのすきな女の子 という本を持って来ました。

 これは数年前にリリアンに、なぞなぞを教えたいと思って買ったもの。

 ちょっと字が多いですが、リリアンはすぐなぞなぞ好きに。。。

 ルーカスは今までちょっと難しかったのですが、初めて「読んで〜」と言うので読みました。

 すると今まで興味なかったのに、急に「なぞなぞ出して〜!」と言いました。(゚∀゚)

 それを聞いたリリアンも思い出したように、「なぞなぞ出して〜!」

 それで今日夕食の準備をしながら、3人でなぞなぞ三昧。

 でもだんだん思いつかなくなり。。。

 けっこう、なぞなぞは頭を使います。

 あるものを、言葉で説明するので、言葉や文章能力も養われるし、子供と一緒にいろいろ考えるのはおもしろいです。

 それでおもしろいなぞなぞがないか、インターネットで調べてみると、たくさんあるんですね〜。

 <なぞなぞ>
http://www.nazo2.net/kodomo/

 これでしばらく子供に出してあげられそう。。。(*´∀`*)

 そして

 偶然、無料知育教材ダウンロードも見つけました〜!

 <子育て・ことば育て> 
 http://kotoba.littlestar.jp

 算数の能力を高めるには迷路も良いそうなので、子供に迷路を探していたんです。

 ↑これすごく種類があって、楽しそうですよ。

 幼児から小学生まで、ダウンロードできます♪
posted by ヒカリ at 22:14| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

童謡のすすめ

 子供には絵本の読み聞かせが良いというのはよく知られていますが、童謡を聞かせることも忘れてはいけません。( ´∀`)b

 胎教では童謡だけじゃなく、クラッシック音楽も良いと言われますよね。

 音楽はリズム感を育てるので、英語やスポーツにも通じます。 

 世界で活躍するスポーツ選手は、小さい頃に楽器や音楽に親しんでいることが多いそうです。

 スポーツは、リズム感があると有利。

 また、英語もリズム感♪

 日本語は、あまり抑揚のない平坦な言葉ですが、英語は抑揚があってリズムがあります。

 英語は、音感のある人ほど発音が上手なんですよ。

 そして音感が育つのは幼児期。

 
 ただ、音楽なら何でも良いわけではなく、リラックスできる曲、美しい音楽、やさしい言葉がポイント。


 それゆえに、童謡はまさに子供のための音楽・・・!


 特に海外に住んでいる子供に、童謡は絶対おすすめです。
  
 ルーカスが生まれた時、いとこがうたえほんうたえほん (2)を贈ってくれたのですが、これ、とっても良かったです。

 もらった時は、うちで童謡のCDも聞かせているし、私も毎日子供の昼寝の時に童謡歌っているし、あんまり読まないかな〜なんて思ったんです。

 でもそれはあくまで自分目線。

 子供は違うんですね。

 2人ともこの絵本が大好きでした。

 送ってくれたいとこの子供2人も、大好きだったそう。

 子供は聴くだけじゃなく、自分で本を開いて、自分でも歌ってみたいんです。

 でも1人だったら歌えません。

 小さい子供は字が読めないけど、このうたえほんは、絵が描いてあるので、絵を見ながら歌えるんです。

 これは発見でした。
 
 もらった当時2歳だったリリアンは、生まれたばかりのルーカスに、この絵本を毎日歌ってあげてビックリ。(*´∀`*)

 歌は聴くだけじゃなく、自分で絵本を見ながら歌う楽しさもあるんだということがわかりました。

 それにオーストラリアに住んでいる子供は、七夕や、夕焼け小焼けなど童謡の風景を思い浮かべることはできないんだけど、この絵本を見れば、その風景がわかります。

 またリリアンが3歳の時「お母さんが恋しいよ〜」と言ったんです。

 ふだん「恋しい」なんて使わないのに、どこで覚えたのかな〜?と思ったら、どんぐりころころの「やっぱりお山が恋しいと〜♪」で覚えていたんです。(・∀・)


 そんな感じで、童謡からもたくさん言葉を覚えました〜。

 童謡は、親が歌う、CDで聴く、自分で歌う、絵本を見ながら親子で、あるいはきょうだいで歌う、といろいろ楽しめるんですね〜。


 それから子供を怒った後も、童謡のCDをかけていると、親子で自然に気持ちがほぐれます!(´▽`ノ)ノ

 やっぱり童謡は、大きくなっても子供に覚えていてもらいたいし、日本人の心ですよね。。。


<おすすめCD>
CDツイン み~んなどうよう~大きな古時計~
posted by ヒカリ at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする