2012年04月27日

子供の英語の歌 無料ダウンロード


 子供の英語の歌 無料ダウンロードサイトを見つけました。

  Free ABC Songs.com

子供の英語の歌は、だいたいどこの国も同じです。

 でも国や本によって、若干歌詞やメロディーが違うことも
あります。

 その代表が、ABCのうた。
 

 おなじみ、A,B,C,D,E,F,G〜♪

 これ、曲によって、歌詞が違うな〜と思った人も多いかも
しれません。

 それもそのはず。

 英語を話す国は1つじゃないので、国によって歌もちょっと
変わったりするんです。

 なので、うちでもCDで聴いている歌と、幼稚園や学校で習う歌詞が違うこともあります。

 どれが正しい!ということはありません。

 英語圏は広いので、いろんなバージョンがあるってことです。((´∀`*))

 子供を英語好きにするには、まず身近に英語に触れる環境があること。

 これに尽きます。

 そして親が英語に親しんでいること。

 英語を習うのは早い方が良いと言われます。

 どうしてかと言うと。。。

 小さい方が、発音が悪いとか、間違ったら恥ずかしいとか余計なことを気にしないでどんどん話せるから。
 

 また6歳までは耳が良いので、聞いた音をすぐ真似して発音するのが上手なんです。

 小さい子供ほど、知らない言葉に対する抵抗が少ないのも事実。

 大きくなると、知らない言葉を難しく感じてしまいます。


 それから英語は、耳で聞いて覚える方が先。

 小さい子供が、言葉を身につける方法と同じです。

 まず聞いて、話せるようになりましたよね?

 英語もまず聞く、そして話す、なんです。

 
 オーストラリアのPREP(小学校準備学年)では、たくさん歌を
習います。

 ルーカスは、毎日のように家で習った歌を歌っています。(・∀・)

 Baa Baa Black Sheepとか。

 学校では、Pink Sheepとかいろんな色に変えて、歌っています。

 こうやって色を覚えたら、楽しいですよね。

 男の子は特に、高学年になると、あまり親の前で歌を歌って
くれなくなると思うので、今のうちにたくさん歌ってほしいな〜と
思います。((・´∀`・))

かわいいえいごのうた~小学校に入る前に
 
posted by ヒカリ at 10:50| Comment(6) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

バイリンガル子育て

 オーストラリアに住んでいる日本人の子供は、親がふだんから
気を付けて子供と日本語を使っていないと、簡単に日本語がしゃべれなくなります。

 それは日本語に限らず、他の外国語もそう。

 両親が中国人で、家庭で毎日中国語でしゃべっているのに、
子供が小学校へ上がると、子供の日常会話が英語になってしまった、という話を聞いたことがあります。

 数年前に会った日本人の子供は、当時4歳でしたが、もう日本語がしゃべれませんでした。

 お母さんは日本人、お父さんはオージーの子供でしたが、子供が幼稚園に行くようになると、周りがみんな英語なので自然に英語になったそうです。

 お母さんはいつも日本語でしゃべるので、子供はお母さんが
言っている日本語は理解できるのですが、いつも英語で答えるのだそう。

 「日本語で答えなさい」と言うと、「I can't!」と泣きだしてしまうと言っていました。

 だから「子供をバイリンガルに育てたい!」と思ったら、親の
努力なくして簡単にできるものではありません。


 またバイリンガル、と言ってもいろいろあります。

 一般に、話す、聞く、読む、書くの4技能全部が母国語のレベル、と言う人はとても少ないそうです。 

 バイリンガルの人のほとんどは、話す、聞くは上手だけれど、
読み書きが苦手とか、母国語の人には劣るということも多いのだとか。

 1番大切なのが、親が常に家で日本語を使い続けること。

 そして常に日本語で答えさせること。

 要はこの繰り返し。

 バイリンガル子育てをしているお母さんに聞いたのですが、家庭では一貫してお父さんはいつも英語、お母さんはいつも日本語で会話、ということを徹底すること。

 家族一緒の時は、どちらかの言葉になりますね。

 でもオーストラリアに住んでいたら、いくらお母さんが毎日日本語を使っていても、十分ではありません。

 読む絵本、見るテレビ、DVD、おもちゃ、友達などが全部英語だったら、自然と英語よりになるのは当然。

 なので、うちでは日本語の絵本は欠かせません。

 絵本だと、親子の会話では出て来ないような子供の言い回しや、いろいろな状況がたくさん出て来るので、語彙を増やすのに最適。
 

 たとえば私は「ぼく」なんて使わないし、教えてもいないのに、
ルーカスは1人で絵本で覚え、自分のことを「ぼく」と言います。(いつもではないですが....)
  

これにはびっくり!

 それに絵本から、日本の風習や文化も学べます。

 あと日本語の童謡CD、日本語のDVD、日本のかるた、パズル
など。

 うちの子供たちは、日本語の歌やDVDからも、かなり言葉を覚えていますね。

 あとはお母さんの熱意!

 バイリンガル子育ては、一般に難しいと言われます。

 2ヶ国語を覚えるだけでも大変なのに、話す、聞く、読む、書くを全部習得させようとすると、子供も負担になってしまいます。

 だから無理をしないで、子供を気遣うことも必要。 

 理想は、日本人友達とか日本語学校とか、家以外で日本語に触れる機会があることですね。

 絵本読みは、これからもずっと続けようと思います。




子供オンライン英会話のリップルキッズパーク


 
posted by ヒカリ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

英語絵本の読み聞かせ

 子供は家にあるものに興味を示します。

 お母さんが英語が得意でも得意でなくても、もし子供に英語が好きになってほしいと思っていたら、家にできるだけ多くの英語の絵本を置いておくことをお勧めします。

 たとえお母さんが英語に自信がなくても、子供が赤ちゃんの頃から簡単な英語の絵本をどんどん読んであげて下さい。

 まずは0歳〜1歳用のあまり文章のない絵本から始めると、自信がない方でも大丈夫です。(^-^)

 赤ちゃんから読むことをお勧めする理由は、読み聞かせをする自分の英語力も自然と上達するから。

 子供が2歳〜3歳くらいになって、いろいろなことがわかるようになるまでに、自分の英語のリーディング力も上達します。

 だから子供が小さいうちに始める方が良いのです。

 私もリリアンが0歳の時は、はっきり言って、子供の英語の絵本を読むのはとても下手でした。

 でもオーストラリアに住んでいるし、子供のためにも図書館から簡単な英語の絵本を借りて来て少しずつ読み聞かせをするうちに、だんだんスラスラ読めるようになったのです。

 子供のためと思って始めた読み聞かせは、結果的に自分のリーディング力UPにもなったのですね!

 お陰で子供が3歳くらいになると、少し文章の多い絵本も、楽に読めるようになりました。

 よほど英文を読むのが得意な人でないと、最初から英語の絵本をスラスラと上手に読める人は少ないと思います。

 だって母国語じゃないんですから。

 でもたくさん読み聞かせをするうちに、リーディング力、語彙力も上がり、自信もつきます。

 子供の絵本といっても、決してあなどれません。

 単語をはじめ、英語の絵本から学ぶことは意外と多いんです。
 
 そして気がつくと自分の英語力がつき、親子で英語の絵本が好きになっています♪



Maisy Goes to the Library

Spot Bakes a Cake

Miffy at School


 アルク
お子様の英語のことなら、アルクにおまかせ
posted by ヒカリ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

Elmerから学ぶ英語

 日本人は、英語と言えばアメリカ英語が基本のように感じる方が多いように思います。

 私もオーストラリアに来る前はそうでした。

 映画などはアメリカ英語が多いので、自然にそう感じてしまうのかもしれませんね。

 でも英語は世界中で1番多く話されている言葉。

 どの国の英語が標準、と決めることはむずかしい。

 オーストラリアは、基本的に文法などはイギリス英語に近いですが、でもやっぱりイギリスとも違う、
オージーイングリッシュ。

 子どもの絵本を読んでいても、文章で作者はアメリカ人とか、
イギリス人とか、オーストラリア人とかわかります。

 それはその国で使う言葉が微妙に違うから。

 セサミストリート、ディズニーシリーズ、コロちゃんはアメリカ英語、機関車トマス、メイジー、エルマーはイギリス英語です。

みなさんは、どの国の英語が好きですか?(^0^)

 エルマーは会話が多いので、親子の日常生活でたくさん使えそうですよ。

 
Elmer and Wilbur: Elmer Series

Elmer and Wilbur: Elmer Series

  • 作者: David McKee
  • 出版社/メーカー: Andersen Press
  • 発売日: 2010/06/22
  • メディア: ペーパーバック



 話の中でエルマーが

 "But We're hungry so we're going home for tea"

という場面があります。

 これはお腹が空いたから、お茶に帰るではなくて、晩ごはんに帰るという意味。
 オーストラリアでも、どちらかと言えば年配の方がよく使います。

 "Don't leave me. I'm starving."
(置いて行かないで、お腹がペコペコなんだよ)

"Ha,ha, I was just teasing,"
(はは、冗談だよ)

"Goodnight, elephants. Sweet dreams."
(おやすみ、ぞうさんたち、いい夢みてね)

 日本人なら誰でも知っている、Goodnight。ベッドでおやすみという時は、
その後に"Sweet dreams"がよくセットでつきます。

 みんさんは夜寝る前に、お子さんに「いい夢みてね」と言っていますか?
 英語では決まり文句です。

 ぜひ子どもに言ってあげたい言葉
"Goodnight, Sweet dreams!"

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!
posted by ヒカリ at 16:17| Comment(5) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

Spotから学ぶえいご


Spot Loves His Mum (Spot the Dog)

Spot Loves His Mum (Spot the Dog)

  • 作者: Eric Hill
  • 出版社/メーカー: Warne
  • 発売日: 2008/02/07
  • メディア: ボードブック



 日本では「コロちゃん」で知られている犬、
英語のオリジナルは「Spot」です。

 なるほど、体に茶色のスポットがありますよね。(^_^)

 このシリーズはオーストラリアでも人気で、本屋さんや図書館には必ずたくさん置いてあります。

 小さい子ども向けの絵本は、基本的な英語ばかり。
「It's a lovely sunny morning」

 日本人はlovelyという表現、あまり馴染みがないですよね。こっちではよく使います。

「Have a lovely day!」
「(おいしい時、ほめる時)That's lovely!」など。

 この話は、最後にSpotが、お母さんに絵本を読んでもらい、
「I love you,mum」と言います。

 オーストラリア(欧米)では、普段親子でよくいう「I love you」。
 絵本を読みながら、お子さんと英語で「I love you」を言ってみるのもいいかもしれません。
 
 私はこういうストレートな愛情表現の文化が好きです。

 普段あまりお子さんに、愛情表現をしていない方は、
このような絵本から間接的に、お子さんに愛情を伝えることもできます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 



あなたのお子様も英語ペラペラ リップルキッズパーク
posted by ヒカリ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

子どもの英語の歌

 みなさんは
 子どもの英語の歌を聞いたことがありますか?

 私はオーストラリアに来たばかりのころは
 ほとんど英語の歌が歌えませんでした。(涙)

 聞いたことがある歌はたくさんあったのですが....。

 小さいころに聞いて育っていないので、当然ですよね?

 それでオージー友達の勧めで
 図書館から子どもの歌のCDを借りて来て
 家で子どもとたくさん聞くうちに、歌えるようになりました。

 
 特に子どもの英語の歌は
 歌詞が楽しいし、ノリが良くて、明るい気持ちになります♪

 親が歌詞を覚えて歌うと
 子どもも自然に歌うようになります。


 日本でも子どもの英語の歌のCDがたくさんあるので
 もし聞いたことがない方は、ぜひ聞いてみて下さい。

 お母さんと一緒に英語の歌を聞くうちに
 お子さんもすぐに覚えて
 親子で英語の歌が好きになりますよ!(^0^)

 おすすめCD

楽しい英語のうたベスト60

楽しい英語のうたベスト60

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2000/06/21
  • メディア: CD



 このCDのおすすめポイントは、
大人と子供が一緒に歌っているという所。
全部大人が歌っているCDは、なぜかすぐ飽きてしまうんです。
でも子供たちの歌声なら、もう4年も聞いているのに全然飽きません。
やっぱり子供の歌は子供が歌わなきゃね。
英語の歌詞と日本語訳付きだから、歌詞も覚えられるし、意味もわかる。お得な2枚組。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



posted by ヒカリ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | えいご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

子供のえいご2

 私の日本に住んでいる友達の子供に、私は何度か英語の絵本を送りました。

 友達の子供がまだ1歳くらいの時でしょうか。(4年前かな)

 去年私が日本に帰った時に、友達とその子供に会ったのですが、何と子供は英語好きになっていました!

 小さい時から、身近に英語の絵本があったせいか、子供は英語に興味をもって「習いたい」と言うのだそうです。

 それとかお母さんに「これ英語でなんて言うの?」と聞いたり...。

 単純に英語の絵本喜べば良いなと思って送ったものが、数年後にこうして実を結んでいて、嬉しかった!(^0^)v

 英語はいつ始めればいいかご存じでしたか?

 そう、早ければ、早い方が良いのです。

 でも教え込むのではなく、できるだけ英語に親しむ環境を作ること。

 普段から身近に英語を聞くこと。
 
 「まだ日本語も話せないのに、英語なんて」と思う方もいらっしゃいます。

 でも言語というのは、6歳までに聞かせるのと聞かせないのでは、大きな差ができてしまうのです。

 それは子供の耳と関係があります。

 小さい子供ほど聞きとり能力が高く、覚えるのが早い。

 ただ、忘れるのも早いので、継続しなければすぐ忘れてしまいます!


 だから少しで良いので、英語の環境を作ってあげることはとても大切なんですよね。

 長続きさせるポイントは、親子で楽しむこと。

 楽しければ続けられる!(^0^)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村