2014年05月04日

寒い日もトランポリン

009.JPG


 オーストラリアの5月は、いちおう秋。

 昨日は、今年1番の寒い日でした。

 そして昨日に引き続き、今日も冷たい南風がビュービュー。

 南半球の場合、冬は南極からの南風が寒いです。
 
 クィーンズランド州は、冬でも割と温かいけど

 5月に入ると、急に寒くなりました。

 でも

 やっぱり子供は強い。

 遊び始めると、すぐ半袖。

 特にトランポリンは、体を温めるのに最適なので

 1度温まると、その後夕方まで遊ぶからすごい。

 カメラを向けると、こんなことに。 (≧▽≦)ヒェェ!

005.JPG


 
posted by ヒカリ at 16:30| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

流行りのルームバンド

013.JPG


 女の子達の間で流行っている、ルームバンド。
Loom Bands

 カラフルの小さな輪ゴムで、腕輪とかのアクセサリーを
作るんだけど、お店では売り切れになるほど人気。

 学校の友達も、だいたいみんな持っています。

 こういうシンプルなリストバンドなら、学校でもOK。

 今は休み中なので、子供たちは毎日作っては、
どんどん増えて行きます。

 安い物は、小さな袋入り(300個入り)で、3ドル。

 大きい物で、10ドルとか。



 友達が近くの店に買いに行ったら、売り切れだったそう。

 うちも先日買い物に行った時に、ルームバンドを探すと、
もう少しで売り切れそうでした。

 リリアンは緑が好きなので、自分のお金で緑だけ入った
バケツを購入。

 けっこう細かい作業なので、手先が器用になりそう。

 ビーズのアクセサリーと違って、輪ゴムなので、男の子でも
付けられます。

 ルーカスも一緒に、2人で家族やおばあちゃん用にも
作っています。(*´ー`)

 
Loom Bands

posted by ヒカリ at 10:17| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

友達の家のプール

007.JPG


 子供たちは今、イースターホリデー中。

 暑かった夏も終わり、オーストラリアは秋ですが。。。

 まだまだ、外でプール。(´▽`*)

 友達の家のプールは、温水じゃないので、やっぱり水は冷たい

 ・・・けど、子供たちは寒くても泳ぎます。

 中で泳いでいると、大丈夫らしい。

 でも上がると、やっぱり


 ヒィー((((゚Д゚))))ガタガタブルブル…サムー!


 子供たちは昨日も遊びに来て、泳ぎました。

 子供って、タフ〜。 (*´∪`*)

 
posted by ヒカリ at 23:04| Comment(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

乗馬バンザイ

005.JPG


 先日、向かいの牧場主のおじさんと、話す機会がありました。

 「子供たちが、いつでも馬に乗っても良いと言われた、と
言うんだけど、本当にOK?」と聞くと

 「ボビーを大事にしてくれるなら、OK。」と。

 聞くと、後ろ足がちょっと弱いんだそう。

 子供たちを乗せてくれるのは、元競走馬のサラブレッド、
ボビー。

 なんと、28歳!

 競走馬の寿命は、20〜25歳だそうなので。。。

 それは、大事にしてあげないと!


 で、その後の子供たち。

 乗馬がしたくて、よく牧場へ。

 ある日、友達がボビーを引くためのひもを持って来て、
ボビーを引っ張りました。

 「やさしくね!ボビーはおじいちゃんだから」

 「OK〜♪」 (・∀・)b


 つい、言わずにはいられない母。

 やっぱり男の子は、悪気はなくてもちょっと乱暴なので、
見ていてハラハラします。 (´□` ) ハゥ

 4年生の友達は、ルーカスを喜ばそうと思って、ボビーに
歩かせようとするんだけど、あんまり乗り気じゃないボビー。

 ただでさえ、男の子は元気があり余っているし。。。

 「お手やわらかに、お手やわらかに・・・!」


 ボビーのおやつ、にんじんとパンも持参。

 おやつの取引きで、ゆっくり歩いてくれました。

 その前にも歩いてくれたけど、なんかあげないと悪いような?

 大事にしないと。。。(´∀`;)

 子供たちとボビー、ずっと良い友達になれると良いな〜。

007.JPG


posted by ヒカリ at 12:11| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

いつでも馬に乗っていい!?


013.JPG
 

 じつはうちの向かいは、牧場。

 先日夕方に、洗濯物を取り込んでいたら、向かいの牧場主の
おじさんが、誰かと話している声が聞こえました。

 そのおじさん、やたらと声が大きいので、おじさんの声は
聞こえるけど、相手がわかりません。

 で、牧場を見ると、話しているのは、うちの子供たちと
近所の友達。

 この辺の子供たちは、勝手に牧場の馬に、にんじんを
あげたりします。(*´∀`)アハハ

 もしかしたら、苦情とか言われたりして?

 後で、「家に入りなさ〜い」と呼びに行くと、子供たちが
嬉しそうに走って来て、

子 「牧場のおじさんに、なんて言われたと思う?」

母 「わからない」

子 「これからは、いつでも牧場の馬に乗っても良いって」


 え〜?

 すごい〜! (人´∇`)ァリガトゥ♪


 この牧場、広いので、いつでも馬がこの近くにいるわけじゃ
ないんだけど。

 でもボビーと言う馬は、遠くにいても子供たちが近付くと
来てくれます!

 ボビーは落ち着いた、穏やかな性格のサラブレッド。

 昔は競走馬だったんだそう。

 子供たちが乗ると、動かずに乗せてくれます。

 日頃のにんじんが、効いたのでしょうか!?

 今日も、にんじんを持って行きました。(´▽`*;)

008.JPG


 それにしても、牧場主のおじさん、良い人!

 前から、ルーカスが「馬に乗りたい」と言っていたんですよ。

 そうしたら、願いが叶いました〜。

023.JPG

posted by ヒカリ at 16:45| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

初めてのタブレット

 先日、リリアンは自分のお金で、タブレットを買いました。
 


 同じのは日本では売っていないけど、こんな感じで白の。

 おととしのクリスマスに、任天堂DSを我慢させて
正解でした!

 今ではDS、全く興味なし。(゜Д゜)

 友達が持っていると、影響されるんですよね。

 でも3〜4年生になると、iPadや、タブレット、PCを持っている
子がけっこういます。

 ゲームしかできないDSより、いろいろなゲームはもちろん、
インターネットやカメラも使えるタブレットは魅力。

 でも、本当に欲しかったのは、iPad。

 これは5万円くらいするので、諦めて、お手頃なタブレットに。。。

 タブレットはセールだと、1万円くらいで買えます。 

 オーストラリアの小学校では、1年生からコンピューターの
授業があります。

 1年生の下の、就学準備学年(prep)でも使います。

 幼稚園でも使っていました。

 学校の授業で、Eメールを送ったり、インターネットで調べたり、
いろいろな操作を覚えるので

 子供たちは、私のできないことをいろいろ知っています。

 
 そんなわけで、リリアンは自分だけのコンピューターに大満足。


 だったんだけど。。。


 問題発生。(゚□゚;)

 セキュリティー機能の、パターンを忘れて開けなくなりました。

 このタブレット、パスワードの他に、4ケタのピン番号や、
タッチスクリーンのパターンが決められます。

 そのパターン記号、リリアンは最初単純なものに設定しました。

 そしてその後、もっと複雑なパターンにして、
どこにも書きとめなかったんです。

 そしたら、その複雑なパターンを忘れて

 もう200回以上も、いろいろやってみたけど開かないんだって。

 どれだけ複雑にしたんでしょう?

 200回もやったら、偶然、設定したパターンになりそうだけど

 ならないんですね〜?

 暗証番号やセキュリティーパターンは、必ず書きとめましょう〜!


posted by ヒカリ at 13:34| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

おばあちゃんとトランポリン

010.JPG


 オーストラリアでは定番の、トランポリン。

 物によるけど、これは重さ制限が135キロ。

 なので大人もOK。

 さっそく

 おばあちゃんとトランポリン。(○´▽`)

 おばあちゃんは、去年トランポリンを体験済み。

 3人で手をつなぎ、「転んだらダメゲーム」。


 あまり知られていないけど、トランポリンは、年齢に関係なく
体全体の筋肉を使うスポーツ。

 ダイエット効果はもちろん、ストレス解消、全身の筋力を
鍛えるなど、いろいろな効果があります。

 運動のため、私もよく一緒に跳んでいるけど。。。

 いまだに、オージーの大人が跳んでいるのを見たことは
ありません。。。

 運動量が大きいので、大人は5分くらいで十分。

 子どもは永遠に跳んでいますが。。。(*´ω`*)

 不思議なことに、人はぴょんぴょんジャンプすると、思わず
笑ってしまうんです。 

 ジャンプをすると、脳が

「お、これは楽しいぞ」と感じるよう。

 なので、トランポリンは、自閉症やうつにも効果的。


 もうすぐこのトランポリンが来て3年。
 
 友達が来るとみんなでジャンプ。

 親子でジャンプ。

 祖母と孫でジャンプ。

 もうトランポリンは、なくてはならない存在です〜。(o´∀`o)

posted by ヒカリ at 06:32| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

おじいちゃんと本将棋

hpnNbWyGGIWOIRf1380225884_1380225980.png


 昨日、日本から、おじいちゃんとおばあちゃんが来ました。
(*´∀`*)

 今までは1週間の滞在ばかりだったけど。

 今回は3週間。(・∀・)

 おばあちゃんが定年したので、初の長期滞在です。


 で、チェスが大好きな子供たち。

 すぐに、おじいちゃんとおばあちゃんとチェス対決・・・!


 と、行きたかったんですが。

 何しろ、相手はおじいちゃんとおばあちゃん。

 
 や、やっぱり、無理! ┐(´ー`)┌


 ということで、

 子供たちが、本将棋を習うことに。


 今までは、まわり将棋や、将棋崩し、はさみ将棋だけでしたが。

 チェス好きなら、本将棋も行けるはず。

 将棋はちょっとチェスに似ているけど

 実際は、漢字だし、微妙にコマの動きが違うので、
慣れるまでは難しいです。
 
 でも漢字も覚えるし、頭を使うので、祖父母と孫が遊ぶのに
打ってつけ。(o´∀`o)

 この春休みは、たっぷり将棋が楽しめそう。。。
 
 ちなみにこの将棋盤。

 2年前に日本で買いましたが、うちでは大活躍しています。
 


 半分にたためて、床でもテーブルでも遊べるのが、便利。

 任天堂と言えば、ゲームだけど、この将棋盤も任天堂。

 もちろん駒も任天堂。



 かなり遊んでいるけど、まだまだ新品みたいに丈夫です。
 
任天堂 将棋 折盤

任天堂 将棋駒 優良押

posted by ヒカリ at 05:45| 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

やしきのばけもの

 リリアンはお話を作るのが好きで、よく書いています。

 英語と日本語、両方書きます。

 日本語の話は、「けむしのはなし」「ケーキやさんのかなしい日」「ねずみのぼうけんのはなし(長編)」「やしきのばけもの」
「リリアンのいもうと」など。

 全部おもしろいけど、「やしきのばけもの」が、個人的に好き。
(´▽`)

 こんな感じ。

「あるむらに ふるぼけた やしきがありました。

 なかには おしょうさまと こぞうさんだけ。

 あるよる こぞうがねるところで へんな音がしました。

 たちあがってみると、めが四つみえました。

 あわてて でんきをつけると もうありません。

 また けしました。

 また みえました。

 こぞうが こしをぬかしているところで、おしょうさんがやって
きました。

「お、おしょうさま、ここに ばっばけものがいます。」

 こぞうが ふるえてゆうと たぬきがあらわれました。

「ほう。ばけものか?わしはたぬきだとおもうなぁ。」

 たぬきが するりとにげました。

 おしょうさまがいってから、もうそのばけものは にどとみませんでしたとさ。

 おーーーーしーーまい 」

 これ、子供たちの好きなおばけのはなしがもとになっています。(´▽`*;)

 日本のおばけって、名前通り、化け物なので、たぬき、きつね、
ねこなどが化けている話が多いんです。

 でも子供の読者は、怖いものの正体が、じつはたぬきとかきつねだった、という話は、ほっとするのかもしれません。

 これが本当に死んだ人の亡霊とかだと、もう読めなくなります
よね?
 
 怖がりのリリアンが、「やしきのばけもの」なんか書いたのが、
妙におかしかったです。(*´∀`*)

 
おばけのはなし (1) (寺村輝夫のむかし話)

posted by ヒカリ at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

ペットその他のお墓

021.JPG


 今年の1月に、リリアンのペットの、ブラウニー(モルモット)が
死んで、お墓を作りました。

 以来、半年以上がたちますが、お墓はいつもよく手入れされて
います。

 黄色い花は、お墓に植えたもの。

 そしてその下には、いつも誰かが花を。。。(・∀・)

 じつはリリアン。

 日本に行った時に、2度お墓参りに行っているので、そこで
覚えたんでしょうか?

 「お墓に花をお供えしなさい」なんて、1度も言ったことが
ないのに、気付くと、庭からちぎって来た花。。。

 しかも、けっこうまめに。(*´∇`)

 毎日じゃないけど、花が枯れたら、別の花を置いているよう。

 死んじゃったけど、前のブラウニーのことは今でも大好きで、

「もし願い事が叶うなら、またブラウニーを飼いたい」と。

 ブラウニーの後、別のモルモットが新たにリリアンのペットとしてやって来ましたが、これもかわいがっています。

 でもやっぱり最初のブラウニーは、リリアンにとって、特別だったみたいです。

 死んでからも、ずっとお墓に花を供え続けるとは思いません
でした。

 で、気付いたら、先日。

 庭の一角に、別のお墓を発見。↓

026.JPG


 黒い板に、「Grave(お墓)」と書いています。

 その横に、ねずみの絵。 (´∀`;)

 時々家の周りに、ねずみが出るんですが、たまに死んでいたりします。

 そういうのを見ると、ねずみ好きは放っておけないらしく、
すぐお墓を作って埋葬。

 時々、花。

 本当はリリアン、ねずみも飼いたいんです。

 残念ながら、これは叶わないので、せめてお墓を作って供養?

 動物を愛する気持ち、大切にしてあげたいですが。。。
 
 もう、お墓は増えて欲しくないな〜。(*´Д`*)

posted by ヒカリ at 10:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

七夕の願い事

006.JPG


 うちでは去年、初めて七夕の短冊を書きました。

 過去記事「初めての七夕」

 願い事をする、というのは、子供の方が覚えているんですよね。((*´∀`))

「また短冊を書きたい!」と言うので、今年も書きました!

 去年、うちでは初めての七夕だったものだから。。。

 これでもかと言うくらい、短冊どっさりに願い事を書いていました。(;´▽`)

 で、後から「もしかして・・・願い事の短冊って1枚だっけ?」と
不安になり。。。

 ネットで調べると、特に決まりはないとのこと。

 でもあんまり、あれもこれもより、本当に望むことを少しに
絞った方が良いかと思い、今年は願い事を厳選。(*´ω`) ハイ

 ルーカスは「なりまスように はしるのがはやく」

 右から書かないで、左から右に書いたので、こんなことに。

 スというのは、ふだん、自分の名前をカタカナで書くので、よく
「す」だけカタカナになります。

 リリアンは、短冊を4枚書きました。

 何と!

「いもうとができますように。」

 前からよく言っていたけど、短冊にまで。。。Σ(´□` ) 

 感心したのが、

「かぞくが ゆたかに くらせますように。」

 本当は、自分が豊かに、と思ったけど、家族も豊かになって
ほしいと思ったんだそう。

 (・∀・) ほほぅ

 成長しましたね〜。

 去年は、「じんせい たのしめますように」と書いていたリリアン。

 七夕の短冊を書くのは、子供の心が垣間見れる、すてきな機会でもあるんですね。。。(o´∀`o)

posted by ヒカリ at 10:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

手作り漢字カード

045.JPG


 リリアンは2年生から日本語学校に入ったので、今年1年生の
漢字を覚えました。

 日本語学校は、毎週土曜日の午後だけなので、日本の小学校と同じレベルではありませんが。

 先日、今年1年で習った漢字を数えてみました。

1年生で習う漢字80字中、なんと72字くらい覚えていました!

 オーストラリアは4学期あるので、それを単純に80字を4で割ると、1学期あたり20字。

 そう考えると、難しくないですね。(o゚▽゚)o

 でもふだんが英語なので、日頃漢字に触れていなと、すぐ
忘れます。

 特に漢字は、読み方が多いので、たとえば「生」なんかは、生きると読めても、生まれる、生える、生たまご、先、たん生とかその時々で変わります。

 1学期に習っても、繰り返しやらないと4学期で忘れます。

 日本語学校では、4学期の最後に、1年で習った漢字テストが
ありました。

 リリアンは漢字の勉強は嫌がるけど、小さい頃からくもんの
漢字カードが大好き。

 それで漢字のまとめテストの準備として、手作り漢字カードを
作りました。

 するとこれが大成功。

 もうテストは2週間前に終わったのに、暇さえあれば毎日
手作り漢字カード。(´▽`*;)

 苦労して作った甲斐ありました〜。

 1年生の漢字じゃないけど、漢字カードで覚えている漢字も
ちょっと混ざっています。

 机に向かって漢字の勉強をするのが苦手な子は、カードが
おすすめ。(o=゜▽゜)

 今夏休み中で、毎日しつこく頼まれるので、またカードを増やす
ことに。。。(親は忙しいんですけど) 

 ルーカスはまだカタカナが読めないので、今朝リリアンはルーカス用にカタカナ言葉カードを作ってあげていました。

 これでルーカスも、カードでカタカナをを覚えてくれるかも。。。?

posted by ヒカリ at 09:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

念願の庭キャンプ

004.JPG


 週末、子供たちは庭キャンプをしました。(´▽`)

 以前にも1度したことがあったんだけど、夜テントに入って1時間もしないうちに、

「キャー。なんか変な動物の声が聞こえる〜」

「怖くて眠れな〜い」

と、あっさり挫折。 ┐(´д`)┌

 え?

 早くから懐中電灯や、寝る前に読む本、お気に入りのぬいぐるみなど、あれもこれも持ち込んで、かなり大がかりだったんですけどね〜。

 やっと夜になって、もうワクワクドキドキ大興奮!

 のはずが。。。

 まぁ、気を取り直して、その夜はいつもの部屋で眠りました。
(o´д`o)=3

 でも、やっぱりキャンプは諦められず。。。

 数週間前から、また子供たちは庭キャンプの計画を立てて
いたのでした。

 あいにく大雨だったり、天気がおもわしくなかったりで、2週間ほど延期。

 で、やっと晴れて、キャンプ第2弾決行〜。

 無事2人でキャンプできるか、本人たちにもわかりません。

 「2人で大丈夫?」と聞くとリリアンは

「大丈夫かもしれないし、大丈夫じゃないかもしれない」

 何とも心もとない言葉でしたが。。。

 翌朝。

 なんと、2人は無事テントでお目覚め。

 口々に「楽しかった〜」と喜んでおりました。ヽ( ´¬`)ノ ワ〜イ

 これで喜んでくれるとは、ありがたい。

 キャンプの練習ができて、良かった、良かった。(o゜▽゜)o
posted by ヒカリ at 11:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

ハロウィンの子供ワークシート

 オーストラリアでもこの時期、ハロウィングッズは大人気。

 ハロウィンって、もともと秋の行事ですよね?

 オーストラリアは春なんですけど。。。!(°∇°*)

 やっぱりハロウィン。

 お店にはハロウィンコーナーが設けられ、いろんな仮装グッズやお菓子などが売られています。

 で、昨日何気に見ていたら、ハロウィン・アクティビティー・ブックというのもありました。

 これは何かと言うと、迷路とか点つなぎとか、言葉探しゲームとかぬりえなどを集めた、子供向けの遊び系ワークブック。

 ちょっとしたスケッチブックみたいに大きくて、かぼちゃの形で
厚みもあります。

 うちの子供たち、こういうのが大好き。

 買ってあげたら喜ぶだろうな〜と思ったけど、値段を見たら
5ドル。

 2冊で10ドル。(千円くらいの感覚。)

 簡単なので、たぶんあっと言う間に終わっちゃうだろうし、なんか買うのも無駄のような気が。。。

 で、結局買わずに帰って来たんです。

 すると昨日リリアンが「お母さん、リリアンに宿題を作って。」と。

 夕食前で忙しかったので、「今日はできないけど、明日ね」と
言っておきました。

 それで思い出したのが、お店で見たアクティビティーブック。

 早速インターネットで検索すると、無料ダウンロードサイトが
たくさんありました。

 子供用ワークシート Holloween Printables(英語サイト)

 Halloween for Kids(英語サイト)

 印刷して、2冊の手作りアクテビティー・ブックのできあがり〜♪

 このような英語の、子供用ワークシートサイトは、クリスマスや
ハロウィンなど、行事、季節、テーマに分けて種類が豊富。

 12月は、クリスマス用も作ろうと思います〜。 (゚∀゚)ノ '`ィ
posted by ヒカリ at 13:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

スティッカーブック



 オーストラリアではよく、スティッカーブックという、シールブックが売られています。

 誕生日とかプレゼントにもらうことも多く、うちにもたくさん。。。

 シールを全部貼るとちょっとした絵本や図鑑のようになったり、
シールの他にぬり絵や迷路、クロスワードなどが付いているものもあります。

 しばらくやっていなかったけど、先日リリアンが持って来ると、
すぐルーカスも。

 最近、毎日やっています。

 ルーカスが好きなのはこれ。




 恐竜好きにはおもしろいと思います。(・∀・)

 リリアンがやっているのは、世界の有名な場所の
スティッカーブック。

 エッフェル塔とかタージマハールとか、ピサの斜塔、自由の女神など、世界の有名なものが満載。
 
 ヨーロッパ、中東、東アジア、アフリカと地域ごとにまとまって
います。(日本では売られていませんでした)

 子供の興味ある種類だと、遊びながら学べます。((・´∀`・))

 年齢的には幼児〜低学年向きですが、指先を使うので、特に
幼児にはおすすめ。

 うちでは、やることがない時とか、ちょっとした待ち時間などに
こういうスティッカーブックが役に立ちます〜。
  
Sticker Activity ABC (Early Learning: Sticker Activity)

1000 Stickers
 
Dinosaur Sticker Book
posted by ヒカリ at 10:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

数字ゲーム 数独(Sudoku)

014.JPG


 数独(すうどく・Sudoku)って知っていますか?

 これは数字を使ったパズルゲームの一種で、ナンプレとも
言います。

 正式名称のナンバープレイス(Number Place)を略したもの。

 2005年にイギリスで「Sudoku」としてブームになり、日本でも
2006年頃から専門雑誌が次々と発売され、脳トレとしても人気。

 数独は数字が重なってはいけないという意味の、日本語の造語なんだそう。

 でも一般に「数字は独身に限る」という意味として、認識されて
いるようです。

 じつは、オーストラリアでも「Sudoku」の本が売っています。

 先日もスーパーマーケットの本コーナーで、雑誌と一緒に並んでいて、リリアンが「Sudokuある〜」と言っていました。(・∀・)

 オーストラリアでは誰もが知っているわけじゃないけど、名前くらいは見聞きしたことがある人が多いと思います。

 どんなのかと言うと、こんなの。↓

 数独・無料ゲーム
 
 ルールは簡単。

@ マスの中に、1〜9の数字を入れる。

A 縦、横、3×3のブロックの中に、同じ数字が入っては
いけない。

 これだけ。

 去年、私の父が何を思ったか、子供たちに1冊ずつナンプレの本を送ってくれたんです。

 これは「難問ナンプレ」だったので、子供たちは答えを見ながら
やっていました。(´Д`;)

 半分くらい答えを見て、後は自分で考えるんですが、それでも
けっこう脳を使うんですよ。
 
 ルーカスは左利きなので、文字も数字も、よくかがみ文字を書くんですが。

 数字を書く練習にもなると思って、勝手にやらせていたら、好きになってしまいました〜。

 勉強とは違う、いわゆる数字パズルなので、やるとけっこうはまります。(´▽`*)

 年齢・性別を問わず手軽にできるのもポイント。

 パズルの好きな人には、おすすめです。

ポケット数独 初級篇

posted by ヒカリ at 17:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

ぬりえで学ぶ

 漢字は、学校で習って、宿題に出されて、漢字テストがあると、
必ず苦痛になる子がいます。

 単語のスペルもそう。

 オーストラリアの小学校では、単語のスペルを覚えたら、テストがあります。

 日本と違うのは、単語の数は全員同じではないこと。

 できる子はたくさんの単語。

 子供のレベルに合わせて、数が変わります。

 でもたぶん漢字の練習と同じで、できる子は得意、できない子は苦痛に。。。

 検索したら

 楽しく漢字に親しめる、漢字ぬりえサイトを見つけました。

 ぬりえで漢字を学ぶ幼児教育NET

 本来漢字って、奥が深くておもしろいですよね。

 幼児の時に、こうやってぬりえや遊びから入ると、漢字に興味を持ちそう。

 昨日、リリアンに印刷してあげると、早速やっていました。

 あとおすすめは漢字カード

 うちではかなり使いました。((・´∀`・))

 同じように、英語のプリントサイトもあります。

 子供 英語教材集

 子供が小さい時は、すべての遊びが学び。

 楽しく学べる環境を作ってあげたいですね〜。( ´∀`)

漢字カード 1集


 
posted by ヒカリ at 10:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

ポストの中に・・・!

 ルーカスは家ではいたずらっ子なんですが。

 学校では、ありがたいことに良い子。

 友達に「ルーカス、家ではすごくいたずらで。。。」なんて言うと
びっくりされます。

 いたずらは全部、学校が終わるまで取っておくんです。

 先日。

 学校の帰り道。

 スクールバスから降りた子供たちは、家まで300メートルくらいの道を歩いていました。

 私が途中まで迎えに行くと、リリアンが走って来て

 「ルーカス、悪いことしたよ!」と。
 
 何と。

 道で死んでカラカラに乾いたヒキガエルを拾い、近所の家の
郵便ポストに入れたんだとか。

 オーストラリアには、カエルが多いんです。

 夜、ヒキガエルが電灯に集まる虫を食べに出て来て、車にひかれることも珍しくありません。

 時々、車にひかれてぺしゃんこになったヒキガエルを道路で
見ます。

 昼間は暑いので、カエルはすぐカラカラの日干しに。。。

 で、それをルーカスが拾って、Nさんの家の郵便ポストに!

 何てことを・・・! (lll’□’o) 

 たぶん。
 
 ルーカスは、意図的にやろうと思ったわけじゃないと思うん
ですよ。

 「あ、ヒキガエル死んでる〜。ちょっと拾ってみようかな〜。
あ、でもやっぱり気持ち悪いな〜。どうしようかな?」と思っていると

 リリアンが「ルーカス、何してるの!やめなさい」か、なんか言ったので、すぐ横にあった郵便ポストに「あ、ここに入れちゃえ」と入れたんだと思います。

 3人でNさんの家に謝りに行くと、あいにく留守。

 たまたま近所の仲良しのおじさんと会ったので、
「かくかくしかじかルーカスがアホなことをして。。。」と、ことの顛末を話すと、おじさんは大笑い。

 「ルーカス、もう絶対したらダメだよ」と、しっかり叱ってくれ
ました。

 「Nさんの家に謝りに行こうと思ったら、留守だったんだけど、
何時頃帰るか知ってる?」と聞くと、Nさんと仲の良いおじさんは
「Nさんには言わなくて良い。ぼくから言っておくから」と言ってくれました。

 いや〜ルーカス、何をするかわかりません。(;´Д`)

 お陰さまで、私も少しくらいのことでは驚きません。 

 こうやって親は、子供に強くしてもらっているんですね〜。・:*:(人´∀`*)・:*:
posted by ヒカリ at 12:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

初めての七夕

036.JPG


 2ヶ月くらい前から、リリアンはよく「いつ七夕?」と聞いて
いました。

「七夕の時、短冊に願い事を書きたい」と。

 うちはオーストラリアなので、七夕をしたことがありません。
(・д・`;)

 でも子供は、童謡とか絵本などで見聞きして、何となく知っていたんですよね。

 1番影響を受けた本は、子供たちの好きなおこだでませんように

 おこられてばかりの主人公の男の子が、七夕の短冊に願い事を書きます。

 これ、けっこうじーんとする良いお話なんですが。。。

 何でもやってみたくなるのが、リリアン。

 でも

 竹はどうしよう?

 と思ったら、何と友達の家にちょうど良い竹があって、分けてくれ
ました〜。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 子供達は大喜び。

 前から、短冊に書く願い事を考えていたので、早速お願い!

 私はふだんルーカスに、「良い子にしなさい」なんて
言わないのに、

「いいこになれますように」

 こんなこと思っているんだ〜。(・∀・)

 他には

「おこられませんように」(本のマネ(☆´ω`)
 
「サッカーがじょうずになれますように」(本のマネ)

「ピアノがじょうずになれますように」(本のマネ)

「じてんしゃがじょうずに乗れますように」
 (たまに転ぶから、なんだそう)

「たしざん おぼえられますように」 (リリアンができるから)

 リリアンは

「ピアノがじょうずにひけますように」

「ペットをだいじにできますように」

「ルーカスとなかよくできますように」

「字がじょうずにかけますように」

「べんきょうがもっとできるようになりますように」

「どんなしごともちゃんとできますように」

「じんせい たのしめますように」

 後半の願い事は、ふだん読んでいる伝記の影響が大きいと
思われます。(*´∀`)

 子供に言われて、初めてやった七夕の願い事。。。

 ふだん子供が心に思っていても言わない願い、そういうのを
知ることができて、良かったな〜と思いました。

 オーストラリアでは、天の川がよく見えます。

 北半球とは違う星だけど、明日は七夕様に願いが届くと
良いね〜。♪(o´▽`o)v


おこだでませんように
posted by ヒカリ at 15:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

冬休み中

 オーストラリアでは6月〜8月は冬。

 先週から、QLD州の学校は、2週間の冬休みです。

 なので

 毎日2人の子供たちが家にいて、親は全然PCに向かうことが
できません〜。(・∀・;)

 最近ルーカスは、伝記のライト兄弟が気に入って、寝る前に読み聞かせをしているんです。

 子供はすぐ影響されるので。。。

 子供たちはよくライト兄弟の真似をして、お父さんの道具を持ちだして、勝手に外でいろんなことをしています。(;´Д`)

 この兄弟、すごいんですよね。

 おなじみ、飛行機を発明した兄弟。

 この兄弟は仲良しで、小さい時から2人でいろんな物を直したり、作ったりすることが大好きだったんです。

 弟が5歳、兄が9歳の時、もうすでに

「ぼくたちも大きくなったら、みんながびっくりするような、すごいものつくろうね。」

「うん。ふたりでやろう。」

「きっとだね。やくそくだよ。」
 
 と、決めていたんです。

 ルーカスは、壊すのが仕事。

 まぁ、これは男の子全般に言えるかもしれませんが。。。

 でもこのライト兄弟を読んでいると、2人の子供が、壊れた物を直したり、新しい物を作ることのすばらしさに心惹かれます。

 2人でどんどんすごい物を作り出して、夢に向かって進む姿は、まさに感動。。。

 で、ルーカス、ハンマーを持ち出して、庭の大き目の石を割ったり、いろいろな「仕事(?)」を始めました。…(´д≡; )a゙ ドゥシヨゥ…

 目を離すと、リリアンと一緒に、工具で何か始めるので、ちょっと怖いかも?

 でも

 小さな可能性の芽を摘まないように、大らかに見守ります〜。
(。・´д`・。)

ライト兄弟 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (4))
posted by ヒカリ at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

ハリー・ポッターごっこ




 学校のイースター休暇中、子供たちはハリー・ポッターのDVDを
よく見ていました。

 私はあまりちゃんと見たことがないのですが。。。

 今、子供たちのブーム。(・∀・)

 小学校でも去年ハリー・ポッターと賢者の石を途中まで見たんだそう。

 長いから、学校で全部見るのは難しいですね。

 先日たまたまテレビで、ハリー・ポッターの映画をやっていて、
リリアンが思い出したように見たいと言いだしました。

 うちにハリー・ポッター 第1章~第4章 (4枚組)があったので、
休み中はこのDVDを何度も見ていました〜。

 ただし1日置きに、1話のみ。

 DVDは、毎日見ない決まりなんです。(*´∀`)
 
 話の中で、たくさんの魔法や呪文が出て来ます。

 ハリー・ポッターやその友達が、魔法の杖を使って呪文を唱えるので、リリアンとルーカスは小枝を持って、不思議な呪文を唱えます。
 
 もうすっかり、ハリー・ポッターの世界。。。(o゚∀`o)

 検索すると、ハリーポッターグッズもいろいろあって、光る魔法の杖なんてのがあるんですね〜?

 リリアン、喜びそう。。。( ゚∀゚)

 そんなわけで、うちの庭には、魔法の杖(小枝)があちこちに
落ちています〜。

光る魔法の杖/ハリーポッター死の秘宝

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
posted by ヒカリ at 10:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

やっと男の子用自転車!

012.JPG

 先月のルーカスの誕生日プレゼントは、新しい自転車でした。

 それまで乗っていたのは、リリアンのお下がり。(・∀・)

 でも全然傷んでいないんです。

 かなりきれいな状態。 

過去記事
自転車の練習

 ピンクと水色で、妖精の絵がついているんだけど、ルーカスはよく家の前で乗り回していました。

 もうてっきり、「この子はお下がりの自転車など気にしないんだ」と思いこんでいたんです。(*´◯`ノ)ノ

 ところがある日のこと。

 公園に自転車乗りに連れて行った時。

 ルーカスはこの妖精自転車と、スクーター(キックボード)両方を持って行きました。

 それまで自転車に乗っていたルーカスでしたが、同じ年頃の男の子2人とお母さんが公園に来ると、スクーターに乗り替えました。

 でも彼らがいるのは、公園のずっと向こう。

 自転車の模様などまったく見えない距離。

 なのにルーカス、「あの人たちがいるから、自転車に乗らない」と言うんです。

 母「女の子の自転車だから、恥ずかしいの?」

 ル「うん」

 そうか〜。。。

 今まで口には出さなかったけど、女の子用の自転車は嫌だったのね。

 本当は乗るのは恥ずかしいけど「新しいの買って〜」とか、
「この自転車嫌だ〜」などと言わず、我慢して乗っていたんです。

 知らなかった。。。(o゚∀`o)

 いや〜、えらかったね。

 で、ちょうど良い機会だったので、ルーカスの誕生日プレゼントは、新しい自転車に決まり。

 それまでルーカスは、リリアンの自転車は大き過ぎて、乗ったことがなかったんです。

 ところがお父さんが買ってきたのは、リリアンと同じサイズ・・・!(;゚д゚)アッ....

 6歳〜10歳用?

 見た時は、みんな唖然。。。

 でも

 ルーカスは、男の子用自転車に大喜び。

 ちょっと練習したら、すぐ乗れるように。。。

 そしてルーカス、「もう恥ずかしくない」んだそう。

 4〜5歳でも、けっこう気にするんですね〜。(o´∀`o)

 
posted by ヒカリ at 09:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

手作りスクラブル

002.JPG

 英語圏にはスクラブル(Scrabble)というゲームがあります。

 本格的なゲームは難しいですが、子供用の簡単なスクラブルは、小学校にもあります。

 これは、アルファベットの書かれたコマを並べて、
単語を作るゲーム。

 スペルを覚えたり、読む練習にもなるので、遊びながら単語の
勉強になります。(´∀`)

 で。

 いつものことなんですが。

 リリアンが学校でスクラブルをしておもしろいので、

 「スクラブル作りたい!」と。(;´∀`)

 なので作りました〜。

 これは手作りするなら、かるたのようなカードで良いと思います。

 うちは、どこのサイトか忘れてしまいましたが、インターネットからダウンロードして切り取って、作りました。

 ルーカスは大文字はわかるけど、小文字はまだ全部覚えて
いないので、小文字のカードで。

 <無料子供英語教材サイト>
 http://eigonurie.com/alphabet.html
 
 カードを手書きするのは、けっこう大変なんですよね。。。(´д`)

 絵が付いている方が見た目もきれい。

 しかもアルファベットカードは、各文字最低3枚くらい必要です。

 1枚ずつだと、たとえば「APPLE」だとPが2つなので、
単語が作れません。

 スクラブルの遊び方は、縦や横にアルファベットを並べて、
単語を作ります。

 アルファベットに興味がある子供なら、おもしろいと思います〜。

 ルーカスは家族の名前や、car cat dog starなどが得意。

 私は中学生の時、テストのために英単語をひたすら書いて覚えましたが、小さい時にこんな遊びから覚えたら楽だっただろうな〜と思います。

 小学校にあるのは、名前は違うけど、こんな感じ。
   バナナグラムズ (Bananagrams) (スクラブル)

 朝早く行った子供は、教室のパズルなどで遊べるのですが、
ルーカスは今日の朝、スクラブルで遊んでいました〜。(*´∀`*)
posted by ヒカリ at 11:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

親子でトランポリン

022.JPG

 オーストラリアでは、外にトランポリンのある家が多いです。

 うちでも、去年のクリスマスに買いました。

 日本では子どもに勉強をさせようとしますが、オーストラリアでは子どもに遊ばせようとします。。。

 子どもたちも前から欲しがっていたので、大喜び。


 これは体重制限が、150キロ。

 なので親子で跳べます。((´∀`))

 トランポリンは、ただピョンピョン跳んでいるだけのようで、実は
体全体の筋肉を使う全身運動。
 
 NASAでは宇宙飛行士の身体能力のみならず、頭脳を磨くためにトランポリンを使っているそうです。

 落下するたびに、同じ場所に着地しようと、脳が忙しく働き脳に
刺激を与えるのだとか。

 またトランポリン・ダイエットというのもありますよね。

 5分程度のジャンプで、約1kmのジョギングと同様の、有酸素運動効果があると言われています。

 ジョギングだと固い地面を走るので、関節を痛めることもありますが、トランポリンは膝にもやさしいようです。

 日頃の運動不足解消に最適♪ 

 1度子どもと一緒にトランポリンをしたらわかりますが、トランポリンはストレス解消にもなります。

 しかも子どもは、トランポリンでジャンプをすると、すぐに
笑いだします。(・∀・)

 思いっきりジャンプをするって、楽しいことなんですよね〜。

 しかも運動量は大きいので、短時間でもトランポリンの後はどっと疲れたりします。

 毎日跳んでいたら、体力がつくかも?

 
 文部科学省が行っている、体力・運動能力調査によると、子どもの体力・運動能力は低下傾向が続いているそう。

 現代の子どもの結果を、その親世代の30年前と比べると、
子どもが親の世代を下回っているという結果に。。。

 確かに私たちの子どもの頃の方が、遊び場所が多かったし、
遊ぶ機会も環境もあったかもしれませんね。

 オーストラリアでは、子どもは本当によく遊んでいると思います。

 子どもはいつの時代も、よく学び、よく遊んでほしいですね〜。
(*´∀`*)

鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) トランポリン
 
大型トランポリン 1.83m セーフティネット付 0602
posted by ヒカリ at 14:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

オセロで大敗する練習?

 うちではよく、子供とオセロをします。

 かなりの回数をこなしていますが、やっぱりいつも
負けるのはルーカス。

 一応ルーカスには、いつも角を2個取らせてあげているん
ですけどね。

 でも

 やっぱり負けちゃうんです。(;´Д`)

 私はあまり手加減ができない人で、

 つい普通に対戦→ルーカスが負け→泣く、というパターン。。。

 子供同士で対戦する時も、勝つのはいつもリリアン。

 いつも負けるんだけど、なぜかルーカスはオセロ好き。

 懲りずによく「オセロしよう〜!」。


 で、今日も。(・∀・)


 ふと思い立って、

 「じゃ〜今日は、思いっきり負けてあげるよ〜!」
と言ってみました。

 そしたらルーカスは大喜び。

 思いきって、角を4つ取らせてあげることにしました。

 でも、負けるようにやるのも、難しいんです〜。

 1回戦目、頑張ったらこんな感じ。
 
012.JPG
 
 ルーカスが黒。

 母が白。
 
 もっと大敗する予定でしたが、10個も残ってしまいました。

 でもルーカスは大満足〜♪

 写真を撮ろうとしたら、ふざけてばかり。

 1枚だけ真面目くさって下向き。

 2回戦目、今度も角4つ取らせてあげたんだけど、今回は大敗せず、こんな感じ。


013.JPG

 ルーカスが白。

 母が黒。

 大敗するの、難しいかも。

 もしかしたら、角4つ取らせてあげても勝てたりして。。。

 3回戦も、こんな感じでした。

 ルーカスは私があまり大敗しないので、ちょっと不満。

「お母さん、思いっきり負けるって言ったしょ〜」

「ごめ〜ん。けっこう取っちゃった〜」

 たまには、思いっきり勝たせてあげる日を作ってあげようと
思います。

Best Othello ベストオセロ
posted by ヒカリ at 22:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

手作りかるた

032.JPG

 今日の朝、リリアンと慣用句かるたをしました。

 これは1年前に買いましたが、最初ちょっと難しくて、早過ぎたかな〜と言う感じでした。

 リリアンは難しくても気にしないでやりたがるけど、ルーカスは難しいとやりません。

 今日はルーカスはお父さんと外にいたので、リリアンは私と慣用句かるた

 漢字と言葉に興味がある子供は、おもしろいと思います。

 「夢路をたどる」「手が出ない」「舌が肥える」とか、知らないとちょっと意味がわからない言葉がたくさん。

 絵札も、漢字をひねったおもしろい図柄なので、リリアンは日本のことわざかるたの次に好きなんです。

 もう少し大きくなったら、ルーカスとできるかな〜?

 2人で2回やった後、リリアンが1人で遊んでいましたが、急に

「リリアンもかるたを作りたい!」と。

 この子、何でも自分で作りたがるんです。(;´Д`)

 「リリアンはお話かるたにする」

 と言って、もう紙にかるたの絵を描き始め。。。

 赤いりんごの絵を描いて、

「この読み札は、赤いりんごよりんご」

 おおかみの絵を描いて

「森のおおかみに気をつけて」

 せっかく本人、やる気満々なので、母はかるた作りに協力。

 「自分で字を書くと読み札がきたなくなるから、お母さんが字を書いて」と言うので、書いてあげました。

 うちに日本と世界の名作おはなしかるたがありますが、こんな感じで、自分の好きなお話をかるたにしたかったみたいです。

 絵札はいたって単純。

「らんぷをこするとおおおとこ」は、ランプの絵。

「そらまでのびるまめのつる」は、雲と緑色の長いまめのつる。

「せかいでいちばんうつくしいのはだれ」は、かがみの絵。

「かめをたすけたうらしまたろう」は、かめの絵。

 と、まぁこんな感じ。

 子供が描いたかるたですからね。(´∀`*)

 でも、「あ」〜「を」まで44枚分、お話に合わせて言葉を考えるのは、時間がかかりました!

 すぐできるかな〜と思って午前中に始めたら、途中昼食をはさみ、おやつをはさみ、終わったのは夕方。

 ふだん、かるたが好きでよくやっている子供たちですが、手作りかるたは味があって、思わず絵を見て笑ってしまいます。

 ふつうのかるただと、かるたの絵はきれいに描かれているので、笑ってしまうことはないですよね?

 でも子供の手作りかるたは、単純すぎる微笑ましい絵ばかり。

 いや〜時間がかかったけれど、作って良かったです!



慣用句かるた

日本と世界の名作おはなしかるた

日本のことわざかるた
posted by ヒカリ at 21:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

トトロのパズル

013.JPG


 去年、となりのトトロ のDVDを買ったら、子供たちはとってもおもしろかったようで、以来何度も見ています。

 英語の字幕もあるので、子供たちはオージーの親戚と一緒に見たこともあります。(好評でした)

 で、今リリアンがやっているのは、500ピース となりのトトロ パズル

 できたパズルが崩れないようにマットを出したんだけど、もちろんじゅうたんの上でやっています。。。

 このパズルは日本で買って、お父さんに手伝ってもらって全部完成させてから、また崩して箱に入れて持って来ました。

 500ピースだから、そんなに難しくないかな〜と思ったけど、けっこう難しいんですよね。

 誰かが手伝ってあげないと、無理です。(*´Д`*)

 「お母さんは、難しいところね〜!」と・・・?

 大変だから、お父さんにも手伝ってもらいましょう。((´∀`*))

 今日から始めたんですけど、何日かかるかな〜。

 
posted by ヒカリ at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

「カエルのこども」

 リリアンはお話を書くのが好きなんです。

 家には、数え切れないほどの創作絵本が・・・!

 英語のお話の時もあるし、日本語のお話の時もあります。

 5歳の時はシリーズものが気に入っていて「うさぎちゃんシリーズ」1〜7とか、いろいろありました。(´∀`)

 最近書いたのは「カエルのこども」

 リリアンが絵を書いて、リリアンが言ったお話を、そのまま私が書いてあげました。

 〜ここから〜
 


 「カエルのこども」   作 リリアン


 ある日のこと。

 お母さんカエルが言いました。

「カエルくん、今日の晩ごはんは、おいしい鳥のまるやきだよ。

 だから鳥のまるやきを買いに行って」


 仕方なくカエルくんはいそいで鳥のまるやきを買いに行きました。

 川をわたりました。

 大きな山をのぼりました。

 ようやく肉屋さんにつきました。


 肉屋さんに入った時、まるやきが山のようにうっていました。

 カエルくんは言いました。

 「この肉のまるやきをください」

 そして1ドルをわたしました。


 「お母さん、お母さん、鳥のまるやきでーす。」

 カエルくんはお家にかえって言いました。


 「まぁすばらしい」
 
 とお母さんはほめてくれました。


 お母さんは、

「じゃテーブルでまっていてね」と言って

 晩ごはんのよういをしました。

 そして2人で鳥のまるやきをたべました。


 ねるじかんになりました。

「ああ、おもしろかった」

とカエルくんは言い、2人はぐっすりねむりました。


  おわり


 
 大きくなったら、本人も自分の本を読むのはおもしろいと思うので、大事に取ってあります〜。(*´∀`*)
 
posted by ヒカリ at 06:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

ピアニスト

IMG_1944.JPG

 数週間前、義理母の家に泊りに行った時のこと。

 ピアノがあるので、子供たちは大喜び。

 以前はいつもでたらめに弾くだけでしたが、今は得意の「かえるのうた」と「きらきらぼし」を弾きます。(´∀`)

 弾ける曲があるというのは、嬉しいですね。。。


 このピアノ、アンティークな感じですが、100年くらいたっているんです。

 義理母が6歳の時に、中古で買ったんだそう。

 その時点で、数十年たっていたとか。

 大事に使っているので、調律して十分使えます。

 オーストラリアでは、祖父母から引き継いだ家具が100年以上とか、けっこうあります。

 日本でも良い箪笥とか、親から引き継ぐなんてことがあるかもしれませんね。

 
 で、リリアン、練習しているのかと思ったら、

 違うんです。

 ピアニストになりきり中。

 義理母が、すごくピアノが上手なんですよ。

 この時も弾いてくれたんですが、その後リリアンも披露?

 おばあちゃんみたいに、好きな曲を、流れるような指づかいで弾けるようになりたいね〜。

  
posted by ヒカリ at 05:52| Comment(14) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

かけっこで早く走るために

 子供は、誰でもかけっこが早くなりたいですよね。

 うちの子供たちもそう。

 毎日のように外で走っています。(´ー`)

 でも

 リリアンはちょっと前まで、あまり走るのが早くなかったんです。

 遅くはないけど、早くもない。

 クラスで走ると、いつも早い子がいて、3番か4番。

 遅い時はもっと遅い時も。

 でもビリでもない。

 で、最近急に早くなったんです。


 理由は何と、靴・・・!(・∀・)

 
 去年、リリアンはスニーカーが小さいと言うので、新しいのを買いました。


 私もなんか大きいとは思ったんです。

 でも本人は、これがちょうど良いと主張。。。

 それでかれこれ1年近く、大きいスニーカーを履いていたんです。

 先月たまたまリリアンが、ルーカスにあげた自分のお古スニーカーを履いて走ると。。。

 早いんです!

 実は靴が小さかったのではなく、新しい靴が欲しかった・・・?(;゚д゚)

 (マジックテープのスニーカじゃなく、ひものスニーカーが欲しかったらしい)

 で、大きい靴を履いていたために、靴がちょっと脱げそうになるので早く走れなかったということが発覚。
 (しかもマジックテープの方が楽だとわかったそう)

 そこでまた、足にちゃんと合うマジックテープのスニーカーを買いました。

 数日前、学校で体育の時間に走ると、何と1番!

 本人、大喜び。


 ・・・こんなこともあるんですね〜。┐(´д`)┌

 早く走るためには、子供の靴選びは大切です・・・!  
posted by ヒカリ at 22:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

トランポリンはみんなにおすすめ

069.JPG

 オーストラリアでは、家にトランポリンがある家が多いです。

 庭が広いので、大きいのが主流。

 これは友達の家なんですが、これはちょっと大きい子供用。

 幼児はこれだと危ないので、安全ネット付きの丸いタイプが人気です。

 安全ネットなしのトランポリンは、小さい子供が遊ぶ時に、必ず
大人が見ていないと怪我をすることが多いので注意・・・!

 実際友達の子供も、このトランポリンから落ちて怪我を
しています。。。(´д`;)


 トランポリンはただ跳んでいるだけのように見えますが、
これもスポーツなんです。

 よく言われるのが、5分程度で約1kmジョギングするのと
同様の有酸素運動ができる
こと。

 だから最近は、トランポリンダイエットも人気。

 
 大きいトランポリンをやったことのある人はわかると思いますが、初めて跳んだ時はうまくできないんです。

 うちの子供たちは2年前、幼児ジムでトランポリンをやっていました。

 でもこれ、ただ跳ぶだけで簡単そうなのに、最初は続けて
跳べないんですよね。

 最初は1〜2回で転ぶんです〜。

 でも何度も跳ぶうちに、50回とか100回とか続けて跳べるようになるんですよ。

 それもそのはず、トランポリンは筋力やバランス感覚がないと
うまく跳べません。

 バランス感覚が良くなると、木登りや高い棒登り、自転車の
補助輪なしもすぐに乗れるようになります。

 トランポリンをすると、すぐに自転車が乗れるようになると聞いていましたが、実際うちの子供たちもそうでした〜。(´∀`*)b

 また、トランポリンは運動嫌い克服にも良いそうです!

 かけっこが遅い、跳び箱や鉄棒が苦手、という子供も、
トランポリンは好きなんですよね。

 興味深いことに、自閉症にも効果的なんだとか。

 他者と喜びを共感しない自閉症の子供が、療育にトランポリンを取り入れると、喜んで友達と遊ぶようになったというケースが多いそうです。

 またトランポリンは、年齢を問わずできるのもポイント。
 
 高齢の方は、トランポリンで足踏みをするだけで、
転倒防止の効果があるそうです。


 時間は1回2〜5分が目安。

 毎日1kmのジョギングなんて無理だけど、5分のトランポリンならできそうですよね。

 トランポリンは全身運動。

 子供だけじゃなく、大人のストレスや運動不足解消にも
効果的です。(o^―^o)

 
トランポリン36 ブラック×シルバー IMC-83

ジャンピング トランポリン (子供・大人兼用)
posted by ヒカリ at 11:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

土遊びと想像力

015.JPG

 うちの子供たちはよく、土遊びをするんです。

 今日もしていました。

 旦那が外で庭仕事をする時は、たいていそばで土遊び。

 だから汚れても良い服〜。( ´Д` )

 
 土や砂遊びは、想像力を養うんですね〜。

 子供は大人と違って、遊んでいる時は土を土と思わないんです・・・!

 こぐまちゃんのどろあそび という絵本でも、こぐまちゃんが
おだんごを作って並べるんですが、うちの子供も好きなんです。

 土遊びをすると必ず作っています。

 でも今日は、おだんごじゃないんだそう。

 何だと思いますか?


 何と「子供たち」! ((´∀`*))

 リリアンは学校ごっこが好きなんですが、これは先生と、2列に
並んだ子供たちなんだそう。
 
 先生が先頭で、今その後ろを子供たちが2列になって行進して
いる最中。

 土の塊が子供たちに見えるって、すごいですよね。

 また砂や土遊びは、子供の免疫力も高めます。

 いつもきれいな部屋で遊んでばかりだと、バイ菌に対する抵抗力がつかないんだとか。

 時には、服の汚れは目をつぶって、外で泥んこになって遊ぶことも必要。

 でも毎日はできないですけどね〜。。。

 
 ところでうち、ここ数カ月パセリが豊作。

 去年この家に引っ越す前は、鉢植えで育てていたんですが、
小さく弱く細々としていたんです。

 でも土に植えると、こんなによく育ちました〜。

 毎日頑張って料理に入れているんですが、取っても取っても
こんな感じです〜。
posted by ヒカリ at 21:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

自転車の練習

003.JPG

先日ルーカスの自転車の補助輪を取りました。

 日曜日の午後、勝手に使わせてもらっているショッピングセンターの駐車場で、いざ練習〜!


 ところが「はい、乗ってごら〜〜ん!」と言うと、ルーカスはその場ですぐ乗れました〜。


 リリアンの時は乗れるまで3日かかったんですよ。

 自転車はバランス感覚。

 バランス感覚があると、すぐ乗れるんだそう。

 バランス感覚を良くするためには、トランポリンが良いと聞きます。

 リリアンの時は、あまりトランポリンをさせてあげる機会がなかったのです。。。(´・ε・`)

 でもルーカスの時は、幼児ジムでトランポリンをたくさんしていたし、友達の家でもトランポリンで遊ばせてもらうことが多かったから。

 そのせいかな・・・?


 私が自転車の補助輪を取ったのは、6歳の春でした。

 ちょうど1年生になったばかりでしたが、全然乗れなくてすごく練習したんです。

 でも、もし親がトランポリンをやらせてくれたら楽だったかも・・・?

  
 早速、自転車で競争。 

 ルーカスは自転車が小さく見えますね。。。IMG_1701.JPG

posted by ヒカリ at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

友達の海賊パーティー

002.JPG

 先日リリアンは、学校の友達のお誕生日パーティーに招待されました。

 こっちの子供のお誕生会は、ドレスアップ(コスチューム)パーティーが珍しくありません。

 たとえば女の子だったら妖精パーティーで、みんな妖精とか。

 この日、誕生日の子は男の子。

 なので、海賊パーティー。(。・Д・。)

 招待状には、「良かったら海賊の格好で」と書いてあったけれど、リリアンは持っていないので、フツーの格好。┐(´д`)┌

 でも来ていた男の子はみんな、海賊〜。

 とは言っても、男の子は走り回るので、すぐ暑くてコスチュームは取っちゃうんですけどね。

 みんなちゃんと海賊らしいベストとか、海賊キャプテンの帽子とか、黒い片目のアイマスク(?)とか身につけて、ギザギザナイフを振り回していましたよ〜。

 もちろん宝探しもしていました。 

 宝はチュッパチャプスのアメなんですけど。。。(ノ∀`)


 びっくりしたのは友達のお家。

 裏庭が超広いんです。。。

 聞いたら広さは1エーカー(4047u)。

 全然ぴんと来ないですよね〜? (´゚д゚`)

 ここは田舎というのもあるんですが、オーストラリアのお家は、広い家はとことん広いんです。。。

 早い話、公園・・・!?

 それで庭にはトランポリン、ブランコがあるけど、ちょっと芝刈り大変かも。。。?(笑)

 庭でいろんなゲームをして走り回って、みんな汗びっしょり。

011.JPG

 ケーキはもちろん海賊ケーキ。

 これはWOOLWORTHSというスーパーマーケットで注文できます。

 (他にもバービーやスパイダーマンなどのケーキが、数種類あり)
 
 遊んだ後は、やっぱりケーキ。

 気がついたら、もう海賊いませんね〜。((´∀`*))


☆いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

posted by ヒカリ at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

子供用ブランコ

016.JPG

 時々学校が終わると、リリアンは友達と遊びます。

 今の学校は月〜木曜日はグレーの制服、金曜日はこの黄色と緑の
スポーツ・デー用制服。

 (面倒なので1つにしてほしいんですが・・・。)

 この日も学校が終わると、友達と遊びました。

 
 オーストラリアでは、子供のいる家の庭に、ブランコセット(swing set)があるのをよく見ます。

 あと大きなトランポリン。

 このブランコセットは2年前、サンタクロースが持って来たことになっています。(笑)

 サンタクロースが箱に入ったブランコセット一式を持って来て、組み立てる時間がないからお父さんにお願いして行ったので、お父さんが組み立てたんだよ〜
と言ってあります。(笑)

 「BIG W」という大型店で、4万円くらいだったかな?


 日本の感覚なら、ブランコに4万円?って感じですよね?

 私もそうでした。(笑)

 公園に連れて行けば良いんじゃない???・・・・・と。

 でも旦那は、「長く使えるし、あった方が良い」

 それで買ったのですが、

 買って良かったです。(^0^)v


 すぐ近くに公園があれば別ですが、オーストラリアでは毎日公園に連れて行くのは無理。

 庭にこれがあると、子供は毎日勝手に遊べます。

 年齢制限は9歳までなので、5年遊んだとして4万円を5年(60か月)で割ると、1カ月当たり666円。

 トランポリンだと、もっと年齢制限が高いので、長く使えるかも。

 もちろん危険も伴いますけどね。(^_^;)

 
 この日は友達の弟も来て、みんなで遊びました。

 でもブランコはやっぱりちょっと危ないので、友達が来ている時は見ていないと。

 子供は平気で、こいでいるブランコの前を横切りますから!

 手が滑って、落ちたり。

 高い所に上って「降りられな〜い!助けて〜!」とかw。

 この日も、友達がブランコの上から降りれなくなって、私が救出。

 
 でもうちの子も、最初はよく降りられなくなったんですよ。

 「降りられないなら、もう昇らないで!」

 と言っても昇るんですね〜。

 でもしばらくしたら、ちゃ〜んと降りられる方法を見つけて、いつの間にか降りてます。(笑)

 「あれ!? 降りられるじゃな〜い?」

 みたいな。。。

 
 常に成長しているんだな〜と感心します。

 つり輪とか、買った当初は1番低くしてやっていたのが、段々高くしないとおもしろくないとか、高い所からジャンプできるようになったとか、どんどん新しいことができるようになります。

 友達が来たら、友達と一緒に新しい遊びができますしね。


 しかも野鳥も、慣れて来ると、このブランコのロープによじ登るんです♪(^▽^)

 子供が鳥用に、なわとびを巻き付けて置くと、そのなわとびにもよじ登っています。


 ちなみにこのブランコセット、オーストラリアでは人気で、友達がクリスマス前に探したけど、2年連続で売り切れだったそう。

 今年はクリスマスの半年前から探すと言っていました。(笑)


オリンピアブランコ鉄棒DX


☆いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



トイザらス オンラインストア  
鉄棒ブランコ ポップンロール
posted by ヒカリ at 12:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

メロディオンの練習

 うちにはメロディオンがあります♪

 私が小学校1年生の時から使っているやつ。(笑)

 え!?



 古い?


 いえいえ、大事に使っていたので(笑)、かなりきれい。

 2世代で使えます!(@_@)


 まさか将来自分の子供に使わせるとは思いませんでした。(^0^)

 (物持ち良いんです。。。)


 これ、子供のキーボードの練習にピッタリ。

 でも2〜3歳とか、小さい子供は、息で吹くので、弾いている途中で息が続かないかもしれません。(笑)

 幼稚園でも、メロディオンを使う所がありますよね?

 私は保育園だったので、小学校1年生で初めてメロディオンに触れたのですが、クラスメイトの半分くらいは幼稚園で既に習っていたんです。

 幼稚園の子供は、基本的なドレミファソラシドくらいは、みんなフツーにできて、私は子供ながら自分の遅れを感じました。


 だって私は「ドレミって何?どこ?」というレベルだったから!


 なので自分の子供には、小学校前から鍵盤に親しませたいなと思っていたんです。

 で、数年前実家に帰った時、押入れにメロディオンを発見〜〜!

 こ、これは持って行くしかない!と思って、こっちに持ち込みました♪

 
 そして最近思い出してリリアンに出してあげると、かなり熱心に「きらきらぼし(Twinkle Twinkle)」を練習。

 1日で弾けるようになりました。

 1曲弾けるようになると、次々と弾けるようになり、今は勝手に作曲しています。(笑)

 うちにはちゃんとしたキーボードもあるのですが、小さい子供の練習用にするには、
ちょっと早い感じ。

 上の子がやることは、下の子もやる → だいたいケンカに終わる → キーボードが
傷む。

 このメロディオンなら2代目だし、丈夫で長持ち、ケンカOK。


 以前、もらいものの、おもちゃのキーボードがあったのですが、電池がなくなったり、壊れて一部音が出なくなったり、2つ同時に音が出ないなど、おもちゃならではの難点があるんです。

 でも小さい子供は、おもちゃでも十分楽しめると思いますが。


 その点メロディオンは壊れにくいし、子供の手の大きさにも合うので、練習用に便利。

 もし小学校で使うのなら、小学校前の準備としても最適ですね。

 でも、オーストラリアの小学校では使わないみたいです。。。

 
 リリアンが「ドド、ソソ、ララ ソ ♪」とか言っていると、ルーカスも覚えるんですよね。

 そして「ドレミファソラシドグッド(上向き矢印) ドシラソファミレドバッド(下向き矢印)」と弾いて喜んでいます。


 でもメロディオン、ちょっとうるさいかも。(笑)

 子供たち、旦那がいる時は、「自分の部屋で弾いて!」と言われています。(^_^;)



SUZUKI MX-32Cピンク メロディオン

鍵盤ハーモニカ ブラック P3001-32K/BK

アンパンマン NEW ぴかぴかキーボードだいすき

 
☆いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

posted by ヒカリ at 20:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

友達と遊ばない子供?

 できれば自分の子供は、友達と仲良く遊んで欲しいですよね。

 でも子供は、すぐに友達と仲良く遊ぶとは限らないんです。


 子供には、発達の特徴があります。

1 一人遊び
  他の子供に関心なし
   ↓

2 傍観遊び
  他の子供に関心はあるけど、見ているだけ
   ↓

3 平行遊び
  他の子供の側で同じ遊びをするけど、交流なし
   ↓

4 二人遊び
   ↓

5 三人遊び
   ↓

6 集団遊び
 

 1〜3歳の子供は、平行遊びが主流です。

 4〜5歳で二人遊び、三人遊びに移行しますが、子供によって個人差があります。

 だからもし3歳の子供が、友達と仲良く遊ばなくても、全然心配ないんですよ。

 一人遊びも大事なのです。

 子供によっては2〜3歳でもすぐに友達ができて、仲良く遊ぶ子供もいます。

 そのような子供は、心配ないですよね。


 友達の子供は、4歳までいつも一人で遊んでいたそうです。

 友達と一緒にいても、気付けばいつも一人遊び。

 でも4歳を過ぎてから、いつの間にか他の子供と遊べるようになったんだとか。


 リリアンが3歳の時も、全然他の子供と遊びませんでした。

 友達がいるのに、わざわざ逃げ回ったりして、全然遊ぼうとしないのです。

 だからと言って、友達が嫌いなのかと言ったら、そうじゃないんです。(^_^;)

 むしろ友達のことにすごく関心があるけど、まだ一緒に遊ぶ準備ができていないのです。

 リリアンは、内心友達と一緒に遊びたいのに、いざ友達の前に行くと恥ずかしくなって
「お母さん、お母さん」と私にくっついて来るタイプでした。

 2〜3歳だと言葉もまだ未熟で、言葉よりも先に手が出る状態。

 「貸して」「見せて」「使って良い?」が言えず、勝手に取り上げたり持って行ったりして、ケンカになることも多い時期。

 でも子供は、このような未熟なやり取りから学ぶことも多いのです。

 遊びの輪に入っていないからと言って、他の子供の会話を一切聞いていないかと言ったらその逆で、他の子供が何をして遊んでいるのか、何を言っているのか、実はとても興味があるのです。
(・∀・)


 先日リリアンの6歳のお誕生会でしたが、みんなでゲームをしても、輪に入らない女の子がいたんです。

 クラスメイトなのにどうしてかな?と思ったのですが、そう言えばリリアンも4歳の時そうでした。
((´∀`))

 友達のお誕生会に呼ばれて、みんなでゲームをした時、ちょうどリリアンもまったく同じようにゲームをやりたくないと言っていたんです。

 でもそれは、本当に友達と遊ぶのが嫌なのではなく、知らない子供たちと一緒に遊ぶのが恥ずかしかったり、まだゲームの輪に入って行く心の準備ができていないんです。

 お誕生会では、友達のきょうだいや知らない大きい子供がいたので、慣れない人と遊ぶのは苦手なのかもしれませんね。

 歳に関係なく、知らない人がいたらなかなか一緒に遊べない子供もいます。

 それは大人でも同じですよね?

 大人でも人間関係に悩む人が多いのです。

 子供ならなおさら、できないことがあって当然。

 子供が恥ずかしがり屋の場合、親自身が、小さい頃恥ずかしがり屋だった、ということがよくあるみたいです。



 ちなみに私もそうでした〜♪ (*´ェ`*)


 ちょっと自分を振り返ってみて下さいね・・・。(^-^)

  

 友達と遊ばせるためには、子供がいる所によく連れて行って慣れさせることも大事。

 ずっと家にいては、友達と遊びたくても遊べません。(笑)

 親が焦らずゆっくり見守ると、子供は子供のペースで、友達と遊ぶようになります。


☆いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ






食品から家具、衣類まで。無印良品
posted by ヒカリ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

お下がりの自転車

049.JPG

 先月まで、リリアンはこの小さい自転車に乗っていました。

 3歳のクリスマスに、サンタクロースが持って来たもの。(・∀・)

 今乗っているのが、先月マーケットで買った中古。

 かなり状態が良くて、$35。

 ちょっぴり大きいのが玉に傷....。
  

 ルーカスはそれまで三輪車でしたが、晴れてお下がりの自転車を譲り受けました♪

 外してあった補助輪を付けてもらい、自転車デビュー☆

 男の兄弟ならまだしも、女の子用の自転車なんて
かわいそうって思いますか?

 旦那は、自分の息子が女の子用自転車に乗るのは、
あまり嬉しくないみたいです。(笑)

 でも私が「本人全然気にしていないから心配なし!」と強く主張したので、まぁお金もかからないし、とりあえず今は良いか、と黙認。

 もし本人が、「男の子用自転車が欲しい!」と強く訴えるようなら考えますが、本人は単純に自転車を手にして大満足。

 姉が乗っていたから自分も乗る、というむしろ当然のなりゆき。((´∀`*))

 友達の家で新品の男の子用自転車に乗せてもらったことも
あるのですが、幸いルーカスは自転車の種類は重要じゃないんですね。

 日曜日の午後、定休日のショッピングセンターの駐車場で
各自練習中。

 ルーカスはたいていのお下がりを気にしないので、助かります♪
 
 意外と親孝行....かも?
posted by ヒカリ at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

不用品はおもちゃに

 子供は、大人の使っているものに興味がありますよね。

 携帯電話、鍵、コンピューター、リモコン、カメラ...

 私は壊れたものはさっさと捨てる人。

 でも、物にもよりますが、最近は何でも捨てないで、おもちゃにできるものはおもちゃにすることも多くなりました。

 ただ、うちは子供が2人いるので、1つのおもちゃで喧嘩になることもしばしば。。。

 先日は夫が古いコンピューターのキーボードを捨てる所でしたが、私が「子供にあげれば?」と提案。

 思った通り、子供たちはキーボードに大喜び。

 「喧嘩しない約束」のもとに、順番にカタカタ押して遊んでいました。

 あとフイルム用古いカメラ。

 不用品を整理していると、ちょうどもう使わないカメラが2つ出てきたので、ごみ箱行きから、急きょ子供のおもちゃに回りました。(^-^)

 その他夫の景品でもらった小型懐中電灯とか、壊れたPCのマウスとか。

 壊れているけれど本物なので、おもちゃにはない楽しさがあるみたいです。

 子供が入れるくらいの大きさのダンボール箱も、楽しいおもちゃになります。

 去年うちで洗濯機を買った時、洗濯機の箱が子供の家になり、2週間くらい毎日遊んでいました。

 ボロボロになったら、捨てられるので便利。

 難点は場所を取るので、部屋が狭くなります。(笑)

 引っ越しの時も、家中ダンボールだらけだったので、子供は退屈しませんでした。

 確かに大きな箱があると部屋が狭くなって邪魔ですが、私が子供の時も大きい箱が大好きだったので、遊びたい気持ちがすごくわかるんです。

 大人にとっては不用品でも、子供にとっては宝物になることもあるかもしれません。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村


 
posted by ヒカリ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

1人遊び

 子供には友達がたくさんいて、みんなと仲良く遊べる、というのが理想ですよね。

 一般には3歳くらいから、少しずつ他の友達と遊べるようになりますが、これは個人差もあります。
 
 たとえば1人っ子の場合は、いつも1人で遊ぶのに慣れているので、他の子とおもちゃを一緒に使うのを嫌がって、仲良く遊べないこともあります。

 友達の子は4歳の1人っ子ですが、子供たちが数人で遊ぶといつも、自分の気に入ったおもちゃを1人だけで遊ぼうとするタイプでした。

 そして「自分が遊びたいのに、○○が取る!」と大泣きすることもしばしば。

 でも何度も遊ぶうちに、「Sharing!(分け合う、共有する)」というルールを覚え、数ヵ月後には、自分から「Shariing!」と言ってみんなと仲良く遊べるようになったのです。

 子供は遊びながら、しっかり学んでいるんですね。

  また、きょうだいがいる場合でも、他の友達がいるのに、気がつけばいつも1人で遊んでいる、ということも。

 友達の子は今は5歳ですが、一時期、いつも他の友達がいても1人遊びばかりしていたそうです。

 でも今では、誰とでもすぐその場で友達になれる、元気の良い男の子。
 
 子供によって、1人遊びの時期があるみたいですね。

 親から見たら、どうして他の友達がいるのに遊ばないのかしら、1人ぼっちでかわいそう、と思いがちですが、子供は必ずしも1人遊びが淋しい訳ではありません。

 それから、もともと友達といるのが好きな魂と、1人でいるのが好きな魂があるそうです。

 だから子供が小さい時の1人遊びは、気にしなくて良いかもしれません。 

 ルーカスは恥ずかしがり屋で、友達が遊びに来ても、友達の家に遊びに行っても、あまり一緒に遊びません。

 「みんなと遊んでおいで」と言っても「嫌だ、嫌だ、遊ばない。」と私の所に来たり。

 でも本当は、一緒に遊びたい気持ちはあるみたい。

 誰かがボールを投げてくれたり、「一緒に遊ぼう」と言われると嬉しいらしく、後から「○○と遊んだ」と嬉しそうに言います。

 昨日うちに大人4人(夫婦1組)、子供5人の友達が遊びに来たのですが、うちの子供たちはとても楽しそうでした。

 でもちょっと気になってルーカスに「○○と話した?○○は?」と聞くと「話していない。話していない」

 実はほとんど誰とも話していないのです。(笑)

 でも会話はなくても、一緒にボール投げをしたり、遊びの輪の中にいたので、本人は楽しかったのでしょう。

 子供は大人と違って、個人的な会話は重要じゃないんですね。

 特に会話はなくても、みんなとワイワイ一緒に遊ぶ、兄弟や大きい子について行く、それだけで十分楽しいみたいです。

 もう少し大きくなったら、自分から友達になれるでしょう。

 そのためにも、小さい時から、年下の子、同じ年の子、年上の子と一緒に遊ばせるのは良いこと。

 まだ一緒に遊べなくても、子供は、他の子供が遊んでいるのを見たり聞いたりして学んでいます。

 年上の子供と遊ぶと、自分ができない遊びをするので、学ぶことも多いです。
 
 そして年上の子供に遊んでもらうと、自分も少し大きくなったら、年下の子供にも遊んであげられるようになるでしょう。

 



ピジョン オンラインショッピング
posted by ヒカリ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする