2011年12月10日

幼稚園の卒園

015.JPG

 昨日ルーカスは、幼稚園を卒園しました〜。
 
 オーストラリアでは、12月は学校の年度末。

 学校は1月に始まって、12月に終わり。

 その間に、春、夏、秋、冬休みがあります。

 と言っても、日本の幼稚園のように卒園式はありません。
(゚Д゚;)

 そもそも、入園式がありません!

 最初の日にふつうに幼稚園に行って、

「はい、今日からはじまりますよ〜」とふつうに始まり、最後は
パーティーでお開き。

 ついでに小学校も、1年生の入学式はありません。

 日本のように学期ごとに、始業式、終業式なんてものも
ありません。

 きっと日本人は、節目を大切にするんですね〜。

 
 それで卒園式はないけど、最後のパーティーと子供たちのミニ発表会もあるので、お父さんお母さんはたくさん来ます。

 この日子供たちは、英語のクリスマスソング
The 12 Days of Christmasになぞった、「12 months of kindy(幼稚園の12カ月)」という歌をコスチューム付きで歌いました。

 日本でも幼稚園や保育園の卒園式で、「思い出のアルバム」という歌をうたいますよね?

 ちょうどそんな感じです。( *´∀`)

 ルーカスは、「たくさんのおもしろい科学の時間」

 というセリフなので、mad scientist(気ちがい科学者)の格好(右端)。

 このおもちゃの牛乳瓶メガネとアフロヘア、好評でした。
 ((´∀`))

 この後、「ジングルベル」、「サンタが街にやってくる」、「We wish you a merry Christmas」を歌い終わると、サンタクロースが登場。

023.JPG

 みんなに絵本のプレゼント〜。

 サンタクロースと写真を撮った後、最後はクリスマスパーティーです。

 オーストラリアの幼稚園は、1年だけなので、あっという間。

 でもリリアンの通った保育園と比べると、遠足や楽しいイベントが多く、内容もすごく充実していました。

 幼稚園は保育園と比べると、ちょっとお金がかかりますが、本当に行かせて良かったです。

 ルーカスに

 「もう幼稚園最後だから、ちょっとさびしい?」と聞くと

 「ううん、全然さびしくない!」と。

 「来年、小学校に行く方が楽しみ?」と聞くと

 「うん!」と元気いっぱい返ってきました。

 そうですよね。

 「まだ幼稚園行きた〜い」と言われても困るし。

 実は親の方が、ちょっぴりさびしかったりして。。。 

 楽しい思い出いっぱいの幼稚園、友達、先生、
みんなありがとう〜♪
posted by ヒカリ at 13:24| Comment(12) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

もうクリスマス

003.JPG

 オーストラリアのクリスマスは、早く始まります。

 幼稚園では今週から、すっかりクリスマスムード。(・∀・)

 どうしてかと言うと、オーストラリアの学校は、12月が年度末。

 ここQLD(クィーンズランド州)では、12月の2週目で学校も幼稚園も終了します。

 なのでクリスマスの行事は、12月の初めにやらないと、
夏休み(こっちは夏〜♪)になってしまうんです。

 ということは、クリスマスの行事の準備やら練習は、今から!

 先週から幼稚園では、年度末の行事に向けて、クリスマス・ソングを習い始めました。

 子供たちの好きな歌は、日本でもおなじみ

1、赤鼻のトナカイ(Rudolph The Red Nosed Reindeer)

2、サンタが街にやってくる(Santa Claus is Coming To Town)

3、ジングルベル(Jingle Bells) 

 ジングルベルは、オージーバージョンがあり、これも学校に行くと習います。

 と言うのは、ふつうのジングルベルだと、雪とそりの歌。

 真夏のクリスマスのオーストラリアでは、これだと、あまりにもかけはなれたクリスマス・ソングになってしまいます。

 でも、歌いますけどね。( ´∀`)

 そこでオーストラリアでは、オージーサンタクロースは、
カンガルーの引っ張るホールデン ユート(Holden ute:オーストラリアの国産車)に乗って、ランニングシャツと半ズボン、ビーチサンダル姿で来るというジングルベルの歌が定番。

 オーストラリアでは、どう考えても、サンタクロースはそりに乗って来れませんからね〜。。。

 ジングルベルのオージーバージョン、子供たちに人気です。

 リリアンも、今学校で練習中〜。

 
 で、何と。

 ルーカスによると、今日は幼稚園に、もう早サンタクロースが
来るらしい!

 あ、でもイベントとかで来るサンタクロースは、あの定番の
赤い冬服を着ていますよ♪

 すごく暑そうですけど。

 親は一緒にいないのでわからないんですが、サンタクロースに何をもらったんでしょうね〜?

 
えいごで歌おう!キッズ・クリスマスベスト
posted by ヒカリ at 10:17| Comment(6) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

オーストラリアの幼稚園 fun run

012.JPG

 ルーカスの幼稚園では、昨日fun runがありました。

 小学校でもfun runはあります。

 fun runは、基本的に競争ではないんです。

 だからfun run。

 競争にしてしまうと、1番の人と、最後の人がいます。

 小学生になると、競争もしますが、幼稚園の時は「みんな勝ち」のfun run。

 1人ずつ遊び場いっぱいに設けられた障害物を通って、
ゴール〜♪

 この日ルーカスは、トラのフェイス・ペインティング。(・∀・)

 他にもトラの男の子が3人くらいいました。

 fun runだから、素顔よりも、誰だかわからない方がおもしろいかも?

 みんな緑の服装で、と言われましたが、なぜでしょうね?

 最後は、賞状と、メダルと、ドリンクボトルとアイスキャンディーをもらい、めでたくお開き。

 日本人的には物足りない感じもしますが、これなら子供たち全員、楽しめるのかもしれませんね。。。
 
023.JPG
posted by ヒカリ at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

警察官ごっこ

IMG_1928 - コピー.JPG
 
幼稚園に、遊び用の警察官の帽子があります。
 
 オーストラリアの警察はこんな感じ。(^∀^)

 この日ルーカスは、policeman!

 他の友達2人が泥棒。(・∀・)

 さぁ〜事件です。

 2人の警察官ルーカスとカイル、果たして泥棒を捕まえられるでしょうか?

 この帽子をかぶるだけで、気分はすっかり正義の味方・・・!

 泥棒、逃げます。

 警察官も負けずに追いかけます。

 そしてついに、逃げる泥棒を捕まえて、一件落着〜。

 幸い泥棒役は、走るのが遅く、簡単に捕まりました。

 警察官ごっこ、男の子に人気です〜。

posted by ヒカリ at 13:36| Comment(6) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

書道に挑戦

IMG_1931.JPG

 ルーカスの幼稚園では、お母さんが1人ずつボランティアで、
朝を一緒に過ごします。

 ただの参観だけでも良いし、何か子供たちに
おもしろそうなことを見せてあげてもOK。

 たとえば編み物をやって見せたり、みんなでねずみ型の
アイシングクッキーを焼いたり。

 ボランティアをする人が少ないと言うので、私も何かしようと思い。
 
 やってみたのが書道(calligraphy:カリグラフィー)・・・!


 まずはじめに、「私は日本という国から来たんですよ〜。

日本では、英語じゃなくて日本語を使うんですよ〜。

字もアルファベットじゃなくて、日本語の字を書くんですよ〜」

と簡単に説明。

 で用意した縦長の紙に、黒の絵の具と絵筆で、
 
 花
 鳥
 風
 月

 と書きました。

 「これは何と読むでしょう?」

 ヒントをあげて、

「何て読むか当ててごらん?」と言うと、けっこうみんな当てました。(´ー`)


 次にまた縦長の紙に、

 春
 夏
 秋
 冬

 と書きました。

 「日本には四季があります。これは4つの季節。

1番上はどの季節しょう?」

 みんなは口々に答えます。

 誰かが春と言って

「春?そうそう、これは春と書いてあるんです。
 じゃ〜春の次は何が来る?・・・え?秋?
う〜んそうかな〜?そうそう、夏。これは夏と読みま〜す」

 と言う感じで、春夏秋冬をみんなで当てました。


 「じゃぁ〜今度は、簡単な字をみんなが書いてみましょう!」

 教えたのは「山」と「川」。

 これは山の形から、こういう字に、これは水の流れる様子から、
こういう字に。

 いざ書いてみると。。。


 やっぱり、無理。(゚Д゚ll)


 アルファベットや数字でも難しいんですからね〜。

 で、先生が先に鉛筆で「山」「川」と書いた上に、黒い絵の具で
なぞることに。

 そうすると、みんな上手〜。

 仕上げに、私が用意した手作り掛け軸に貼って、できあがり。

 左端に、カタカナで書いてあげた子供の名前も好評でした〜。
ヾ(*´∀`*)ノ
posted by ヒカリ at 12:39| Comment(8) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

インディアンを学ぶ

IMG_1899.JPG

 昨日、ルーカスは幼稚園で、インディアンについて学びました。

 子供たちは1人ずつ、インディアンの名前をつけてもらい、
ルーカスは「river(川)」

 男の子は、sky(空)、 earth(土)、 thunder(雷)、wind(風)、fire(火)など。

 女の子は、water(水)、rainbow(虹)、flower(花)など。


幼稚園では、みんなで作ったインディアンの羽根の帽子と槍を
身に付けて、インディアンのダンス♪

 友達によると、槍を高く掲げ、頭を上げ、片手で口を何度も
押さえるような格好をしながら踊ったんだそう。

 毎日幼稚園の帰りに、1日の様子をスクリーン写真で見せてくれます。

 私は迎えが遅くなったので、見れずに残念。


 家に帰ってから、ルーカスは

「インディアンは、食べ物を買わないんだよ。見つけるの」

 と教えてくれました。


 食べるものは鳥、犬、猫、鼠、魚と習ったそう。

 それで動物を捕まえる時に、槍などの道具を使うのだと。

 だから槍も作ったんですね。

 そして「魚を採る時は、川に行ってカヌーを使うんだよ」とのこと。

 ちょっと怪しいので、試しにインターネットで調べると、食べ物は
部族や環境によって違うみたいですが、トウモロコシや穀物、小動物、魚などと書いてありました。


 また「インディアンは、テントに住んでいるんだよ。」とも
言っていました。

 けっこういろいろ習ったんですね〜。


 そしてみんなで「10 Little Indians」の歌を歌ったそう。

 私は保育園の時、

「1人、2人、3人の良い子

 4人、5人、6人の良い子

 7人、8人、9人の良い子

 10人の良い子〜♪」

 という歌で習いましたが、メロディーは日本でも知っている人が
多いと思います。

 これと同じメロディーで、

「1 little 2 little 3 little Indians...♪」

 最後は

「10 little Indian boys and girls」です。


 そんなわけで、子供たちはインディアンが気に入ったようで、
幼稚園が終わった後もずっとこのインディアンの帽子をかぶって遊んでいました〜。(*´∀`*)

 
posted by ヒカリ at 05:41| Comment(4) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

フェイス・ペインテイング

IMG_1850.JPG

 昨日ルーカスの幼稚園は、冬休み(こっちは冬です〜)前最後の日でした。

 それでファンシー・クローズ・ディー(Fancy Cloths Day)。

 簡単に言うと、好きな格好に着飾って行く日・・・!

 ルーカスは消防士の格好〜。

 男の子は、バットマン、カウボーイ、トマスのキャラクター服、
F1レーサー、大工さん、海賊など。

 女の子は、妖精(1番人気)、お姫様(プリンセス)、シェフ、
魔法使いなど。

 で、幼稚園ではフェイス・ペインティングもしました。

 オーストラリアでは、フェイス・ペインティングは人気。

 日本でも、サッカーの応援とかでやっている人を見ますよね?

 こっちではお祭りとか、子供のイベントとかあちこちで
やっています。


 と言っても描くのは先生。

 ルーカスの顔には何が描いてあるのかと言うと・・・?


 消防車と、燃えている家。(・∀・)

 けっこう笑えます〜。

 写真はルーカスの嬉しい時の顔。

 夜お風呂に入る時、「取りたくな〜い」と言っていたけど、
また今度やろうね〜♪ 

フェイス・ペインティング―みんなウキウキまほうのペイント (シリーズ・子どもとつくる)
 
posted by ヒカリ at 15:04| Comment(6) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

オーストラリアの幼稚園 木工コーナー

014.JPG

 ルーカスの幼稚園は、日変わりでいろいろなことをします。
 
 自分が好きな遊びをするのですが、ルーカスがやって来たのは木工コーナー。

 トンカンカン!トンカンカン! 
カンカンカンカンカンカンカンカンカンカン・・・・!

 
 何を作っているかは不明。((´∀`*))


 もちろん全部本物のくぎと板きれと金づち。

 好きな板きれに、好きなだけくぎを打ち込みます。

 小さな四角や三角の飾り布があり、くぎと一緒に、小さな飾りも付けられます。

 おもちゃじゃなく、本物の道具を使うのはおもしろいかも・・・?

 金づちなんか持って危なそうなのに、誰も怪我を
していませんでした〜。

 
 そう言えばリリアンの小学校でも去年、PREP(小学校準備学年)の時、木工(carpentry)の授業がありました。

 これと同じような小さな板きれで、自分の好きな物を作る授業。

 大工さんになった気分で、楽しそうですね♪

 小学校では男の子も女の子も全員木工をしますが
(注:学校によってやることが違います)、幼稚園では女の子は誰もやっていません〜。

 オーストラリアの幼稚園や学校は、1月から12月までなので、
もう1年の半分が過ぎました。

 あと半年。。。

 あっという間かも?
posted by ヒカリ at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

幼稚園の老人ホーム訪問

 今日幼稚園で、老人ホーム訪問がありました。

 なぜか園児は、全員パジャマで・・・! 

 今日はパジャマ・デーらしい。(;゚д゚)

 オーストラリアの幼稚園や保育園では、たまにあります。(笑)

 園児は老人ホームの方々に、1人1枚ずつ、イースターの
絵を描いてあげました。。。

 
 この幼稚園では、来週からイースターホリデー(秋休み)が
始まるので、今日が1学期最後の日。

 イースターとは、キリスト教のお祭りで、復活祭とも言います。

 欧米ではイースターは、クリスマスの次に大きい行事。


 その後、イースターの歌とうさぎの歌を3曲披露。

IMG_1692.JPG

今日の朝、ルーカスに

「歌ちゃんと歌ってね〜♪ 歌上手なんだから。」と言ったら....

何と!


 ちゃんと歌っていました〜〜。
 

 先生もビックリ〜!(゚∀゚)


 歌の後、園児は用意してもらったビスケットとジュースを
飲んで帰って来ました。


 せっかく練習した歌なので、こんなふうに、老人ホームで
披露する機会があって良かったです。

 ルーカスもみんなの前で歌えて、めでたし、めでたし。

  
posted by ヒカリ at 16:02| Comment(6) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

子供は幼稚園の方が好き・・・?

 この町には幼稚園は1か所なので、ルーカスの行っている
幼稚園は、人気があります。

 ここの幼稚園は、去年7月に引越して来てすぐ問い合わせると、ちょうど2名の空きがあり、運良く申し込むことができました。

 地域によって、オーストラリアの幼稚園や保育園は、空きがなくてウェイティング・リストで待つことも多いです。

 だから本当に希望の幼稚園があれば、申し込みは
1年くらい前から。


 家から1番近いのは保育園なんだけれど、いろいろな人に
話を聞くと、この幼稚園はとっても評判が良かったので、ここに決めました。

 友達の話を総合すると、子供は保育園よりも幼稚園の方が
好きみたいです。

 リリアンは保育園に行ったのですが、よく退屈と
言っていましたね〜。(´-д-)-3

 でも実際は、けっこう楽しかったりするんですよ?

 友達の子供は、保育園は毎回嫌がっていたけど、幼稚園は
大好きで、喜んで行っていたんだそう。

 また幼稚園の方が遠足などの行事が多く、教育的内容の
カリキュラムも多いようです。

 そう言えば、先月ルーカスは、幼稚園でコンピューターをしたと
言っていました。(。・Д・。)
 

 また科学の時間には火山のことを習ったり、食べ物&健康の
時間には、栄養のある食べ物について習ったりしています。

 栄養のある食べ物は「happy food」、栄養のないお菓子類は「sad food」らしい。

 
 
 確かにリリアンの保育園では、コンピューターはなかったし、
科学や食べ物&健康の時間なんてありませんでした〜。

 保育園は保育時間も長いし、子供たちの来る時間や帰る時間もバラバラなので、仲良しの友達が早く帰ったりするとつまらなくなったりするんですよね〜。

 幼稚園では9時から2時半までみんな一緒に始まって一緒に
終わるので、長過ぎないのも良いかも・・・?
 
 私も昔保育園に行っていましたが、保育時間がやたら長く
感じたんですよ〜。。。

 私も保育園、嫌いでした。(・∀・)


 でもオーストラリアの保育園は、両親が働いていなくても入れるので、親は保育時間の長い保育園の方が楽だったりします。

 特に下に小さい弟や妹がいれば、午後に下の子が
昼寝したりするので、迎えの時間が決まっていない保育園は助かります。

 でも子供は、友達が少なくなって自分だけ帰れないと
「まだか、まだか」と親を待っているので、退屈なことも多いみたいです〜。


 「今日は何が楽しかった?」と聞くと、いつも

「外遊び!」と答えるルーカス。

 「外遊びの次に何がおもしろかった?」と聞くと、いつも

「全部!」と答えます〜。(o'∀'o)ノ

posted by ヒカリ at 12:43| Comment(4) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

オーストラリアの幼稚園の様子

003.JPG

 オーストラリアの幼稚園は、学校と同じく、
1月末から始まります。

 幼稚園が始まって以来、ルーカスは幼稚園が大好き・・・!
ヽ(´∀`)ノ

 毎朝「今日幼稚園?」と聞いて、
「幼稚園だよ〜♪」というと、大喜び。。。

 今日も喜んで行きましたよ〜♪


 オーストラリアでは陽ざしが強いので、小学校や幼稚園、
公園などの子供が遊ぶ場所に、日よけのネットや屋根がついています。

 ルーカスの幼稚園では、暑くなる前の午前中の早い時間に、
通常外遊び。

 夏は、日中30度以上がふつうなので、
モーニングティーというおやつの時間まで外遊びをし、その後は園内で過ごします。

 外遊びの時、ルーカスは迷わず砂遊び!

 他にも遊具や、水遊び、絵の具のお絵かき、ペットの
ギニーピグ(guinea pig:てんじくねずみ)2匹を抱っこして遊んだり、ままごとなんかができます。

 でもルーカスは、砂遊びさえできれば良いらしい。。。

 今日も幼稚園に行ってすぐ、砂場で穴を掘っていました。(・∀・)

 通常、砂場にいるのは男の子。

 ルーカスは誰かに「遊ぼう」と言われれば一緒に遊び、
言われなければ1人で黙々と遊びます。

 この幼稚園では保護者が、子供を連れて来た後、少しの間
一緒に遊んでもOK。

 時間のある人は、のんびり子供たちと遊んで行ったりします。

 
 この幼稚園には、ルーカスと同じクラスに、日本人友達の子供もいるんです。

 昨日先生の話では、ルーカスとAくん(友達)は、2人で日本語で遊んでいたらしい。。。

 「Sounds interesting!」と言われました〜。( *´艸`)


 昨日はリリアンが「お弁当におにぎりを入れて」と言うので、
ルーカスのお弁当にもおにぎりを入れたんです。

 お弁当の時間に、ルーカスのおにぎりを見て先生が「何それ?」と聞いたんだそう。

 すると友達が「おにぎり」と教えてあげると、先生も「Onigiri?」と言ったそうです。

 同じクラスに、日本人の友達がいるとおもしろいですね。

 2人ともとっても仲良しで、楽しく幼稚園生活を送っています。。。
posted by ヒカリ at 12:25| Comment(4) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

オーストラリアの幼稚園

 オーストラリアの幼稚園は、日本とちょっと違います。

 一般に日本の年中さんの1学年だけ。

 年齢は、3歳〜5歳が対象。

 日本で言う年長さんは、オーストラリアではプリスクール(PREP)で、小学校準備学年に当たります。

 だからオーストラリアの幼稚園は、翌年小学校準備学年(PREP)に上がる子供だけが対象。

 (う〜ん、ちょっとややこしいですね? 笑)

 その他の0歳〜就学前の子供は、保育園に当たるチャイルドケア・センター(Childcare)に行きます。

 就学前の子供は、大きく分けて選択肢が4つ。

 保育園、幼稚園、個人宅の託児所、どこへも行かない。

 でもたいがいは、どこかに行っている子供がほとんど。


 ルーカスは来年からPREP(小学校準備学年)なので、今年から幼稚園。

 リリアンは保育園だったので、微妙にシステムが違います。

 保育園は、始業時間というものがなく、基本的に朝、何時に連れて行ってもOK。

 帰る時間も自由。

 ただし保育園の営業時間内。

 幼稚園は朝9時〜2時半まで。

 幼稚園によってちょっと違いますが、基本的に始まるのも終わるのもみんな一緒。

 ただし送迎バスはないので、親が園まで送り迎えが必要です。

 一般に幼稚園は、日本のように毎日ではなく、週に2~3回と言う所が多いです。

 よくあるのが、2週間で5回。

 1週目は2回、2週目は3回。

 ルーカスの幼稚園もそう。

 あとちょっとだけ昼寝の時間もあります。   

 保育園の場合はたっぷり2時間くらい昼寝がありますが、
幼稚園はお弁当の後30分程度。

 こっちでは布団ではなく、シングルベッド用のシーツセットを持って行きます。

 幼稚園のマットにシーツを付けて寝て、週の終りに家へ
持ち帰り。

 一般に幼稚園の方が、保育園よりもカリキュラム的に
しっかりしているようですが、リリアンが行っていた保育園はカリキュラムがしっかりしていました。。。

 内容的には、そんなに大差はないのかもしれません。

 またこっちの幼稚園(保育園も)は、制服はありません。
(小学校は制服)

 私立の幼稚園はあるところもありますが、ルーカスの幼稚園では、買いたい人だけ幼稚園のロゴ入りTシャツが買えます。

 
 
 今日はルーカスの、初めての幼稚園でした。(^▽^)b

 今までどこへも行かせたことがなく、母と長い間離れるのはこれが初めて。

 リリアンの初めての保育園日は、
「お母さ〜〜ん!お母さ〜〜ん!うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!×10」でしたが

 ルーカスは・・・・?


 朝、幼稚園に行って、ちょっと一緒にいた後

「じゃお母さん帰るからね」と言うと

 楽しそうに他の子供と遊びながら「う〜ん♪」・・・!

 リリアンの時は、後ろ髪を引かれる思いで保育園を
後にしたのですが、ルーカスの時は、足取りも軽やか。(^0^)

 迎えに行った時も、笑顔。

 先生に聞くと、ずっと楽しく過ごしていたそう。

 「今日はどうだった?」と聞くと「おもしろかった♪」


 帰りの車の中で、ルーカスがポツリと

「幼稚園、また行きたいな〜」


 これが12月(年度末)まで続くと良いんですけどね。。。

posted by ヒカリ at 15:47| Comment(10) | TrackBack(0) | オーストラリアの幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。