2012年04月22日

英語の読みの練習 2

043.JPG

 小学校の読みの練習で、フォニックスと併せて、もう1つ欠かせないのが、サイトワード(sight words)。

 サイトワードとはsight(視覚)、words(単語)。

 これはよく目にする、英語理解に不可欠な重要単語。

 英語圏の小学校では、読みの練習の前に、これをやります。

 上の写真は、リリアンが1年生の時、学校で習ったサイトワードをもとに、家で作ったもの。

 この子、何でも自分で作りたい人。。。(o´▽`)

 1年生の時、リリアンは細長い色画用紙で作った、サイトワード
カードをもらい、フラッシュカードのように使いました。

 この他、カルタのように並べて取るゲームもします。

 カードにはthe, she, he, is, you, are, I, amなどの
基本単語が書いてあり、毎週4〜5個ずつ習います。
 

 1年生のサイトワード(オーストラリア)
 

 去年ルーカスは幼稚園の時、リリアンにサイトワードゲームを
させられていました。

 でもちょっと難しかったよう。

 今年は学校で、フォニックスと一緒にサイトワードを習い、

「簡単過ぎ!」と。。。?

 これ、よくリリアンが言うんです。 (´▽`*)
 

 私は子供が小学校に行くまで、サイトワードなんて
知りませんでした。

 英語圏の子供たちは、このように読みの練習をするんですね〜。(。・ω・。)


Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!

2012年04月20日

英語の読みの練習

 ルーカスは2学期から、学校で英語の読みの練習が始まり
ました。

 子供たちの学校では、1年生から3年生までの低学年は、ホームリーディング(home reading)という取り組みをしています。

 月曜日から金曜日まで、生徒は自分のレベルに合った練習用の本を、日替わりで家に持ち帰ります。

 生徒は、毎日家で親と一緒に音読。

 読んだらホームリーディング用の本に、親がサインとコメントを
書いて、翌日学校へ持って行きます。

 この取り組み、なかなか良いんです。

 本はA5版くらいの小さく薄い練習用の本ですが、すごく種類が
豊富。

 内容は、科学、動植物、自然、おもしろい話、悲しい話、ふしぎな話などいろいろで、1ページごとに写真や挿絵があります。

 レベルが高くなると、絵が少なく、字もページも増えます。

 レベル1は10ページ程度、1ページ1行。


 ただし英語圏では、まず読む練習の前に、アルファベット(ABC・・・)と一緒にフォニックス(phonics)を習います。
 

 フォニックスとは?(ウィキペディア) 

 日本ではアルファベットは習っても、フォニックスを習わないことが多いですよね?

 これだと、読むのは難しいです。

 オーストラリアでは、PREP(1年生の下の学年)で、アルファベットとフォニックスを習った後、読む練習を始めます。

 自然に英語を身につけるためには、英語圏の教え方と同じに
習う方がスムーズだと思います。


 先日ルーカスは、初めてホームリーディング用の本を持ち帰り
ました。

 レベル1の本はどんなものかというと。。。

 タイトル「DAD」

 表紙にお父さんの写真。

 1ページ Dad is cooking. 
 右ページに、お父さんが料理している写真。

 2ページ Dad is swimming.
 右ページに、お父さんが泳いでいる写真。
 

 3ページ Dad is painting.
 右ページに、お父さんがペンキ塗りをしている写真。

 4ページ Dad is digging.
 右ページに、お父さんが穴を掘っている写真。

 5ページ Dad is running.
 右ページに、お父さんが走っている写真。

 6ページ Dad is sleeping.
 右ページに、お父さんが寝ている写真。

 終わり。

 こんな感じです。(o´∀`o)

 最初ルーカスは、リリアンと一緒に読んだ時、あまり読めなかったそう。

 でも1回リリアンが読んであげたら、もう読めるようになりました。

 レベル1〜2は、1回読んで、絵や写真を見ればわかる内容。

 初級レベルでは、繰り返しの文章がポイントになります。

 何度も出て来る言葉(Dad is 〜 ・・・ing.)があると、あまり読めない子供でもすぐ覚えます。

 そして繰り返しの部分から、すぐに読めるようになって、自信が
つきます。

 ルーカスは読めるのが嬉しくて、お父さんにも得意そうに読んであげました。

 「こんなの簡単〜」と言うので、右ページの写真を隠して読ませましたが、写真を見なくても読めました。Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉ〜

 実は読んでいるんじゃなくて、写真を見て言っているだけかと
思っていた。。。 

 私は中高生の時、英語の長文読解が苦痛だったんです。

 低学年でこのレベル1から、少しずつレベルアップして読む練習をしたら、中高生の長文読解も楽なんだろうな〜と思いました。

 お子さんが小学生の方は、今からでも遅くないと思いますよ〜。
d(ゝ∀・)


書いて覚える楽しいフォニックス ([CD+テキスト])

バナナじゃなくてbananaチャンツ(CD付)

2012年01月23日

ルーカス学校へ行く

034.JPG

 オーストラリアの長い夏休みが終わり、今日から新学期。

 そしてルーカスは学校へ…!ヾ(´・∀・)ノ

 
 と言っても

 1年生じゃ〜ありません。

 クィーンズランド州では、1年生の下にPREPという就学準備学年があります。

 生まれ月によって違いますが、ルーカスは4歳で入学。

 今年の6月末までに、5歳になる子供が対象です。
 
 オーストラリアでは、イギリス系なので公立でも
小学校から制服。

 でもすごくカジュアルです。

 女の子の制服は、ドレスとポロシャツ、どちらでもOK。

 靴や靴下、バッグは自由です。

 PREPは1年生ではないので、勉強はしないけど、簡単な
読み書きや数、歌、図画工作といったことをやります。

 でも時間帯はふつうの小学生と同じ。

 月〜金まで、朝は他の学年と同じように登校し、3時に下校。

 (学校によって、ちょっと変わります)

 日本のように、午前授業とかないです。

 その他、毎週の全校朝会、毎週図書館で図書館の先生の授業。

 コンピュータールームでコンピューターの授業、音楽室で音楽の先生の授業、体育は体育の先生の授業、そしてスポーツなどの学校行事などがあって、子供は慣れるまでかなりハードかも
しれません。

 この学年は遊びを中心に、集団生活を通して、学校生活は
楽しい!ということを教えます。

 いきなり1年生から入学して、勉強が始まるよりも、準備学年で
学校生活に十分慣れてから1年生で勉強を始めた方が、子供の
負担が少ないかもしれません。

 でも

 入学式はないですけどね。。。((´∀`*))

 今日も、ふつうに学校へ行って、PREPの教室の前に
張り出された名前を確認して、教室に入り、持って行った文房具類の整理や、用意してあった名札を付けたり、必要なものを揃えて
いると。。。

 時間になって、担任の先生が

「はい、ではみなさんこれから始めま〜す。お父さんお母さんは、後で迎えに来て下さい。さようなら〜」

 言われた親は「じゃ、もう行くから。楽しく過ごしてね」とか言って、わが子をぎゅっと抱きしめると、足早に退散。

 1年生入学時も、こんな感じです。

 全校生徒がホールに集って校歌斉唱もないし、ありがたい
校長先生のお話もありません。(;´∀`)

 あ、ちなみに、オーストラリアでは校歌はなくて、全校朝会では
オーストラリア国歌を歌います。

 ふつうに始まるのがオーストラリア風。

 特別なことはしないったら、しないんです。


 今日は朝出かける前に、2人の記念写真〜。

 ルーカスはふざけてばかりで、全然ふつうに笑ってくれず、
これが唯一まともな1枚。

 リリアンは以前から下の歯が2本抜けているのに加え、
立て続けに上の前歯が2本抜けて、すっかり歯のない
おばあちゃん風。

 喋る時、ふにゃふにゃしています。 (・∀・)

 というわけで、今日2人とも元気に学校へ行きました〜。

2010年09月09日

オーストラリアの小学校 PREP Year

 オーストラリアでは、州によって学校制度が違います。

 だから小学校入学と言っても、州によってまちまち。

 私の住んでいるクィーンズランドでは、小学校は1年生(YEAR1)から7年生(YEAR7)まで。

 そして1年生の下にPREP YEARという学年があります。

 これは小学校に併設されている、小学校準備学年。

 PREPは州によってプリスクールとか、キンディーとか、呼び方も変わります。

 オーストラリアでは、7月1日生まれ〜翌年6月30日生まれが同学年。

 PREP入学は、4歳半〜5歳半が対象となります。

 だからクィーンズランドの小学校は、PREPからYEAR7まで、8学年あります。

 PREPは小学校準備学年なので、勉強はしませんが、アルファベットやフォニックスなどの基本的な英語、数、音楽、体育、コンピューター、図書館、図画工作、お菓子作りなどに加え、毎週の全校朝会やスポーツイベント、遠足、学校行事など、ふつうの小学生なみのカリキュラムで、幼稚園以上にしっかりとした教育内容。

 日本のように、午前授業というものはなく、PREPも全学年同様に、朝8時45分くらいから(学校によって違います)3時まで、週5日びっしりあります。

 またオーストラリアの小学校では、必ずといって良いほど制服です。

 逆に幼稚園は、私服が多いです。 

 授業では、まだ読み書きはしませんが、できる子は助手の先生が個別に見てくれたり、できる子を伸ばすように考慮しているようです。

 PREPでは教科書類はなく、指定のノートやスクラップブックを買い、学校で保管。

 PREPの同じクラスのお母さんと話す機会があると、私はよく「子供は楽しく学校に通っている?」と聞くのですが、聞いた人みんな「楽しく通っている」と言いますね。

 実際うちの子も、楽しく通っています。(^0^)

 最初に学校は楽しい所、というイメージを焚きつける(?)意味でも、難しい勉強のないPREP制度はとても良いと思います。

2010年08月14日

prepのコアラ

005.JPG

 昨日リリアンが学校からコアラを連れて来ました。

 名前はKim。

 Kimは、毎日順番に生徒の家に連れて帰る、クラスのコアラ。

 Kimを連れて帰った人は、Kim's Bookも一緒に持ち帰り、
その日Kimと一緒に何をして過ごしたかをノートに書き、次の日また学校へ連れて行く、というもの。

 もちろんまだ5歳の子供は、字や文章が正しく書けないので、
最初は子供が各自好きなように絵や文字を書いて、親が実際子供が書きたいことを書いてあげます。

 たとえば「一緒に買い物に行きました」「Kimと外でトランポリンをして遊びました」「アフタヌーンティーの後、Kimと映画『Karate Kid (邦題ベストキッド)』を観ました」「外でサッカーをして遊びました」「友達とみんなで誕生日ケーキを食べました」など、それぞれの過ごし方が書かれています。

 もちろんprepではまだ字を書く練習はしていません。

 今はアルファベットを習ってはいるけれど、
書く練習は1年生から。

 このKimコアラの目的は、Kimと家で過ごすことで、
字が書けても書けなくても、自分の書きたいことを自由に書く練習なのだそう。

 ただ単に書く練習、ではなく、こういう方法を取るのが
オーストラリアっぽいですね。

 

2010年06月22日

PREPの教室

025.JPG

 これはリリアンの小学校の、PREPの教室の一角。

 奥がドア。

 普段の出入りはここですが、教室の反対側に裏口とベランダがあります。

 写真は教室の4分の1。

 この隣りには2台のコンピューターデスク、鳥かご、金魚の水槽、パズルコーナー、おたまじゃくしの水槽、図書コーナー、ホームコーナー(ままごと遊び用の家)、絵を描くテーブル、というように続き、それぞれコーナーに分かれています。

 なので教室全部を撮ると、クラフトの飾りものが天井中に揺れているため、ごちゃごちゃ過ぎて全然わからなくなってしまいます。。。

 リリアンが好きなのはこのパンダ。

 毎日やりたい人が手を挙げて、先生に当てられた人は、その日の天気に応じてパンダの着せ替えをするそうです。

 雨の日は傘とレインコートとか、風で寒い日は帽子とジャンパーとか、服の裏にマジックテープが付いていて、着せ替えができるようになっています。

 写真では見えにくいのですが、オーストラリアなので、このパンダは外出時はサングラス。

 今日リリアンは学校で、避難訓練があったそうです。

 避難訓練の時は、前もって親や生徒たちに知らされず、いきなり実施されます。

 保育園の時もそうでした。

 子供たちはビックリでしょうね・・・・。

 しかも今日のは、学校に悪漢がやって来た時の設定だったそう。

 みんなで教室の奥の図書コーナーに固まって、静かに指示があるまで先生も一緒にじっと待機したと言っていました。

 今日の帰り、教室を出るとリリアンが

「悪い人が来たら、あっちに逃げる!」とか言っていたので、「???」と思ったら、学校でこんなことがあったのでした。

 実際のオーストラリアの小学校は、いたって平和そのものなのですが、非常事態に備えて訓練をするんですね。

 将来は、「昔はそんな訓練があったんだよ」と笑い話になるような、平和な社会になることを祈っています。。。

2010年06月21日

オーストラリアの小学校 prepガーデン

026.JPG

 リリアンの小学校のPREPでは、ガーデニングの時間が
あります。

 リリアンはガーデニングが好き。

 学校でやったことを元に、家の庭でも勝手に不思議なガーデンを作っています。(笑)

 PREP全部で3クラス、それぞれに庭があり、4月に入って、
子供たちは青梗菜(チンゲンサイ)やパセリなどの野菜や花などをたくさん植えました。

 そして大きなカカシも!

 このカカシは、子供たちよりもちょっと大きくて、目には
CDが付いています。

 だからちょっと怖い顔なのですが、鳥を怖がらせるには
ピッタリ・・・!

 カカシの中には古い布が詰めてあり、ふつうの服を
着ているので、姿はかなり人みたい。

 もし誰かが夜に忍び込んだりしてこのカカシを見たら、
ギョッとするに違いありません!

 この学校はちょっと小高い丘に建っていて、敷地が広いんです。

 校庭は大小2つあって、後ろに見えるのは小さい方。

 日差しが強いので、遊具のある場所は必ず日よけのネット付き。
 
 ガーデンはPREPの建物の隣りにあるので、子供たちは毎日
自分たちの植えたものを見ることができます。

この写真は庭の半分ですが、小さい子供たちにはこれで十分。

 登下校の時も野菜や花を見て子供と
「あ、育っている!」「花が咲いた!」
などと観察できて楽しいので、私もこのガーデンが
気に入っています♪(^-^)

2010年03月08日

PREPいろいろ

001.JPG
 
 オーストラリアの小学校は、ふつう制服があります。

 公立の学校は、胸に学校の名前とマークのついたポロシャツと、
男子は半ズボン、女子はスカートという感じ。

 でも日本のように制服以外は不可というわけではなく、
洗濯が間に合わなかったら、似たような色のポロシャツや、
ズボンでもOK。(笑)

 またPREPの子どもたちは着替えを持参で、これは制服でなくてもいいことになっています。
だからとっても楽♪

 リリアンが、よく学校から持って帰ってくる作品の1つに、
コラージュがあります。
 
 コラージュってやったことありますか?

 私はやったことがないのですが、家でも簡単にできそうです。
 
 布や紙きれ、ストロー、葉っぱ、スポンジ、容器のふた、不要のボタン、マッチ棒、わた、ミスプリントの写真、アルミフォイルなど、
何でも良いので紙に貼って、できあがり。

 子どもは大好きで、幼稚園でもやっていました。

 またリリアンの教室には、絵本コーナーの他に、人形の家コーナーがあるんです!

 人形の家は、木製で3階建て、1メートルちょっとくらいの高さで、1メートル四方。
 もう本格的ドールハウス!

 各部屋には木の家具や木の人形もそろっていて、それを見たら、
みんな「小さいとき、こんな学校へ行きたかった」と思いますよ〜!((´∀`*))